記事検索
 

2006年01月29日

おてがみ

前回のブログが、開けたらすぐ、「乳がデカイ。」なんて
ピンクで大文字で出ちゃうもんだから、早く次のネタを書こう書こうと思いつつ、
3日も過ぎちゃった。

って、ネタは探せばあるんだけど、
12月の私のPCが使い物にならなくなったときに書けなかったブログ内容を
ちょっと。

さて、お勉強に精を出しているsolaちゃんですが、
只今 文字の読み書きのお勉強真っ最中。

友達の子供で、3歳ですでに文字を書いていた子を目の当たりにし、
私自身、幼稚園入園前(2年保育)には読み書き完璧にスラスラできていたことを思えば
かなりジリジリとした足取りのsolaちゃんの読み書き進度に
ヤキモキしたり、勇み足にならないよう自分を押さえたり、開き直ったりして
手をこまねいております。

昨日のこと、小さい「っ」の入った単語の読み方のお勉強に、
1時間以上費やしたのだけど、いまいち修得しきれずに終わりました。
まだ「しゃ・しゅ・しょ」などの小さい「ゃ・ゅ・ょ」の入った文字や、
濁音・半濁音の文字は当然のことなかなか読めないし、
一文字一文字の読む速度が異常に遅いので、4文字あったとしたら
4文字目を読み終わったときには 一番最初の文字がなんだったか忘れる、
という感じで文章はおろか、単語さえも、なかなか読めない、という状況っす。

そんなsolaちゃんでも、自分の好きな文字は、書くこともできます。
むしろ読めない文字を必死で読むことよりも、
自分の思う文章を書くことの方を好みます。
そうして、
051217_2.jpg

これを書いてくれました。(12月17日)

カンドーーーッ!っすよ!

カンド〜〜〜。
 


別に、私が「書いて。」と頼んだ訳じゃないよ。

何か私が家事をしているときに、珍しく1人で静かにしてるなぁ〜と思っていたら
「ママへお手紙。」
って くれたの。

「ま」は初めて自分で書けるようになった ひらがなで、
「ま」を二回重ねることで「ママ」になることを知って、うれしくて何度も書いていた、
といういきさつはあります。
「ま」の横棒が1本多いときもありますが、これは安定して書ける文字です。
“ままへ”の「へ」の部分が「え」となっております。
「え」は苦手。
ついでに、「そら」の「そ」も苦手。
でも、私が子供心に苦手だなぁと思った「ふ」「わ」「ね」は意外にすんなり書けます。

小学校入学までにまだ、1年以上あるもんね。
地道に教えていくさ。
幸いに、文字への興味は、2年前からずっと、衰えてないので。

でも、この後にも2,3回お手紙をもらったのですが、
そのときの、いつものお決まりのフレーズは
“まま どして いつも いそがしの ”
(ママ どうしていつも 忙しいの?)
です。

すまんのぉ。
posted by ギャロパン at 22:45| 愛媛 ☁| Comment(9) | TrackBack(0) | 子ども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月27日

背中ショック

ライブドアの一連の騒動で日本中…いや、世界中が何かしらの関心を持っている中、
私は あることで相当なショックを受けた。

そう、背中ショックである。


今期、篠原涼子の出ているドラマ『アンフェア』見てますか?

毎回、篠原涼子のマッパの後ろ姿がシルエットで出るシーンがあるんだけど、
真後ろから撮った篠原涼子の両脇から、ハミ乳…つまり、
たわわな感じの乳の横張り部分が両側に見えるんだな。

これは、つまり、乳がデカイ。ってことか。

あの細くてきれいな背中からは想像のつかない立派な乳房。
どう考えてもFカップくらいありそうな たわわさ。
ドラマ用の演出か?
それとも、よほど乳が左右に離れているのか?
にしても、左右に離れすぎている。
というくらい、両側の たわわな ハミ乳。

という話題を会社でしていて、
果たして自分の後ろ姿では、どう見えるのか、見てみよう、ということになった。

まあ、私もsolaちゃんを産む6年前までは立派な(?)美乳(?)で
普段から体を鍛えていたのもあって後ろ姿にも自信はあったものよ。

しかし、3歳近くまで乳を吸いに吸いまくったsolaちゃんのせいで
今ではすっかり たれパンダ状態。
寄せ集めてかき集めたらどうにかカップはあるものの、
一旦それを解き放ってしまうと、見るも無惨な
ナオコおばあちゃんの縁側日記状態。
正面も横も、たわわさは全然感じない。
まして、真後ろを向いた状態で、たわわ というものは、一切全くなし!

それは当然のこととは思っていたので
どれくらいの角度まで斜めになったら見えるか、ということも試してみた。
ジワジワ角度つけても、一向に私の丘は見えてこず、
かなり横に近くなって、うっすらと醜い丘が見えてきた。

しかし、その一連の動きで自分の背中をマジマジと見ることとなった。
ここ何年もなくて久しぶりに背中を凝視したのだが、
自分の背中があまりにオバチャン化していたことに愕然とした。

普通、背中に肉ついてる、と言ったって、
例えば、ブラで押さえて段々になっている、とか現象があれば、すぐ分かるけど、
そんなのもなく、マッパな状態で背中の肉を確認することができたのは、
我ながら驚きであった。

背中からウエストにかけて、分厚い肉が醜く背中を覆っており、
そして、二の腕あたりから背中にかけてセルライトか?ボコボコになってて
あまりの酷さに、一瞬我が目を疑った。

ウエストのくびれも、元々なかったのではあるが、肉がついて
ますます醜く太くなっており、オバチャンの象徴、セルライト背中になっていたのだ。

ッショーーーーーック!!!!!

ホント、汚かった。
自分でもびっくりするくらい。
ちょっとこれは、少々しんどい思いしても、
背中の贅肉落とし運動に毎日励むしかない。

ホントにホントにそ〜〜〜と〜〜〜なショック。

それを見たのが二日前。
昨日から、ことある毎に背中動かし運動の強化月間と決めた。

仕事の最中、運転中、料理中、
今こうしてパソコンを打っている最中
とにかく、気がついたら背中を意識して、背中に力を入れる。
背筋を伸ばす。
ダンベルで背中の筋肉を動かす。

これが習慣化するまで続けるどー。


篠原涼子は1コ違い。
藤原紀香は同じ年。
スピードスケート岡崎朋美も同じ年。

美しい同世代はたくさんいるぞ。
不可能な話ではないハズ。
posted by ギャロパン at 00:08| 愛媛 ☀| Comment(8) | TrackBack(0) | 愚痴・悩み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月23日

買っちゃった♪!

とうとう買っちゃった♪!掃除機。

以前、みなさんにご意見を集いましたが、
迷いに迷って結局、サイクロン式にしました。

どちらも一長一短、本当の使い勝手は、自分が継続的に使ってみないと
なんとも言えんな…ということで、
今まで使ったことのないサイクロンを選んでみました。

今現在、使っている掃除機は、89年製、おそらく、15年は使ったと思われます。
私の祖母が使っていたものを、私がそのまま継続して使わしてもらっていました。
当時としては、かなりよい掃除機だったのだと思います。

ホースもボロボロに破れて、本体もバキバキに割れて、パワーヘッドの回転も
しなくなってからもう、3,4年は経ってます。
毎回、家電屋さんに行くたびに 掃除機を見て、触って、説明聞いて、
大量にパンフレットを持って帰って、検討して、値段を見て断念して、
新しい型が出て型落ちが安くなってから…と思いながら時期を待って、
でもそれほど安くなってなくてガッカリして、
少しでもお金を貯めてから、と思いながら、
ズルズルとここまで 来てしまいました。

4年は待ったかなーー。
とにかく、欲しくて欲しくて、どうにか母に買わそうかと策を考えたり、
バカ安く手に入れる方法を考えたりしていたのですが、
やっぱり 誰も買ってくれないし、プレゼントしてくれないし、
自宅の16年前の掃除機に、ウンザリしてその限界が来て、
今回、ボーナスもないのにボーナス払いにしてもらって
ムリして買ってしまいました。

やっぱいいね〜〜〜〜。
新しい掃除機。
カーペットのゴミも取る取る。

掃除を終えて、本日の成果のゴミを見る。

うっそーーーー!!
紙パック時代には考えられないくらいの大量のゴミが!
今までの掃除機が、いかにゴミを吸わない奴だったのかがよく分かる。

ああああーー
うれしいぃぃぃ。

4年ごしの夢かなう。
posted by ギャロパン at 23:14| 愛媛 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月20日

とうとう策略に乗ってしまった

まずは、表題と関係ないけど、solaちゃんは1日目こそ40度の熱で
うなされていましたが、二日目以降からは熱はケロリと下がり、
結構元気しています。
一応、予防注射打ったから(?)軽かったと言えるのかな?

そして、私にもうつってないよ〜〜♪
前のコメントにも書いたけど、solaちゃんのインフルエンザがうつらないように、
solaちゃんを触っては手洗い触っては手洗いを繰り返し、
solaちゃんの口を付けたものには神経質なまでに口をつけず、
(これ、気をつけてなかったら 案外軽くヒョイッとしてしまうのよね)
手拭きのタオルも別にして、部屋中に加湿器たきまくって、
寝るときは、私がマスクをして一緒の布団で寝ていたら、
まあ、予防接種のおかげかもしれないけど、うつらなかったよ。
小児科の先生の話から、まだあと1日くらいはウィルスを持っていると思われるので
気は抜けませんが、このままだと、大丈夫かな〜〜と思います。



で、表題に戻る。

なんの策略に乗ったか、というと、
solaちゃんが生まれてから、どこのどういう情報源からかぎつけているのか知らないが、
毎月のように届くベネッセからのDMの策略に、
5年4ヶ月目にして、とうとう乗る羽目になってしまったんです。

ベネッセとは、しまじろうの教材よ。

ぶっちゃけ、私はじまじろう嫌いです。
いやあの、ベネッセのやってる子供に興味を持たせながら楽しくお勉強、
という趣旨には、賛同していますし、毎月のDMも楽しく遊ばせてもらってました。
でも、あの教材をどうしても取る気になれない最大の理由は、

あの「しまじろう」のかわいくないせい。

多くの子供はかわいいと言ってパペット人形で遊んだり、
ビデオに引きつけられており、solaちゃんも例に漏れず好きなんですが、
何というか・…センスがないところがイヤ。

しまじろう、よく見ると、かわいい、と思うかもしれないけど、
あの家族が出てきたり、仲間が出てきたりすると、さらにゲンナリ。

思うに、
いかにも正統派!みたいな、ひねくれたところがないところや、
かといって美的センスに富んでるわけでもなし、
セサミストリートのようなクリエイティブさもなく、
服装も色も、なんとも標準で工夫がない、
単なる、教材の挿し絵として使うならよいけど、
あれを大々的なキャラクターとして採用し、あそこまで展開をするなら、
もっと考えて欲しかった…。

それに追随し、同じく、教材で出てくる他のキャラクターや、
教材そのものの形や色使いに、どうしても、美的センスのある人が携わったと思えない、
頭のお堅い人たちが、
「これがいいでしょう。」なんて決定しちゃう感じのものになってるんだなぁ。


と、ここまで こき下ろしていてなんですが、
そのしまじろうの教材をとうとう取ってしまったんです。
(わたし的には かなりの英断でした)

というのも、今、solaちゃんのお勉強欲がすごく高まっていて、
サンリオ系のそういう教材本を買って一緒にやったり、
紙と鉛筆で文字や絵を書いたりするのが旬で、
いつものようにやって来る しまじろうのサンプル教材にも 
かなり食いついて張り切ってやってるんです。

さらに、今、solaちゃんが少し興味を持って知ってきてはいるけど、
まだ本当の興味心をくすぐるには あとちょっと、という 時計の概念と見方。
これを、ちゃんと教えたいなぁと思っていて、
でも、うまく教える方法が思いつかないのと日々の業務に流されて
わざわざ時間をとって教えたりしてなくて どうしたものか…ゴニョゴニョ、
となっていたものが、ちょうど来月あたりの教材についていて、
それをsolaちゃんがめざとく見つけて、欲しい!!と勢いづいたのです。
それで、少し考えてみることにしました。

毎月1700円程度。
カラーで工夫のある教材本と、オモチャの時計にDVD、親のための読本なんかもついて
これなら、安いと思えます。

うん。安い。
安いんだけど、その毎月の1700円だってバカにならない。我が家の家計にとって。

ちょっと目先の時計やシールにだまされて取ってはみたものの、
ちゃんとやらないでは1700円だって報われない。
1700円を絶対に無駄にしたくないので、
solaちゃんによーーーーーく言い聞かせた。

「このお勉強はね、すご〜〜〜く高いんよ。
solaちゃんが、軽い気持ちでやる、と言ってせっかくママが頑張って買っても、
solaちゃんがちゃんとお勉強しないんだったら、ママ、すごくがっかりするんよ。
ずっとお勉強を続けられる、って言うんだったら、ママ、solaちゃんに買ってあげる。
約束できる?」

と、真剣に聞くと、solaちゃんは、とても重大な話をしたと思ったんだろうね、
神妙な顔になって、
「solaちゃんね、お勉強が高いんやったら、
これからオモチャもお菓子もずーーっと我慢するけん、お勉強買って。」

と答えました。

ふっふっふ、しめしめ…と思ったけど、
そのオモチャとお菓子の我慢がいつまで続くか、お楽しみ。

そして、これから1年の教材のカリキュラムが載っていて、
『光と色の不思議』『命の大切さ(おじぎそう栽培セット)』『体の不思議実験』
『音の不思議』『月・星・宇宙』・・・とつづく。

どの教材も、まあ、芸術的なセンスはないのだけど、
私の興味をくすぐられるものばかり。
で、ふと思い出したのが、私の小学校時代の教材本『科学と学習』

あれ、どこの会社から出てたの?(調べたら、学研でした)
当時、結構取ってる人多かったよね。
あれ、私、大好きでした。
今でも覚えてるのは、「ミジンコ」育てるやつ。
なんか毎月楽しくて、いつも届くの待ち遠しかったんよね。
その気持ちを思いだして、solaちゃんも、これで学習意欲が高まってくれるかな、と
期待を込めて、とうとう、自分的に踏み入れるはずのなかった領域に入ってしまいました。

ぜったい入らないぞ〜〜、
その手には乗るもんか、くらいにムキになっていた部分もあるので
わたし的には「敗北感」があります。


が、

申し込みをして1週間、今日、教材が届きました。

インフルエンザでバアチャンちに缶詰の日々だったので、solaちゃん早速大喜び。

私も興味津々で、教材やら読本やら、読みまくりました。

ま、
いろいろこねくり回して、すばらしい言葉をつらつらと書いてありましたが、
そこはサッと読み流して、
なによりも、solaちゃんが喜んでお勉強(?)していたことが一番よかった。

これで、保育園の年中終了のプレゼントを時計にしたので、
(クラスの役員なので、私がクラスのプレゼントを決めるのです)
solaちゃんは 自分の時計ができてますます興味が高まるかな…。


ベネッセに対する唯一の抵抗は、
卒園までの一括払いにしなかったこと。

面倒だし、少し割高ではあるけど、毎月郵便振り込みにしました。
solaちゃんの意欲や、私の目からみた教材の質なんかを吟味して、
続けていくかどうか、毎月、ちゃんと見ていくつもりで。
一括にしたら流されるからね・・。

でも、1年のカリキュラムを見る限りは、
今度の12月まで興味をくすぐられる内容なんですよねぇ…。






posted by ギャロパン at 00:41| 愛媛 ☁| Comment(7) | TrackBack(0) | 子ども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月17日

インフルエンザ

に なっちゃいました〜〜。
solaちゃんが。

予防注射は12月初旬には2回目終えてたので抗体はできてたと思うんだけど、
なにせ、バアチャン(私の母)がインフルエンザになったからねぇ…。

このバアチャン、11月に私とsolaちゃんが予防注射を受けたときから、
今年は、すごく流行ると言われてるから早く受けにいけ、

弟の結婚式があるからそれまでに済ませておけ、

正月がくるから先に行っておけ、

と、再三 促していたにもかかわらず、
奴は何かと理由を付けて延び延びにしていた。

ちょっとのどが痛い、とか、ちょっとしんどいとか、寒い、とかで。

で、とうとう、1月に入って松の内も終わり、まだ咳が…などと言っていたが、
咳や喉ぐらいがどうした、インフルエンザにかかるよりはいいから行って来い!!
と、怒り倒して、やっと予防注射に行った。

そして、その3日後にインフルエンザにかかったのだ。

当然、予防注射の効果はまだまだであるので、
予防注射代がそのまま無駄になった感じだ。

インフルエンザを宣告される前日、私とsolaちゃんは、バアチャンちで鍋を囲んだ。
翌日は、一緒にお昼にも出かけた。
その晩、救急でインフルエンザと分かったのだ。

おいおい!!!


やけん 言うたやんかーーー!!

まさか、私らに移ってないやろうねぇ・・・・・


と言った二日後の今日、solaちゃん いきなり早朝39.1度の高熱。
前の晩からから「しんどい。」と言っていたので、まさか…とは思ってたんだけど。

保育園ではまだそんなに流行っているとは聞いてないので、
あきらかにバアチャンから…。

解熱を飲んでもなかなか熱の下がらないsolaちゃん。
さすがのsolaちゃんもぐったりして、かなり弱気。
「今日はママと一緒にいる。」と言うので、仕事も休むことになった。
熱を計ると昼には40度を超えた。

間隔をあけて2回の解熱剤を飲んでも39度を下がらず、
おでこに脇に、保冷剤をあてるも、全然下がらない。
ずっと横になったまま、眠っているのか、目をつむっているだけなのか、分からないが、
ときどき言葉を発するのだが、夢を見ているように断片的で、支離滅裂で、
話しかける言葉とは全然違う言葉が返ってくる。

これは…
幻覚?

病院へ再び行こうか迷ったが、ちゃんと起こすとちゃんと会話をするので
軽く夢を見ているのか??と、様子を見ることにした。

いったん、38度まで下がったけど、夜11時現在まだ39度。
次の解熱剤の時間まではまだまだ時間ある…。

solaちゃんと私、一緒に寝てるんだけど、
これ、私にうつらずに済むかしら…。


ちなみに、今日、小児科の先生に聞いたプチ情報。

まず、予防接種をしたが、聞かなかったか…?の問いに、
「予防接種回数の少ないもの、インフルエンザにかかった回数が少ない人は、
抗体がつきにくいので、これからも懲りずに予防接種をしてください。」と。

そして、ウィルスは、タミフルができる以前は、熱が下がって2日間は
体内にウィルスが蔓延しているので、学校・職場等休まないといけない、と言われていたが、
タミフルは即効性があってすぐに熱が下がったり症状が収まったりするが、
実はウィルスはまだ残っており、熱が下がって3日は見ておいて欲しい、とのこと。


はい、今週 保育園休み決定。
責任をとって、残り3日、バアチャンに病児保育してもらいます。

posted by ギャロパン at 23:20| 愛媛 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月14日

私の習性

10:01
10:01
10:00
09:59
09:56
10:00

さて、クイズです。
これは何を表したものでしょう??


答えは、今年、2006年明けてから出勤してタイムカードを押した時間のすべてです。

私の勤務時間は10時から4時。

勤務6日にして、既に2回遅刻。
しかもその2回は、年明け早々の2回で、
新年早々さい先の悪いスタートでしょ。
我ながら、タイムカード見て笑います。
ちなみに、私の上司は1分の遅刻は見逃してくれています。
たまたま私の上司が小さいことを気にしない人なので。
違う上司だったら私は・・・かなりヤバイ立場になっていると思います。

唯一、余裕(?)のあった、10:56 というのは、
solaちゃんの保育園の行事で、早めに行かないといけない、という日であったので、
たまたま早くタイムカードを押せました。

あ、この10:01も、10:00も、
出勤中、かなり焦りながら運転しており、
会社に着いてからも、マッハのごとく階段をかけあがって
寒さなんかを もろともせずに着替えて、速攻タイムカードを押して、の結果であって、
56分の日は、運転も余裕をもっていたし、着替えもゆったりで
髪をといたりメイクチェックをしたりしての余裕さでの56分だったので、
おそらく、ここの差は10分くらいあると思われます。

いかんのよーーー。

私、何をするにしても、時間が迫りこないとやれない…。

専業主婦の頃から、友達と約束をすれば、その逆算してギリギリの時間になって
あわてて支度するし、
夕方も余裕をもって夕飯作りをしようと思うのに、やはりギリギリの時間で
始めてしまうし、
通学だって、通勤だって、常にガンガン自転車こいでの登校、出勤でした。
もっとさかのぼれば、
夏休みや冬休みの宿題は、本当にギリギリにならないとやる気が出てこないし、
テストは必ず一夜漬けだし、
12年間ならっていたピアノも、先生のところへ行く30分前しか練習しませんでした。

あ、ちなみに、朝の支度を寝起きからバタバタするのは嫌いなので、
早い目に、だいたい家を出る2〜3時間前には起きることは起きるのだけど、
早く起きたら起きたで、時間に余裕があると思っている間は
テレビ見たり、着ていく服考えたり、髪型の研究してみたり、意味もなくアイロンかけたりして
心の中で早くせねば!と思っている裏腹の行動に出てしまい、
本当に時間がなくなったヤバイ頃、エンジンかかって最後はやっぱりバタバタ。

そんで、学校行きながら(もしくは、会社に行きながら)明日こそは早く支度して
さっさと家を出よう…と心に誓うのです。
もうここ30年も。

病気やね。

時間にルーズな人と言えば、私の母はその最強者。
約束の時間から1〜2時間は遅く見ておいた方がいい、という強者。
遺伝か?

いえいえ、決して遺伝のせいにしてはいけないんです。
決して、遅刻しても許してもらえると思ってバカにしているわけでもなく、
solaちゃんがグズグズしているから、といういいわけが通用するとも思ってないし、
どんな理由があれ、決められた時間に行くようにすることが大事、とも思っているのだけど
ずーーっとこんな調子なんです。

こんなんだから、専業主婦で家にダラダラいるよりは、
絶対に働きに出た方が、いろんなことシャンシャンやるんだろうな、と思って
働き始めたのも大きな要因でした。

専業主婦なのに、キチキチちゃんとやっている人を見ると、
すごいな〜と思う反面、ものすご〜く自分が要領悪いダメな人間に思えて凹みます。

なので、すごく見習いたいと思って、タイムスケジュールを聞いたり、
早く支度するコツを聞いたりもしていますが、
そして、毎日のように早く行こうと心に誓うのに、一向に変わりありません。

これはもう、直らんのかな…。
って思うことが既に諦めていかんのかな…。


posted by ギャロパン at 23:23| 愛媛 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 愚痴・悩み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月09日

伊藤みどりよ…

お前はそんなキャラだったのか…??

2度のオリンピックに出てトリプルアクセルを決めた
あの 伊藤みどり・・・?

わたしゃてっきり、新しい若手芸人かと思ったよ。
どうした?!あのシャベリは。

松野明美とはまたひと味違う、強烈なキャラやな。

わたし的にはかなりショッキングでした。
もっと真面目ストイックキャラかと思っていました。

あのオリンピックで滑ったあと、インタビューとかあったはずだけど、
私は、伊藤みどりがあんな風にしゃべっていたという記憶はないんだけど…。


話題古いっすけど、年末全日本選手権女子フィギア、
みなさん、見ました?

あの日、興奮のあまり、女子フィギアすごかったねーーって
記事投稿したのに、なぜか消えてしまいました。

ま、旬が過ぎた話題になってしまったので、
もう触れるのはやめましたが、最近、
それに付随して、伊藤みどりさんがテレビに出てくることがよくあって・・・

見た?

…。

え?!!


って、テレビを見ながら自分の目を疑いました。

顔まで変わってない?

いや、太った、っていうのもあるけど、
そうじゃなくて、なんかの薬の副作用かな、みたいな顔の腫れ具合
舌足らずなシャベリといい、体悪くなってなきゃいいんだが…。
本人はかなりパワフルな感じだったので、違うのか??

全日本選手権もだけど、伊藤みどりが解説してたよねぇ。
その中では、少しもそんな変なところは感じなかったのに、
テレビに出た瞬間、あのメチャクチャさ。


伊藤みどりさん…。
頼みますよ…。

posted by ギャロパン at 10:39| 愛媛 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 取るに足りないたわごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月08日

この冬は、全国で記録的降雪量。
テレビで新潟の映像を見ては、solaちゃん、
「い〜な〜、solaちゃんもあそこ行きたい。」と。

愛媛県内でも、あちこちで雪が降って積もりまくっているのに、
松山平野だけは、ちっとも積もらない。

うらやましがる気持ちは分かる。
私も昔、子供の頃そう思っていた。

しかし、大人になってよく分かった。
雪が降ると困ることがたくさんある、と。
今年は、その雪のせいで命を落とした人も多い。

で、solaちゃんの気持ちに同意しつつも、
その雪でどれほど困る人がいるか、
難しいかもしれないけど、一応説明してみた。

とはいえ、実は内心、私も、
“ちぇっ、松山も1回くらい積もらんかなぁ…”と思っていた。
天気予報で「今夜は雪が降るでしょう」なんてフレーズを聞くたびに、
朝 早く起きて期待に胸を膨らませてカーテンを開けてはガッカリしていた。

そんな中、松山の隣町(松山のベットタウン的存在)の
グループホームに入所している私の祖父(先月100歳を迎えた、あの祖父)
を訪問した。

そこへは、solaちゃんの顔見せのため、ほぼ毎週通っているのだが、
今日は、夕方3時過ぎての訪問だったので、5時前後に配膳される夕飯を
おじいちゃんに食べさせてから帰ろうということになった。

4時半過ぎ、ぼちぼち食卓の準備を始めましょう、というころ、
チラホラと白いものが降ってきた。
夕飯を食べ、すっかり日が落ちて真っ暗になった5時半頃、外を見ると、
なんと1面真っ白!!

寒さを忘れ、大はしゃぎのsolaちゃんは、中庭へ出てかけずりまわる。


ま、一面白いといえども、ここ松山で(隣町でも気持ち的には松山と同じ)、
雪のせいで車が動けない、なんてことは、そう滅多にあるもんではない。
はしゃぐsolaちゃんの写真を撮ったり、
ホームのヘルパー職員さんと雪についての雑談したりして
ゆっくりとしてグループホームを後にした。

雪が降り始めて、1時間ちょっとくらいだろうか…。


さあ、帰りましょう、駐車場まで行くと、なんと、
車の上に、もううっすらと2cmほど積もっている!!
060107.jpg

見ると、アスファルト一面真っ白。
国道に出るまでに、数メートル、ちょいとした坂がある。
そこを走るのに、私のタイヤで大丈夫だろうか…。

心配になって、靴で雪をどかせたりしてみた。
国道は結構なスピードで走る車が多いので、
ちょっとスリップしてそんな車とぶつかったりしたら大変だ!

慎重に、慎重に、時速10km以下で車を動かし、
どうにか国道へ出た。

国道は、ごうごうと車が行き交っているが、
その行き交う道路に、シャリシャリと雪の感触が残っているのは、
ここ松山(厳密には隣町)では、滅多にない現象!

こわい・・・・怖いよ〜〜
と思いながら、雪の感触がなくなる道路まで冷や冷やもんで運転をした。

が、5分も走ると、すっかり雪はない。

なぬ?

この5分で進んだ5,6キロほどで、こんなにも気温の変化が・…!

普段から、気温が2,3度違うとは思っていたが、
ここまで天気も違うかぁ…。

雪よ降れ、なんて思ってごめんなさ〜い!



と、思ったのは初めだけ。

家に戻ってホッと一息つくと、
今晩、寝てる間に雪が積もってないかなぁ〜、なんて考えたりしている。
午前1時半現在、全くその気配はなし。

ざ〜んねん。
posted by ギャロパン at 01:47| 愛媛 ☔| Comment(2) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月05日

正月の定番は…?

新年、あけましておめでとうございます。

皆々様、今年もどうぞ、お見捨てなきよう、地味につきあってくださいな。


さて、お正月はどう過ごしましたか?
正月と言えば、主婦関係の人たちは、大忙しだとは思いますが、
私は年々、手を抜いてきて、
今年はとうとう、おせちは一品も作らず、
お雑煮を1回だけ作ったのみでした。

正月といえば、実家に入り浸り、
いろんなできあがった食材を頂戴して帰っていたものですが、
まだ、それでもチョコチョコおせちらしいものを作ったこともありました。

今までの傾向で言うと、やんちゃぁの仕事は、正月こそ忙しいものが多かったので、
家族で正月らしい正月を過ごした記憶が、いまいちありません。

今年は、弟が結婚したばかりで
お嫁さんを連れて帰っていたのでいろいろと私が足になり、
例年のように実家へダラダラと行ったりしましたが、意外にも
家族の時間がたくさん取れたように思います。
普段、単身赴任でいないからかな、3人がそろうことがとても貴重な時に思えて、
3人が3人とも、その時間を大切に扱っていたように思います。

solaちゃんが保育園でクリスマスにもらった双六を、家族3人でエンドレスにやっていた時ふと、
“あ〜〜〜、これが、家族の正月。やっぱ正月は双六よね〜〜”
としみじみと 平凡な幸せをかみしめたものです。

それに気をよくした(?)私とやんちゃぁの、とある意見が一致しました。

『人生ゲーム』が欲しい  と。

私は小学生の頃は、兄弟で『人生ゲーム』をするのが恒例だったように思います。
あ、あと、ポンジャンと(知ってる?おもちゃのマージャン)花札。

やんちゃぁがsolaちゃんにうまいこと言いました。
「sola、もっと長くて楽しい双六したいやろ?」
この言葉の意味することは、今年、思いの外お年玉をたくさんもらったsolaちゃんに、
『人生ゲーム』を買いたいと思わせる方向へ持っていく作戦です。

そう、そうなんです。
solaちゃんのお年玉をアテにして『人生ゲーム』を買おうという魂胆です。

すっかり私とやんちゃぁの言葉にノリにノリまくったsolaちゃんは、
『人生ゲーム』を買いたくてたまらなくなっていました。

早速チラシをチェックして、3日にトイザラスへ行きました。

私は、正月休みと言えば、両祖父母に挨拶に行き、
親戚で集まって新年会をし、自宅に来る父の同僚の人との大人の新年会のお手伝いをし、
あとは箱根駅伝などを見てダラダラ…
というパターンでしたので、正月から買い物に出る、という習慣はなかったのですが、
今回、松の内にオモチャ屋さんに行って初めて知りました。

世の中の子供たちは、お年玉で何かしら、オモチャや自分の欲しいものを買っている、
ということを。

私は、お年玉をもらっても、母のバックへ直行。
欲しいもの一つ買わず、「貯金をするからね。」という言葉を信じて渡していました。
大きくなってその所在を尋ねると、
「あんたたちの 学費や習い事に使ったんよ。」と言われ、
腑に落ちないながらも、一応納得して諦めていました。
実感として、お年玉でいい思いをした、という記憶は一度もありません。

ところが、お年玉を使って正月から いい思いをしていた子供って
結構いたんですね。

あふれんばかりの人に驚きました。

そして、目当ての『人生ゲーム』に至っては、
『人生ゲーム』の「EX」か「RD」(レインボードリーム)版をねらっていたのに、
それは売り切れでした。
対象年齢15歳以上の「M&A」(企業買収)版か、かなり辛口な「BB」版しかなかったのです。
やはり、私たち、人生ゲームで楽しんだ世代が親になっている今、
リバイバルの人生ゲームは人気NO.1と見た。

しかし、どうしても、徳島へ帰る前にsolaちゃんと人生ゲームをしたかった やんちゃぁは
諦めきれず、ジャスコにも寄ることにしました。

ここでもすごい人です。

そして、人生ゲームがここでも売り切れ…と思いきや、
トイザラスよりも500円ほど高いけど、執念でやんちゃぁが探し当てました!!

とうとう人生ゲーム「RD」版を手に入れて、さあ、家に帰ろう!!と急ぐのに、
今度は、高島屋周辺が普段の渋滞時間帯にさらに輪をかけた大渋滞でした。

「なんなん〜〜!!みんな、やっぱ正月から買い物かい!!」
なんか、私、損した気持ち。
もっと、お年玉を使って、欲しいもの買いたかったなぁ〜〜〜。
でもきっと、言いたいことの半分も言えなかった幼少時代は、
親に一蹴されて、結局何も買えなかったとは思うんだけど。


やんちゃぁの徳島行きのバスの時間があるので、
家に帰ると昼ご飯も食べずに早速人生ゲームを始めることにしました。

ああああああ懐かしい!!!
白い10万ドル札とか、赤い約束手形、あったあった!
自動車保険に火災保険、生命保険も!そうそう、こんなピンクでした!!
カンド〜〜〜!!
さらに、株券や宝くじとかも 新しくついていて、なんかワクワクしてきた。

銀行係がいるんよね。
やってた〜〜。
私、いつも銀行係だった。
結構忙しいんよね。
でも、好きだったなぁ。銀行係。

solaちゃんは、訳分かってなかったけど、
とにかく、ルーレットを回す作業が楽しくて、
お金が増えていくのが楽しくて、
車に子供が増えるのが楽しくて、
なんだかんだで楽しんでいました。

家族で人生ゲーム、という目標をやり遂げて、
満足してやんちゃぁは徳島へ帰っていきました。
ちなみに、solaちゃんは、やんちゃぁが帰ったあとも、
私にしろしろと言うので、二人きりでしたよ。



話は1日前にさかのぼって
2日は、深夜10時を過ぎてから温泉に行ったのだけど、
人気なのか、まだかなり人がいました。
温泉自体、行くことがとても久しぶりで、
しかも、solaちゃんは父上と一緒に行きたい、というので男湯へ入り、
私は完全フリー。
温泉ライフを大満喫できました。

温泉て、こんなに癒されるところだったんだ〜と、
改めて思い知らされました。
時間は決めてなかったけど、ゆっくりといろんなお風呂をまわり、
たっぷり時間を使って待合いのロビーへ出ると私を待ってる人がいる。(やんちゃぁとsolaちゃん)

「待った?」なんて声かけて
冷たい飲み物でのどを潤す、これ、いいんじゃない〜。

出る頃はもう12時近かったのに、
マッサージ機も人がいっぱいで、
まだまだ人はあふれていました。

い〜〜ね〜〜〜。

人生ゲームと温泉。
これ、我が家の正月の定番にしようかなぁ。



ところで、新年あけて、今年の抱負をずっと考えていました。
また、漢字1字で表したいなぁと。

いろいろ考えましたが、今年は「」で いきますか。

これまでの我が家の家計は、とにかく毎年「」「」で来ていて、
口座は常にマイナス。
でも、真面目に働いて、質素に生活していれば、
そのマイナスを減らして、今度はプラスにすることだって不可能じゃない。
今年は目指します。
目標は、口座を1円でもプラスへ。

言霊、言霊。
書いて、口にして、イメージして、実現していきます。

増やそう、増やそう。




ってことで。

どうぞよろしく。

posted by ギャロパン at 01:51| 愛媛 ☁| Comment(5) | TrackBack(1) | 思ふこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。