記事検索
 

2006年03月26日

さんぽ

今日は、2週間に1回のsolaちゃんのお絵かきの日です。
教室は、自宅から大人の足で10分ほどのところです。

私のママチャリは、やんちゃぁが使用しているため、
送りにいくときは車で行ったのですが、
あまりの天気のよさに、
お迎えに行くときは、歩いて行きました。

考えてみたら、日の高い昼間に、普通の住宅街をぷらぷら歩く事なんて
すごく久しぶり。
歩く速度で周りの風景をじっくり見るってこと、
以前はすごく好きで、就職活動の時に履歴書の趣味の欄に書いたほど。
昔はどこでも自転車で行動してたしな。
妊娠して以降、周りを見渡しながら歩くってことなかった。
solaちゃんも小さいときは、本当にウロチョロマンで、
片時も目を離せなかったのでね。

普通の住宅街なんだけど、
ちょっと家を見たら、そこに住んでる人の「人と なり」が見えておもしろい。

適当に洗濯物を干している家、
表札にこだわりのある家、
すごく丁寧に手入れをしている庭の家、
いかにもホームメイドな日曜大工父さんが居そうな家、
古い家なのに、きちんと家の補修をしている真面目そうな家
デカイバイクを大事そうに手入れしている親父。
イイ車なのに、家はボロボロ。

そんなのを見ながら、
この外壁はいいな〜、
庭木に、この木は入れたいな、
南がつぶれて2階しか光入ってないから、リビングは2階だな、
家庭菜園もいいな〜、

なんて、1人妄想がどんどんドンドン大きくなって、
10分後、目的地に着く頃には、すっかり妄想モードでした。

さて、solaちゃん、今日は、母の日に地元の大手スーパーに展示する
お母さんの絵を描いていました。
怪獣みたいな変な顔、聞くと、
先生が教えてくれたとおりに描いたそうな…。
ま、いいや。

「天気がいいから、歩いて来たよ。
サンドイッチでも買って、どこか公園で食べる?」

と提案すると、solaちゃんは大喜び。

早速近くのパン屋さんへ入ると、もうサンドイッチは売り切れ寸前。
休みの日は、朝昼兼用で買っていく人が多いんだとか。
ま、残っていた卵サンドと、明太フランス(solaちゃん大好物)を買って
公園を目指しました。

歩いて行ける距離に、いくつか公園があるけど、
目指すは、木陰の多い、キッズがあまり集まらない公園、
昔、solaちゃんが1,2歳の頃、よく行った公園。

ぽかぽかと暖かい日差しが熱いくらいで、やっと公園についたら、
なんと、ペンキ塗りたての札とロープが貼られ、遊具では遊べない。
まあ、遊具で遊びだしたら長いから、いいんだけどね。

程良い場所のベンチに座り、
お外で食べるサンドイッチのおいしいこと!
ただ、やはり風が吹くと寒い。
そして、風吹くたびに、私は顔の乾燥を気にしないといけなかった。

春先が一番乾燥するんよね。
毎年、この時期に、一番肌がやられる。
風が吹く上、太陽は熱いから、乾燥に紫外線に、心配事が多い。
もう既に、化粧下地用日焼け止めクリームは万端に塗っているが、
やはり、長時間 日光にさらすのは危険だ。

遊具は「ペンキ塗りたて」が貼ってあったけど、
子どもは地面がありゃぁそれで遊べる。
地面に棒で字を書いて、十分遊べる。

「リーダーごっこしよ。」と言うので、何かと思えば、
1人リーダーを決めて、その人がする事をみんなが同じように真似をする、
という遊びらしい。
といっても、私とsolaちゃんだけなので、
私がsolaちゃんの真似をする、というだけの遊びなんだけど、
それを公園の敷地いっぱい使ってやってくれるので、
ついて行くだけで精一杯。疲れる…。

やっと1時間で切り上げて、家まで、大人の足で15分強…
子ども(solaちゃん)の足だと…30分・・・。
歩きながら、影踏みしたり、道ばたに座って休憩したり、
本当にゆっくりだけど、3歳前ころの歩き方と比べたら
はるかに進み具合が早くなりました。

途中、車はおろか、自転車さえも通れないほどの
細い路地を見つけ、ながいなが〜〜い路地で、抜けてみたら
超近道だった、という発見があり、
普段は車で素通りの小さい店で、春キャベツ1玉10円を見つけ、即買い。

今日は広島風お好み焼きにして 春キャベツを堪能しよう!と
口の中に甘いキャベツの味が広がりました。
(最近、NHKのためしてガッテンで‘自宅で焼く広島風お好み焼き’
をやっていたのを見て、ムショーに食べたくなったのもあって)

家につく頃には、solaちゃんも疲れてご機嫌斜めだったけど、
家の中に入るとやり遂げた感がありました。

結局疲れて早い夜(7時半頃)から寝ています。


久しぶりの さんぽを堪能できました。


posted by ギャロパン at 01:14| 愛媛 | Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月25日

二つの別れ

昨日、モヤモヤすることがあった。

solaちゃんの体調不良で平日の仕事を休んでいたのは
昨日のブログで周知のことだが、
たまたまコンビニにでかけたそのときに初めて知った。

お隣さんが引っ越しの真っ最中だった!

どう見ても単身赴任とかの道具ではない。
引っ越し屋の兄ちゃんが5人くらいいる。
結構大規模だ。
長男君の勉強机も運んでいた。
完璧にこれは、家族総出での引っ越しだ。

でも・・・

私、全然知らなかった。

てゆーか、今も、どこへ行ったのか、
転勤なのか、売ったのか、さっぱり知らない。

たまたま、休んでいたから知ったけど、
これ、普通に仕事行ってたら、
全然知らない間にお隣さんが居なくなっていたことになる。

ちょっとショックだった。

いや、かなりブルーかな。

お隣さんとは、それほど親しくはないけど、
朝に夕に、廊下で会えば、挨拶を交わしていた。

solaちゃんと同じお年頃のお子さんも居て、
最近、赤ちゃんも産まれたし、
いつかゆっくり立ち話したいな、と思っていた。

3年前、私の入居よりも後から入った人で、
ご丁寧に夫婦で挨拶に来てくれたし、
かわいい顔立ちの奥さんが、にこやかに挨拶してくれていたので
よい感じの人だった。

まあ、普段は私は仕事しているので、
朝も、夕方も忙しい時間帯で、ゆっくり話せる状況ではなかったので
お隣さんにしては疎遠だったかもしれないけど、
それでも、お隣さんだから、いつか仲良くなりたいとも思っていた。

でも、黙って去ってしまった。


実は、1年前、反対側の東隣のお隣さんも、黙って引っ越しされたのだ。
ここは、2,3日かけてお引っ越ししていたので、
たまたま廊下ですれ違ったとき、
「バタバタしていて、挨拶しなくてすみません。」と断りがあったものの、
これももし、出会わなかったら黙って行ってしまっていたのだろうか。

ここの奥さんもにこやかで素敵な人であったので、
その不意打ち的な引っ越しは、ちょっとショックだった。

なんで?

なんで何も言わないで去っちゃうの?

まさか、うちがやかましくて他に住まいを探していたとか?
うちが夜、洗濯機を回しているのが文句を言いに来られなかったのかな?
私がヒステリックに怒っている声が耳障りだったかしら?

イヤな妄想が頭をもたげる。

私は、前の家から、今のマンションに引っ越すとき、
やはり、少しでも顔を会わせたことのある人には、
ご挨拶と菓子折持って回りました。
居なかったら、玄関にかけておくこともできるし、
ポストに手紙にて失礼、って書いて入れておくこともできる。

でも、黙っていかれてしまった。

次、どこへいくのか、詮索されるのがイヤなのかな?
そもそも、近所づきあいは一切したくなくて、
もう引っ越しして居なくなるのだから、どうでもいいって感じ?

なんか、悶々と1人、考えてしまいました。


やっぱり、挨拶くらいはしましょうよ。



昨日、それでちょっとモヤモヤしていた。




変わって今日は、例のsolaちゃんのクラスのネパールの家族が
母国へ帰ってしまう日。

前々から、当日の夜、松山を発つとき、
そのときは私の車でJRで送ってあげる、と約束をしていた。

でも、ここ3日solaちゃんは休みで、S氏と出会っていなかった。
そして、今日は、よりによって、携帯を家に忘れて
仕事に行ってしまった。

solaちゃんをバアチャンに預けていたので、
solaちゃんを連れて、ちょっと買い物をして、
家に戻るともう、6時半が来ようとしていた。

家に帰って10分ほど、突然、S氏マンションのエントランスに現れた。

訳を聞くと、S氏の家に8時に迎えに行くようにしていたのだが、
友達の家へ行ってるので、迎えに来る場所を変更してください、
ということだった。

S氏は何度も携帯に電話したらしいが、
私が忘れていっていたため、連絡が取れず、
とうとう、我が家まで来てくれて、その旨を伝えてくれたのだ。

もう、すべての家財道具を処分したあとなので、自転車もないのに
我が家まで来てくれた。

S氏は、今日は、卒業式と、引っ越しの最終確認、光熱費の支払い、
携帯の解約、現金を母国の銀行に移す作業…と超多忙な中、
我が家に来てくれた。

そして、
奥さんとヴァーバちゃんを乗せて、JRまで向かったのだ。

奥さんのJさんは、私に何度もお礼を言ってくれて、
別れの涙をポロポロ流し、
最後にも、私のためのプレゼントを用意してくれていた。
(ちなみに、私の方も用意はしていました)

JRのバスが来るまでの15分間、
S氏とJさんは、感謝の嵐。
私はちょっと仲良くしてもらっただけなのに、恐縮しきり。

Jさんは、涙が止まらず、バスが断つまで、涙涙で私にしがみついて
別れを惜しんでくれた。
私も、これがもしかしたら最後かも・・と思うと、
胸につまるものを感じずにはいなかった。


昨日、ちょっとモヤモヤしていたのが、
今日のこの別れで、中和されたようだ。

いや、涙をゴーゴー流して、とまではいかないけど、
やっぱり、区切りというか、最後の締めくらいは、
義理でもやって欲しかったなぁ。

みなさん、どんなんですか?

posted by ギャロパン at 00:02| 愛媛 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 意見を求む! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月23日

今日は休み

solaちゃんが一昨日から熱を出し、保育園を休んでいます。
昨日はバアチャンちで元気に過ごしていたのですが、
今日は朝からぐったり。
solaちゃんが珍しく弱気に
「今日はママといる。」というので、
ちょっとその弱々しい声に情にほだされ、
私も会社を休みました。

今日から、新人が入るので、ちょっと顔出ししたかったんだけどな。

まあ、朝から仕事に行く気満々で準備をしていたので、
いつもの家を出る時間9時半には、すっかり一段落していました。

丸1日ある休み。
ここんとこ、土日祝日は、何かと用事が入って、
ゆっくり寝坊することもままならなかったので、
休みでも全然休んだ気がしていませんでした。
なので、久しぶりの休み、って感じ。

えっと、繕い物がたまっているので、したいし、
家計簿もつけたいし、餃子のネタが余ってるので早く皮で包んで冷凍したいし、
写真の焼き増しも送りたいし…
頭の中で、予定がブアーーっと広がりました。

でも、先日の日曜日に借りた、ドラえもんの映画2本分を
私は家事をしながらしか見ていなかったので、
ちゃんと見たくて、ドラえもんを観よう、と
solaちゃんに提案したら、solaちゃん、快諾。

早速、DVDを入れて見始めたのですが、
30分もしないうちに睡魔が…。
ウトウトしながら観たので、
途中、3,40分ほど後でもう一度振り返ったりして
あっという間に午前中が終わりました。

昼ご飯は、朝の準備の時に弁当を作っていたので、それをたいらげ、
ちょっと天気もよかったし、solaちゃんも気分良さそうだったし、
気分転換に、近くのコンビニに行くことにしました。

おやつを買って、ちょっとつまみ、また再び、
もう一本のドラえもんを観ることにしました。
2時にはなってなかったかなぁ。

今度は、始まってすぐ睡魔が襲い、
思いっきりどっぷりと眠ってしまいました。

途中でsolaちゃんが、「1人はつまらない。」と言って起こされたけど、
すぐまた眠ってしまい、solaちゃんがグズっているのを
無理矢理一緒に毛布に抱え込んで寝かしつけ、爆睡。

次に目覚めたのは、すっかり太陽も沈んだ6時半でした。

いつ寝始めたか分からないけど、3,4時間は寝ていたことになります。


あ゛ーーーーー・・・


いろいろやろうと思ってたこと全然できないままに、
夜になってしまった・…。

あわてて夕飯を作り、いつもの夜を迎えてしまいました。

な〜〜〜んも 作業一つやらないまま。

午前も午後も、あれだけ寝たら、夜は寝られないんじゃないか…
という心配はよそに、もう眠いので寝られそうです。

春眠暁を憶えずと言うけれど…
花粉症の薬のせいかな?!!
ということに しておこう。
posted by ギャロパン at 23:30| 愛媛 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月18日

一応・・・

今日は、入籍記念日です。

えっと、これで丸6年。

毎度の事ながら、
何でもない普通の日に、地味〜〜〜に休日受付に1人で
(厳密に言うと私の母と)
婚姻届を出しに行った なんの思い入れもない日。

でも、戸籍上は、6年前の今日から夫婦です。
まだ当時は、一緒に住んでもなかったな。


私は、20代後半、結婚願望なんて全然なくて、
ずーーっとしなくても、40代とかで
ちょっとバツイチとかちょっと男やもめの人と
静かに一緒に暮らしてもいいような人ができたら
入籍でもするかな…くらいに思っていました。

だって、既婚者の話を聞いていても、グチばかりだったし、
当時、私は家事は一切したことなくて、
一人暮らしの経験もなくて、
子どもも別に好きでなかったし、

それまで生きてきた20数年よりも もっと長い間
30年とか40年とか、その人のために毎日
ご飯作ったり 家事をしたり、しないといけないんだもの、
よほど、この人なら…と思える人じゃないといやだな、
でも、そうそう出会えるもんでもないし、出会えないならそれでもいいし、
ちょっと軽い感じで籍を入れずに同棲してみたり
気ままに暮らすのもいいな、と思っていました。


ああ、いやいや、これを語り出すと長くなるので…。

ま、やんちゃぁが当時の私の結婚の理想と近かったわけでは
決してないのですが、本当に予期せずして出会い、
特に私の気負いもなく、川の流れに身を任せていたらこうなりました。

これを一言で言うと、タイミングなんです。

タイミングって、ホント、不思議。
そのときのパズルが何か一つでもずれていたら
こうなってなかったかもしれないのだけど、
何かを必死で動かして、とかなく、
ホント、こうなってしまった、としか言いようがない。

あれ?

別に後悔してるわけじゃないっすよ。
その人と結婚してよかったかどうかの評価は、
死ぬ直前にしか判定できないので、今はまだなんとも言えません。
でも少なくとも、今 不幸ではありません。
それで十分。


今日は何をしたかというと、

やんちゃぁは体調不良で仕事を休みました。

でも、私は既に予定が入っていたので朝の9時40分には家を出ました。

何の用事かというと、
例のsolaちゃんのクラスのネパールのお友達が
今月でお国に帰るので、
その前に記念に、着物を着て写真を撮りたい、
という要望を、別の日本人のお友達が聞いて、
それを実現すべく、私はアッシーとして車を出しました。

市内のそう遠くないところに、
襦袢も小物もすべて格安で貸してくれて着付けもしてくれる
というところをそのお友達が見つけだし、
車で向かいました。

着物の種類も小物の種類も豊富にあって、
子どもの着物もあって、七五三や卒業・入学式にも活用できます。
あれは是非おすすめ!

そんなこんなで、午前中はまるまるつぶれ、
午後はグループホームのおじいちゃんを訪問しました。

普段なら、ゆっくりと買い物して晩ご飯を外で食べて帰るところですが
やんちゃぁのことが気になっていたのでさっさと帰りました。
その途中で寄ったスーパーでハートの形をした一枚葉の観葉植物を買いました。
結婚記念日にハート型の葉っぱ、
なかなかいいじゃん、と自分で納得。
060318.jpg

やんちゃぁはダラダラと自室で寝て、
ごそごそ起きてきてお粥を食べ、
またダラダラと部屋でゴロゴロしています。
一応やんちゃぁに、「今日は結婚記念日よ。」と言うと、
「あ、そう。」と返されました。
倦怠?いやいや、やんちゃぁは一年目のときもそうでした。

なんのこたぁない一日。

あ、ところで、やんちゃぁ松山転勤の件ですが
あれは、単に研修があって、一ヶ月だけ松山で勤務し、
一ヶ月経ったらまた、徳島へ戻るのだそうな。

しばしの家族生活です。

posted by ギャロパン at 23:49| 愛媛 ☔| Comment(6) | TrackBack(0) | 取るに足りないたわごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月17日

許せないこと

中央分離帯のある大きな道路で信号待ちをしていて
ふと、中央分離帯の植え込みに目がいった。

なんと、空き缶、たばこの空箱に吸い殻、ナイロン袋に、
割り箸まで、「ザ・ゴミ」が散乱していた。

2車線、もしくは3車線の真ん中だから、
歩きながら人が捨てたとは思えない。
車から捨ててるんでしょう。
しかし、普通にゴミを車外へ捨てるなんて、
どんな神経の持ち主なんだ?
そんなシーンにでくわしたこともないのに、
思いの外、ゴミが多くてビックリした。

もし、あれが我が敷地内なら、ゴミ袋に片っ端から拾って入れたいが…

などと考えてふと思い出した。

10年ほど前、お茶を習っていたのだが、
まだ当時小学生だった一緒に習っていた女の子が、
毎週末、大通りの中央分離帯のゴミを拾う、
というボランティアをやっていたのを思い出した。
小学生で毎週末ボランティア、ということも衝撃だったけど、
毎週ゴミ拾いをやっていたにも関わらず、
相当なゴミが出る、と言っていたのも驚きだった。

そんな大量のゴミが出るということは、
相当数の人がそんなゴミを平気で捨ててる、っつーことなんやね。

相当なモラル違反だと思うんだけど、
そんな人が多いというのも驚きだし、
そんな世の中を思うとイライラしてくる。

私はかなり車に乗る方だと思うけど、
車からそんなゴミを捨ててる人なんて、ほとんど見たことないけど、
みんな、夜捨ててるの?

それに関連して、

我がマンションの郵便受けのことも思い出した。
集合マンションの郵便受けの取り出す側のスペースは、
ウナギの寝床のような細長い狭い空間になっている。
ちょっと目立たなくて地味な場所だ。

で、郵便受けに新聞の折り込みでない、勝手に入れられたチラシが
毎週末1,2枚は入っている。

新聞と一緒に折り畳まれてないから?
そのピラピラ1枚が邪魔だから?
とにかく、
毎週、そのピラピラのチラシを、そのウナギの寝床のような
奥まったスペースの一番奥にポンと置いて去っている人がいるのだ。

ひっそりとした地味なところなんだけど、
一度気にし始めるとすご〜〜く気になる。
毎週末、その奥まったところにポンと置いているのを見ると、
ムショーーに腹が立ってくる。

なんでこんなに自分勝手な奴が多いんだ。

他に人がいたら絶対にしないくせに、
誰も見ていないとなったら、簡単に捨てやがる。

そういえば、以前、角の一軒家に住んでいたとき、
しょっちゅう塀の上に、空き缶が置かれていたよな。
パンとか食べたあとの食べかすなんかも投げ込まれたこともある。
すご〜〜〜〜〜〜〜〜く腹が立つ。

小心者のくせに せこいことする奴が大嫌い。
posted by ギャロパン at 00:15| 愛媛 ☁| Comment(11) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月14日

は〜・・・

三寒四温。
啓蟄。
黄砂。
木蓮のつぼみ。
梅の香。

毛足の長いニットから、ツルンとした軽い感じのニットを
着たくなるような季節がやってきましたね。

今までも何度か言ったことありますが、
私は、春は、つらいできごと、悲しい思い出が多くて、
それに、ちょっと心がザワついて落ち着かなくて、
さらに花粉症もあって、あまり好きではありませんでした。

そんな中、今年は冬が寒かったせいもあってか、
思い出が風化してきたのか、
少しずつ春がくるのが楽しみで、
なんだかほんわかと うれしい気持ちになっていました。

でも、


今年も悲しいことが起こってしまいました。

職場でその訃報を聞き、号泣してしまいました。

その悲しいできごとで泣き始めたのに、
泣いてるうちに、違う春の悲しい出来事とリンクして、
悲しさが二重にも三重にもなって、ブルーな気持ちを引きずっています。


思うに、

春って、すべての生命が活動を始める!って感じで
否応なしに未来や希望を感じさせてくるよね。
木々が芽吹いて、梅や桜、いろんな花が咲き始めると
空気が華やいで ちょっと浮かれた気分になるよね。

そういう空気の中、水を差すように悲しい気持ちが入ってくると、
その温度差が大きすぎて、
より、悲しみを増幅させて、
より深く心に刻み込まれることになるからかな。

条件反射的に、春の空気を感じると、
その深い悲しみを思い出すようになる。

それで、春になるとブルーになってしまうのかな。

これもトラウマというのかしら。


ご冥福をお祈りいたします。


posted by ギャロパン at 21:11| 愛媛 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 思ふこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月11日

行列嫌いの私が…

明日は(あ、もう今日か)、各電器屋さんには早朝、もしくは深夜から行列ができることでしょう。

知ってる人は知っている、ニンテンドーDSライトが発売されるんです。(ライトブルーと紺色が)

一昨年あたりから小学生の間でジワジワと人気が出て、去年末から
松嶋菜々子さんがCMに出てからというもの一気にブレイクしました。

我が家にも、やんちゃぁというゲーマーがいますが、
今は、娯楽品にお金を出せないし、やんちゃぁ自身がゲームをする余裕もないので
欲しいと言いだしていないのは幸いです。

それが、先週(3月2日)の木曜日、先だってDSライト(ホワイト)が発売されたとき、
私は電器屋の前に並ぶつもりでした。

やんちゃぁのためではありません。

会社の同僚の社員のお友達のために。

というのも、その子(私の一つ下)は、最近入籍をしたのだけど結婚式はしないので
仲のよい女子社員でプレゼントをあげよう、ということになり、
そのプレゼントの第一候補としてあがったのです。

彼女は、PCのヘビーユーザーであり、電子機器系には何かと興味を示し、
かつ、新婚旅行はラスベガスへ行くというので、DSのソフトで辞書的なものは
ないかなぁとネットで見ると、ビンゴ!ありました。
辞書も役立つけど、ゲームのソフトもあげれば、旅の途中の息抜きにもなるし、
ピッタリだ、ということで、ニンテンドーDSとそのソフトをあげることにしました。

それまで、私はDSについて詳しく知りませんでしたが、
なにせ、菜々子効果でDS人気は高まり、かつ、今月、
その薄型版のDSライトが新発売されるとなると、
そりゃ、新しいものをあげたくなりまさぁ。

彼女は、同じ部署で普段から一緒に仕事をしている親しい友人だし、
私だけでなく、女子社員は誰でも、少なからず彼女にはお世話になっているので、
(堅苦しいお世話だけでなく、くだけた友達としてのお世話)
なんとしても、喜んでもらえる物をあげたい、その一心で、DSの新しいバージョン、
DSライトを手に入れようと1ヶ月も前から計画を練っておりました。

しかし、どの電器屋オモチャ屋に問い合わせても、予約は受け付けず、
当日並んだ人のみへの販売、そして、入荷個数もわかりません、とのことで、
全く動きに予想ができません。

これは、もしや、早朝から並ぶパターンか?!とネットでまた調べると、
2ちゃん あたりでは、発売日には、深夜から並ぶとか3時から並ぶとか、
息巻いた書き込みがあり、果たして一介のパート主婦なんかが手に入れられる代物かと
大変心配になってきました。

しかし、今回は、その彼女のお祝い関連ではリーダーとして
みんなをまとめていた私としては、午前中の仕事を休むつもりで
平日の朝、電器屋へ行くことにしました。

しかし、果たしてそんなに行列ができるだろうか?
2ちゃんの情報は東京や、大阪名古屋あたりの話だったので、愛媛ごときでは
行列なんてできないのではないか、
案外と簡単に手に入れられるかも、なんて思いながら、
solaちゃんを早い目に保育園へ連れていき、10時オープンの1時間前あたりに
電器屋へ並ぶことにしました。

その日、DSライトを手に入れると、翌々日には、プレゼントを渡すセレモニーのための
食事会をする予定でしたので、どうしても手にいれたかったのです。

早速、電器屋へ車を走らせると、想像に反して行列はありません。

なんだ、やっぱ愛媛はショボイのか。
焦ってきて損した。恥ずかし〜。と思いながら、
駐車場に車を停めて、店舗入り口まで走り寄ると、

なんと!!!


既に完売でした・…。




予約も受け付けてないのに、オープン前に売り切れて どういうこと?!!と、
次は、大型オモチャ屋さんへ車を走らせました。

そこでもやはり、「完売」の文字が・…。



どうやら、もっともっと早い朝から並んでた人たちに
早々に整理券が配られ、担当者が出社した時点で既に売り切れになったようでした。
聞くところによると、担当者が整理券を配ったのは7時半で、そのとき既に行列だったのだけど、
一体その人たちは、何時から並んでいたのかは定かではなく、
9時くらいにヘコヘコ来るようなアマちゃんな私なんかでは
到底手に入れられる代物ではなかったようです。

その日は、どうしても手に入れたかったので、本当にガックリしました。
前日なんかは、「オタッキーに混じって、女1人で並んでこうわい。」
なんて冗談交じりに話したりしてたのに、
みんなにどんな顔をして出社したらよいものか、意気消沈して、
寂しい表情で手に入れられなかったことを伝えねばなりませんでした。

お祝いをあげる彼女には、プレゼントのことは一切黙っていたのですが、
DSは、欲しいものであるということは、リサーチで知っていたので、
食事会が二日後に迫った私は途方に暮れました。



しかし、いいもの見つけたんです。

ipod。

これも私はよく知らなかったのだけど、
ただ、音楽を聴く、MDウォークマンの代わり、くらいにしか思ってなかったけど、
これまたネットでいろいろ見ていたら、
使いこなしたら、かなり楽しい物になること間違いなしのようでした。

以前、お友達のkazooが podcastの可能性について力説していたのを思い出し、
やっと、その意義が理解できたのでした。(簡単に言うと、ラジオ配信かな)
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/733393

それで、その日の夕方、即、現物を見に行くことにし、会社の同僚友達と
電器屋へ行きました。

すると、なんとびっくり!!
厚紙で作った模型品かな?と思って手にしたそのipodこそが、
4MBの容量を持つ、高機能の本物だったのです。

あまりの小ささ、あまりの薄さに愕然とし、そのまま速攻で購入の運びとなったのです。


結論から言うと、
入籍の彼女はDSにも興味を持っていたけど、それほどゲーマーではないし、
新婚旅行にはipodを持っていこうか、と考えていたらしく、
本当に喜んでくれて、 ipodで大成功でした。



しかし、こういうことでもないと、深夜早朝のお店へ並ぶなんて発想、
私には全くありませんでした。

なにせ、とにかく行列、人混みは大嫌いなので、
並ぶくらいなら、別の物(事)で代用するし、
なるべく渋滞・行列・人混みは避けるように生きてきました。

デパートの催し物なんても行きたいのだけど、人がたくさん、というだけで疲れて、
並ぶどころか、行きもしません。

並んでも、それだけの価値があるなら並ぶかもしれないけど。

いままで、行列して並んだものでは、
ディズニーランドのアトラクションくらいです。
それも、90分待ちが限界。120分となると、もう諦めます。


並ぶ、ということに、あまり経験なく、
しかも、電気、オモチャ関連で並ぶことになろうとは夢にも思いませんでした。
それでやっぱり読みは悪かったようで、張り切る人は、
本当に深夜から並んでいたようです。

今日も、今頃から、並んでいる人はいるだろうな〜。
寒い中、お疲れさま。







posted by ギャロパン at 02:24| 愛媛 ☀| Comment(7) | TrackBack(0) | 取るに足りないたわごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月03日

3月3日だぁ!

桃の節句ですね。

女の子がいる我が家にも当然おひなさまが








飾ってありません・・・・・。

ごめんなさい。


いやでもね、松山は、ひなまつりって、旧暦でやるよね?
幼稚園とかの行事は、3月にやんないと、4月3日では学年を越してしまって
行事としては難しいので自然と3月にするんだろうけど。

会社の女の子に聞いたら、3分の2の確率で、
雛祭りは4月にしていた、という結果が出ました。

ということで、今週末には出すということで許してもらいましょう。
だってだって、先週も先々週も、土日は忙しかったんだもん…。(いいわけ)

ちなみに、
おひなさまと言っても立派な七段飾りや、立派な親王飾りはありません。
体調7cmくらいの立雛しかないんだけど。(だったら早く出せって?)


ところで、昔、住宅関係のメーカーでOLをしていたとき、
4月3日になると、スポッと下請けの業者さんみんなお休みになった。

なんでかなぁ〜と思ったら、
「節句の野良働き」と言って、
普段、きっちり仕事をしている人は、お節句の日にはお休みにするけど、
普段、のらりくらりしている人は、お節句が来ても、働きに出なくてはならない。
という意味らしい。
なので、大工さん、左官やさん、足場やさん・・・などなど、
職人さん関連の人たちはみんな旧暦の桃の節句にお休みするんです。
そんな日に仕事してたら恥ずかしい、って感じで。

これは、桃の節句だけで、端午の節句は?節分は?と聞くも、
どうも、桃の節句だけみたい。



おひなさまをしまうのが遅くなると行き遅れる…という言われ。

我が家は、実家の母は、日本のアンティークもの、特に、人形やオモチャ系が大好きで、
お雛様時期には、アンティークの雛壇から市松人形から、姉様人形、
羽子板や、ガラスケースに入った人形、所狭しと並べまくります。
当然、飾る期間は、3月から4月にかけての1ヶ月どころではありません。
下手すりゃ、夏を越える勢いでそのまんま。

ただでさえ片づけ下手な母なので、そんなん簡単にしまえません!

でも、20代ギリギリで結婚できたよ。

片づけ苦手な人、安心してください。
大丈夫ですから。
posted by ギャロパン at 23:50| 愛媛 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月02日

なんと!

突然ですが、
やんちゃぁに また 転勤の辞令が出ました。

一昨年の10月に入社し、
去年の5月に松山から高松へ、
3ヶ月後、去年の8月に高松から徳島へ転勤、
とくれば次は・…・高知!!





ではありませんでした。
なんと再び松山へ。
10ヶ月ぶりの松山勤務です。

2月末日に知らされ、3月1日付けで松山に赴任です。
といっても、引き継ぎ等あるので、実際は、来週から松山です。
引っ越しは再来週か…?

この1年で、もう3回目の転勤。
他の社員もメチャクチャ シャッフルされています。
やんちゃぁの口からは、常にグチ、グチグチ。

まあ、本当にひどい会社なので、しょうがないけど
生活がかかっているのでねぇ・…
簡単に辞めなさい、とは言えません。

この転勤ペースなので、いつまたよそに飛ばされるか分かりませんが、
ひとまず、よかった。
posted by ギャロパン at 21:38| 愛媛 ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月01日

継続は力なり

先日の日曜日、例のネパールのお友達家族と遊びに行きました。

秋に我が家へ招待したとき(10月30日参照)、
休日をどうやって過ごすかと聞いたら、
自転車でコミセンへ行く、と言っていたので
それでは自転車で行けないところへ、車で連れていってあげよう、
ということになりました。

て、もう2月だけど、
いろいろお互い忙しかったし、体調もすぐれない日々も多く、
このたびやっと実現しました。

行き先は、こどもの城(http://www.kodomo.pref.ehime.jp/index06.htm)と
近所のスーパー銭湯。

言わずと知れた、子持ち家庭御用達スポットこどもの城は、
やはり、Sファミリーは、大感激でした。
規模も大きいし、子どものためのたくさんの工夫があって、
ご夫妻も興味津々で視察されてました。
あいにくの雨だったけど、建物の中でも十分に遊べました。

この日はちょうど、おひなまつりのイベントの一環で、
子どもたちがペーパーで衣装を作ってお雛様の衣装をまとい、
雛壇に座って撮影する、というもがありました。
ヴァーバちゃんのお母さんは是非ともそれをさせたかったのだけど、
肝心のヴァーバちゃんも、solaちゃんも、ダンダン走り回って
体を使って遊ぶ方に気を取られ、そんなものはせん!と逃げ回り、
ヴァーバちゃんのお母さんの願いは果たせませんでした。
かわいく化粧をして、ピンクの薄ペーパーをまとう子どもたちは本当にかわいかった。
残念!!

お昼も、ヴァーバちゃんのお母さんがお弁当を作ってくれて、
重箱に詰めて持ってきてくれました!

朝の10時から出かけて、3時ごろ、ようやく一息ついた私たちは、
自宅の近くの温泉まで戻り、お風呂に入ったのです。

ヴァーバちゃんのお父さんは、日本国内も、いろいろ旅をしていて、
温泉も、京都も、万博も、東京も経験済みなのだけど、
お母さんは、まったくどこも遊びに行かず、温泉も入ったことがなく、
日本の温泉を体験することをとても楽しみにしていました。

ネパールの人たちは、見知らぬ人前で裸になってお風呂に入る習慣はないらしいので、
本当に大丈夫かどうか、何度も何度も念押ししてみました。
が、お母さんは本当に、いろんなことに興味がある人で、
私の心配をよそに、温泉を楽しんでいました。

といっても、日曜日の夕方、人は多く、
なにせこちらは怪獣が2匹もいて、ただでさえ暴れん坊が、
二人の相乗効果で調子にノリにノリまくっていました。

水しぶきをあげて水をかけあったり、
湯船の中で桶をつけて何度も汲んでは流し、
移動は当然走るし、
本当に私は冷や汗もんで、

そんなとき親切な(?)オバチャンが、
「今、○○の湯船に行くと口うるさいおばさんがいるから
子どもと行くなら気をつけた方がいいよ。
わたしゃ、あまりに口うるさいおばさんのせいで気分が悪いので逃げるよ。
頭の白いおばさん やけんね。」
なんてプチ情報流してくれたもんだから、

ちょっと露天風呂に行って頭の白い人がいようもんなら
もう私は生きた心地せず、その人の顔色をうかがいながら、
常に、solaちゃんとヴァーバちゃんの動きを監視し、怒らねばなりませんでした。

結局、ゆっくりと入ることなくお父さんとの約束の時間がきたので、
お風呂を出ることになったのですが、ぐったり疲れました〜。
疲れついでに、温泉の食堂で夕飯をとり、
S家の家に戻って帰ろうとするも、
まだまだテンションの下がらないsolaちゃんとヴァーバちゃんのしつこい勧誘に負け、
なんだかんだで夜の9時までおじゃましてしまいました。
疲れた〜〜〜。



ところで、今回、こどもの城でも、温泉でも、
行く先々で、S氏の知り合いに出会ったのですが(日本人)、
みんな、見かけは全然普通なのに(当たり前だけど)、
普通にペラペラと英語をしゃべるんです。

先ほどまでの私とのたどたどしい会話とはうって変わって
本当に流ちょうに、滑るように、きれーーーーな英語で、
発音も日本人なのに、特有のナマリは少なくて、
またまた凹んでしまいました。

あ、ナマリで思い出した。
ヴァーバちゃんが、立派な伊予弁でsolaちゃんと話しているのを聞いたらおもしろい。
そして、かわいい。
お母さんにまで伊予弁で話すもんだから、お母さんは意味が分からないことが
よくあるらしい。
しかし、こどものその柔軟力、吸収力は、本当にすごいな。
つづけてないと、すぐ忘れるだろうけど、あの5月に来た頃と比べたら、
今は信じられない。
私も甘えてすっかり日本語でしゃべっています。

方や私は、まあ、努力してないんだから、当たり前に上達もしてないけど、
やっぱりもっと英語をしゃべりたいなーと改めて思いました。

で、S氏に、どうやって英語を勉強したのかを聞くと、
2年間、毎日、英字新聞を読んで、英語のニュースを聞いた、と言うのです。
初めは全く英語を知らない状態で、英字新聞を読んでも、
意味はさっぱりわからない、でも、読み続けるんだ、と。

で、わからない単語は辞書で引くのか?と聞くと、
英字新聞と、ネパールの新聞を両方読んでいた、らしいっす。
構文とか 現在−過去−過去分詞 なんて勉強の仕方もしてない。
ただひたすら読む、
ただし、毎日つづけること、と。

ちなみに、このお父さんはかなり優秀な人で、
高校を飛び級で2年飛ばして卒業し、16歳でもう会社で働いていたんだって。
今も地滑りの研究で3年前に来日し、卒論まで書いて、愛大を卒業します。
ひらがな、カタカナはそらちゃんより読む速度は速く、
簡単な漢字も読めます。
たしかに、今回、日本語で会話できることが増えたな。
学ぶことにどん欲で、何を見ても、何をしていても、日本語習得のために
勉強してました。もう3月でお国へ帰っちゃうのに…。


そうだねーーー。
やっぱり、毎日続けることが大切だよねー。
でもそれが一番難しいよねー。
高い教材買ったり、英会話教室通わなくても、
勉強はできるんよねー。

ミョーーに納得して、
バアチャンが、solaちゃんのために、ディズニーのお話の英語バージョンCDを
まだ赤ちゃんの時に買っていてくれていたことを思い出しながら帰りました。

あれなら、日本語の訳もついてたし、新たに教材買わなくてもいいし、
お話も20話くらいあったから、しばらくは使えそうだ…
とまた、捕らぬ狸の話を。

それよりも、今密かに毎日続けていることがあります。
ここで豪語して続かなかったら恥ずかしいので
達成できたら話します。只今3日目。



posted by ギャロパン at 00:28| 愛媛 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 取るに足りないたわごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。