記事検索
 

2006年09月28日

食欲の秋

もうすっかり秋だねぇ。

夜は窓を閉めて寝ないと寒くなってしまった。

秋を感じ始めると、
普段、料理のそれほど得意でない私でも、
必ず作りたくなるものがある。

炊き込みご飯。


王道の五目炊き込みが好きだけど、
今回は、ちょっと前から試してみたものがあった。

それは、塩昆布炊き込みご飯。

以前、はなまるマーケットでやってたんだけど、
米3合に対して塩昆布を40グラム前後入れ、
あとは、ツナ1缶に好きな具材適当。
今回は人参とシメジとエノキとシイタケを入れた。

普通に米洗ってお酒を大2入れたら適量の水を入れ、
出汁もしょうゆもいりません。
さっくり混ぜて炊飯器のスイッチを入れるだけ。

メチャクチャ簡単。
そして、出来上がりは超おいしい。
それだけで、デキル主婦っぽい。
お好みできざみ海苔と、絹さや載せたら立派な炊き込みご飯。

もうこれだけで私としては やり遂げた感があるのだけど、
一応、みそ汁とカボチャとベーコンの炒めものを添えて。
前日の残り物 サツマイモの甘露煮とナスの煮付けを並べれば
ものすごい立派な食卓。

って、写真はないんだけど。


塩昆布の炊き込みご飯、是非お勧めです!



posted by ギャロパン at 22:53| 愛媛 ☁| Comment(6) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月19日

伊予万歳(いよまんざい)…ってご存じ?

この3連休の中日、敬老の日の前日、
solaちゃんの保育園の地区の敬老会に、
園児たちが伊予万歳(いよまんざい)を披露した。

solaちゃんの保育園では、毎年年長になると、
伝統芸能の伊予万歳を、この敬老会と運動会、そして年末のクリスマス会に
披露することになっている。

伊予万歳(いよまんざい)って…漫才ではないよ。
ご存じの方は何を馬鹿な…と思われるかも知れませんが、
この愛媛の伝統芸能の伊予万歳を、お笑いの「漫才」と間違える人が
若い人を中心に少なからずいます。

リンクへ飛ぶのさえも めんどいという人のために簡単に説明すると、
松の柄の扇子を両手に持ち、おでこにもくくりつけ、
それらを使って縁起のいいものを おはやしに合わせて体現する、って感じかな。

なにせ、めでたい席で踊る踊り(?)なので、
こういう敬老のお祝い事には かり出されるんだろうな。

この、松の扇子を独特な指使いでヒラヒラと回転させ、
大人数で、ある形を作るので、園児にとっては簡単なことではないのだ。

年中の終わり頃、もうすぐ年長さんになるのだよ、というころから、
扇子のまわし方の練習から入り、
年中の園児たちは、
「とうとう私たちも、伊予万歳を練習する年になったのか」と、
少しお兄さん、お姉さんになる気持ちを植え付けられる出来事でもあります。

まあとにかく、この半年間、毎日のように練習してきた伊予万歳を、
この敬老会で初めて披露するとあって、
本人たちはもちろんのこと、先生方も、私たち親たちも、
その晴れの舞台を緊張と期待と入り交じった、ドキドキ感で迎える。

solaちゃんは、元々負けず嫌いな性格で、
先生にみんなの前で誉めてもらうことが、何よりも励みになり、
一度誉められると、そのことをずっと心の支え(?)とし、
家にいるときも、私の前ではもう何度も披露して拍手をもらっているし、
練習のしすぎか?テレビを見ているときや、ちょっとした家の中の移動のときも、
気づけば手のひらが伊予万歳のときのようにヒラヒラとまわっているのを
何度となく目にしていた。

そして、キラキラの羽織袴のような衣装を身につけ、
顔には白い鼻筋、うっすらと紅をさし、
いよいよ本番の緊張感が高まる。

敬老会はあくまでも地区の老人たちの会なので、
園児の保護者の私たちなんて、本当はお呼びでないというか、
体育館の後ろの方から地味に見させてもらう・・・・・ハズが、
我が子の晴れ舞台を写真にビデオに、そしてこの肉眼に納めようと、
親たちは必死になって会場へ割って入った。
(いや、あくまでも老人たちの邪魔はしていません!)

私は後ろから見ていたので、遠くの舞台の上で
みんなが同じ衣装を着て、同じ化粧をしていると、
どれが我が子かわかりにくいのだけど、
ビデオのズームで見て、我が子を確認した。

おはやしが流れ出し、第一のグループが踊り始めると、
solaちゃんは第二グループでまだ出番ではないにもかかわらず、
これまでの日々の練習や、家での自主特訓が思い出され、
またもや涙腺ゆるみ、危うく涙をこぼすところであった。

そうして出てきた我が子は…
立派でしたぞよ!!
あっぱれ!!と言いたかった。

思えば、保育園に入り立ての冬、まだウンコをオムツでしかできなかった
solaちゃんが、あと2年もしたら、こんな立派な踊りを
果たして踊ることができるのだろうか…?!と、
ものすごく大人びて見えた年長さんだった。

それを今、こうしてできるのだから、まあ、園児たちもすごいが、
仕込んだ先生たちも本当にすごいわー。

先生からは、
「踊りが上手だったら拍手がもらえるけど、
下手だったら拍手はないよ。」
と脅し(?)があったようで、
一つのポーズごとに拍手が起こり、
全員が踊り終わって礼をしたときに会場から大きな拍手があったことを
solaちゃんは、
「拍手があってよかった〜〜。solaちゃん、拍手がないかと思って
緊張した〜〜。」って・・・

おお〜〜〜「緊張」なんて言葉、分かるんかい。
とにかく、出番が終わった後は、みんなから上手だったよ、と言われ
ご褒美のお菓子とジュースももらえ、園児たちは皆、大満足で帰って行った。

こりゃまた、運動会とクリスマス会には、涙だな…。

ビデオのズーム機能を最大限に駆使して撮った映像の一部です。

Dvc00093.jpg Dvc00094.jpg
posted by ギャロパン at 00:16| 愛媛 ☁| Comment(15) | TrackBack(0) | 子ども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月17日

改めて誕生会

solaちゃんの希望により、メニューは
唐揚げのお子さまランチ。
060916_1.jpg

ケーキは、去年はロールパンナのホールサイズケーキを頼んだけど、
私もsolaちゃんもそれほど生クリームが好きでないし、
なんといっても食べきれない。

ということで、今年はうまく丸め込んで
ピースケーキを買っていろんな種類を楽しもうということで、
いろんな味のケーキを買った。
そして歌とろうそく吹きの儀式はとどこおりなく終わったのだ。
060916_2.jpg


さて、プレゼントだけど、昨日予告していたものはこれだ!!
060916_3.jpg


シナモンちゃんのカフェシナモンセット。

solaちゃんは、ま〜〜〜〜え から目をつけていた。
高額なので、誕生日まで我慢してもらいました。

solaちゃんのロールパンナ好きは、まだ揺るぎはないのだけど、
それと平行して、最近はサンリオから出ているシナモンちゃんがお気に入り。

私も、最近のキャラのなかではお気に入り。

はじめは、ケーキもシナモンの顔(特注で)にする、と言っていたほど。


いわゆるシナモンちゃんのドールハウス風って感じか。


これを買うの、実は私はいまいち乗り気でなかった。


一つには、場所を取る、ということ。
もう一つは、プラスチックのオモチャであること。


プラスチック系のオモチャは、なんとなく汚らしいし、
雑に扱いそう。
その点、木のオモチャは見てもよし、古くなったらなったで
年期が入ってよし、次世代にも伝えられる。

しかし、一旦欲しいと思ったら、ホントその熱はすごいsolaちゃん。

オモチャ売場やオモチャ屋へ足を踏み入れたとたん、
いつも言っていた。

何がそんなに気に入ったのかを問うと、
カフェのおうちの中に着いてあるエレベーターだって。


あああああ〜〜〜〜〜〜〜〜
分かる!solaちゃん。



私もその昔、30年近く前、
「こえだちゃんと木のおうち」が欲しくてたまらんかったもん。

何がって、あの木の幹の部分を利用したエレベーターよ。
あれがすごく楽しく思えて、木のおうちを持っていたお友達の所へいくと、
いつもあのエレベーターで遊んでたもん。
分かるよ・…。


なので、買っちゃいました。

solaちゃんは熱心に遊び続け、
挙げ句の果てには、絵に描く、と言って、画用紙を開いて
絵を描き始めた。

まあまあ・・・・
とにかく喜んでもらえたのだから、よかった。


posted by ギャロパン at 00:01| 愛媛 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 子ども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月15日

誕生日なのだ

今日はsolaちゃんの6歳の誕生日だった。

事前にsolaちゃんに何が食べたいか聞くと、
唐揚げかお子さまランチと言っていたので、
今日は急いで帰って急いで準備をせねば!と
焦りながら保育園のお迎えへ行った。

が、お迎えに行くとsolaちゃんが
「ドラえもんのココスに行きたい。」と言いだした。
なぜなら、以前、ココスへ行っていたとき、
他のテーブルの子どもが、花火付きのデザートをもらっているのを見て、
solaちゃんもそれが欲しい!と言い、
でもそれは誕生日の子しかしてもらえないんよ、
と説明したのを覚えていたからだ。

バアチャンの都合により、ちゃんとケーキ買ってパーティーみたくするのは
明日にしようと思っていたので、今日はココスでやり過ごすか、
ということになった。
(ということになった、と言っても、私とsolaちゃんの間の話しなんだけど)

(あ!報告忘れていました!
やんちゃぁの仕事が決まりました!
昨日から、新しい職場で働いています!)

まだ新しい職場二日目なので、やんちゃぁも7時頃には戻れるし、
いろいろあって、急きょ、solaちゃんのいとこのひよりこちゃん親子とも
一緒にご飯をすることになった。

初めは、私と二人きりでご飯かなーと思っていたけど、
やはり人が集まるとにぎやかになっていいね。


で、待望のお誕生日の特別デザートを頼み、
食事も終わって、花火と一緒に出てくるか?!・・・
と思ったら、

花火がない…。

何で?



店員さんに尋ねると、
「花火は危険なので止めました。」となっ!!



solaちゃんガッカリ・…。


「そんなん ここに来た意味ないやん!」とまでのたまった。


まあしかし、こうして家族といとこが集まって
さんざんギャーギャー楽しんだのだからいいでしょっ!
ってことで、納得。

私も義理の妹とシャベリ倒して気づけば9時半を過ぎていた。

さあ、明日は、プレゼントを買いに行く予定。



今回は、私としては、ちょっと不本意。
しかし、solaちゃんの熱い熱い希望により
私が根負けした形となった。

明日買ったらまた写真アップします。
posted by ギャロパン at 22:37| 愛媛 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 子ども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月12日

うへっ!

ここ3,4日、台所に立つと、なんか生臭い。

排水溝の生ゴミを捨てても臭い。

水につけっぱなしの食器か?
残飯がどこか目に見えないところに落ちているのか?
食器洗い機か?

いろいろ見てるのだけど、一向になくならない。

もしかして、流しの下のくるりんとなっている部分に
何か臭い物がたまっているのか?

なんか臭い。


日にちが経って、においは弱くなるどころか
生臭さに拍車がかかってきた。


ん??




この生臭さは・・・・




魚っぽいぞ。



えっ?!
魚??!!







はっ!!!!



まさか!



先週、魚を焼いたとき、グリルを後で洗おうと思って・・・






はい、ビンゴ!


うげ〜〜〜〜〜!!



魚の脂と、水がまったりとからみ合って
黄色かオレンジのような鮮やかな膜を張っている。

ここんとこ涼しくなったとはいえ、
やはり1週間も放置していては、もうやばいことになっている。


実は以前もこんなことがあった。

魚グリルを使ったら直後に洗おうと決めているのだが、
なにかすごく疲れたときとか、めんどい気持ちが上回ったら
つい、食べてから…と思って、
その後、忘れてしまうことがよくある。


ホント最近ひどいんよ。
物忘れ。
あーー。





ちなみに、ひどい油汚れや焦げ付きには重曹。
ちょっとつけておくだけでもスルリと取れます。
posted by ギャロパン at 07:21| 愛媛 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 愚痴・悩み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月05日

solaちゃんの熟考

普段から赤ちゃんに興味津々のsolaちゃん。
どうやったら赤ちゃんができるのか、よくされる質問です。

ここで私は、コウノトリとか、キャベツとか、ちょっと現実とかけ離れたことは言いたくないので、なるべく本当に近いことをそのときのレベルに合わせて言うようにしています。

で、今のところ、説明しているのは、

「大人の男の人と女の人がチュッチュしたら、赤ちゃんができるんよ。
それも、ちょっとじゃだめ。たくさんチュッチュせんといかんよ。」と。

ちょっとじゃだめ、と言うのは、よくテレビなどのシーンで結婚式に誓いのキスや、ちょっとしたキスのシーンが出てきて、あれで赤ちゃんができる、と思いこんでいたので、あれだけではできない、という説明を加えるため。

で、昨日は、
solaちゃん冴えていた。

solaちゃんなりにいろんなことを頭で考えてそれを時々披露してくれる。

「ママ、solaちゃんね、なんでsolaちゃんが産まれたか分かるよ。」
「ママと父上が、結婚式でちょっとチュウして(誓いのキスのこと)、
それで、ママと父上がチュッチュに慣れたけん(慣れたから)、
それからは たくさんチュッチュしてsolaちゃんができたんよね。」


おもむろに買い物の途中にそんなことを自慢げに言い出すのでおかしかった。

「すごいねー!!solaちゃん、よう分かるねぇ〜〜!」

と、口で言いつつ
《solaちゃん、ママたちの結婚式は、誓いのキスはなかったんよ。
それに、結婚式のときは、solaちゃんはお腹の中におったんよ。
いまどきは、結婚式の前にチュッチュくらいは済ませとんよ。》

と心の中で言葉を続けた。

これを口に出して言う日はいつ来るのかな〜♪
posted by ギャロパン at 07:33| 愛媛 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 子ども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月01日

8月のやんちゃぁ(つづき)

一度やると思い立ったら、とことんまでやる性格のやんちゃぁ。
お店で雑貨を売っていた頃のやんちゃぁが、なんでもない日に
急に思い立ってレイアウト替えをし、
細かいガラスの置物なんかを丁寧に配置替えするために
夜を明かしていたことが何度もあったものだ。
普段はグジャグジャのまま生活しているくせに、
変なところでミョーーーに細かい。
A型気質が見え隠れする部分だ。

そうして、

自分の部屋に洋服やおもちゃやビデオにDVD、漫画やCDを
きれいに収めるためには、ワイヤーラックを買い足す必要があると決定し、
床から天井まで届くワイヤーラックを3セット、テレビや本を置くために
小さめのものを2セット、次々と買い足していった。

少しでも出費を抑えたかった私がやんわりとたしなめても、
一度こう!と決めたら引き下がることはほぼない。
まあ、ワイヤーラックだから、そんなに高いわけでもないし、
この大量の荷物を片づけるのにやる気を起こして
自分で整理するのならいいか・・・と大目に見ることにした。

家族で海へ行った帰りさえも近所のホームセンターと家具屋をハシゴし、
それでも足りないものは、私が仕事から帰るのを待って、
私の車が戻ってから夕方から買いに出かけることも。
そのためには、自らsolaちゃんのお迎えに保育園へ向かうこともあった。


で、ラックを買って帰ると、すぐさま組み立てはじめ、
ほとんどの作業は、私たちが寝静まった深夜にしているので、
毎朝私が起きると、やんちゃぁの部屋がだんだんと整頓され、
きれいにレイアウトされていくのに驚いた。

ラックを組立て、まるでブティックのようにやんちゃぁの服が
きれ〜〜〜いにたたまれているのを
ほーーーーと感心しながら私は静観していた。
何を隠そう、やんちゃぁは洋服屋さんで10年ほど働いていたので
服を綺麗にたたむことくらい朝飯前のことなのだ。

一旦 綺麗に部屋が整理されていても、
翌晩には、まったく部屋の中のレイアウトが変わっていて、
夜寝ずにやっていたことがバレバレ。
(昼に寝て夜に起きる逆転生活になるため、よく朝に叱っていた)

あ、ここで余談だけど、
我が家は夫婦別寝室になっている。
とにかくやんちゃぁの私物が多すぎて、
それらのゴチャゴチャしたものと、私の美的センスは一致しない。
やんちゃぁはタバコを吸う。
今までのやんちゃぁの仕事は、朝遅くに起きて、深夜に家に戻ることも多く、
一般人の私たちとは、生活のサイクルが微妙に狂ってくる。
それに、細かいことは ここ(タイトル:巣ごもり)で書いてあるのでお暇な人は読んでね。
きっとここを読むと、夫婦別寝室に納得するであろう。


というわけで、やんちゃぁの(1人の)部屋は、見違えるように綺麗になって
とっても居心地のいい部屋になった。

3週間くらいかけてジワジワと荷物を減らし、
布団以外のすべての段ボールとプラゴミを捨てたらやっと、
区切りがついた。
8月ずっと片づけてたような…。

あとは、粗大ゴミの日が来たら完璧。
不要になった衣装ケースとテレビ台諸々がリビングとテラスに
置きっぱなし。
これが片づいたとき、「夏が終わった…」と思うんだろうな。




さて、就職活動については、細かいことを聞き出していないのだけど、
見つけてくれることを信じています。
posted by ギャロパン at 23:43| 愛媛 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 愚痴・悩み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。