記事検索
 

2006年11月29日

ブラックフォーマル

私はちゃんとしたブラックフォーマルを持っていない。

夏は夏で、紺のワンピースや、黒のカーディガンを代用していたし、
冬は冬で若い頃に買った、落ち着いたワンピースやタートルで代用していた。

今までの法事や葬式はそれで十分だった。

しかし、身内以外の葬式に出るときに
そういう代用品だと、少し目立ちすぎたり少し砕けた感じになったりして、
それも20代前半くらいなら若さで許されるけれど
30代も半ばにさしかかると、そういうのでは少し恥ずかしい。
きちんと感がちょっと薄い。

さらに、ちょっと秋ぐち、ちょっと春先なんかに法事が入ると、
夏のノースリーブのワンピースは寒いし、
毛100%のワンピースは暑いしで、ちょうどよいのがない。
白ブラウスに黒のスカートなんかで誤魔化したりするが、
集まるとやはり少し浮いている。

華やいだ場所なら少々浮こうがどうしようがかまわないが、
不幸の席や、親戚たちの間に入るときは、浮くのはあまり好ましくない。

ということで、正式にブラックフォーマルを買うことをやっと決めた。


やんちゃぁの誕生日が11月で、その特典として、安売りにしてくれるような
ハガキの案内がいくつか来ていたので、いろいろ見て回った。

と、

その前に、ネットで探してみた。
2万前後で押さえたいところだ。
すると、だいたい、1万5千円から2万円くらいでありそうだ。

で、よくある全国系の安 量販店へ行ってみた。
安物があると思っていったけど、全然高い。
3万は下らない。

次に、参考に、高島屋へ行った。
・・・。
安くて4万、いいのであれば10万以上。
はい、およびでない。

で、母が数年前に買ったオバチャン系の安いお店があるというので
行ってみたら、お店はもうなくなっていた。

最後に、ファッションセンターしまむらへ。
品揃えもなかなか・・・・値札を見ると・・!!

えっ?!

さんぜんきゅうひゃくえん?!!(3900円?!)
さんまん ではなく?!

初めの予定の10分の1の値段。
高島屋さんの下手したら20分の1っすか?

少なくとも1万を覚悟していた私は、すっかり得した気分。

ブラックフォーマルなんて、みんなマジマジと見ないでしょ?
見てもそんなに分かんないよね?

試着をして、そこそこ気に入ったものがあったので、買いましたよぉ。



家に戻り、やんちゃぁに事の次第を話してみた。

奴は昔、10年以上も洋服を売って生計を立てていたので
服のことに関してはうるさいよ。

彼曰く、「縫製が違うんよ。高いのはしっかりしとる。
それに、1度洗濯かクリーニングに出すとよくわかる、
ボロいのは、すぐヨレヨレになったり、モチが違う。」

と。

でもいいんす。
4000円でおつりがくるなら そりゃ大助かり。
それから、しまむらの中をいろいろあさると、
安くてかわいいものがたくさん。
ついつい、目移りしていろいろ買っちゃいました。

なんてこったい・…しまむら。
ブラボー しまむら。







posted by ギャロパン at 00:05| 愛媛 ☁| Comment(8) | TrackBack(0) | 思ふこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月20日

誕生日

Imgp4206.jpg

昨日はやんちゃぁの誕生日でした。
さみしい感じに写してみました。35歳。
歌を歌う間しか火をつけてなかったので、また使えるな。

2週間くらい前は、やんちゃぁの誕生日にはまた
たこ焼きの放浪ついでに遊びに行こうかなぁと言っていたのだけど、
前日は、やんちゃぁとちょっとしたケンカをして口を聞かずにいた。

翌日曜日は、どうするかなぁ…と思案していると、
あれよあれよという間にお昼になり、
外も雨だし、ダラダラと家で過ごすのがやんちゃぁにとっての
一番したいことかもしれないな、ということで、
結局、家にいた。

夕飯は、食べたいものを…ということで、
いきつけの もんじゃ屋さんへ。

家に帰ってから、昼間にちょいと私1人で出かけて買ったケーキ、
ピースのものを3つ、ろうそく立てて歌いました。

そういえば、やんちゃぁが誕生日のときって、平日で仕事の日ばかりだったので
こんなにまともに祝ったことなかったよ。

プレゼントは特になし。

そういえば、知らない間に仲直りしてた。

まあ、いっか。
posted by ギャロパン at 23:36| 愛媛 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月16日

蝶々

ボチボチsolaちゃんたちは、生活発表会の練習がはじまっている。
生活発表会というのは、よその幼稚園で言う、クリスマス会みたいなものだ。
毎年、歌や劇を披露してくれる。
年長組は、伊予万歳と、楽器と、何かお話(劇)を披露する。

年少のときは、『アリとキリギリス』
このときは、solaちゃんの役どころはケーキ。
冬に食べ物に困ったキリギリスにあげる(要は食べられる)ものだった。

年中のときは、『おむすびころりん』
このときは、意地悪婆さん役で、最後は懲らしめられる役だった。

まあ、どちらも自分で立候補して決めた役らしい。

そして今年は、『たこ焼きマントマン』
レッド・グリーン・ブルー・イエロー・ピンクの主役たちが
畑を荒らすモグラをやっつけるという話らしい。
要は、○○レンジャーとかの5色ヒーローものとアンパンマンを足して2で割ったような感じかしら?

役を決める前に、
先生は、いろんな役の台詞を言わせたり、
みんなでパートの歌を歌ったりして、
だんだんなりたい役を絞らせていくらしい。

solaちゃんは初め、蝶々とモグラとピンク(たこ焼きマントマン)で役どころを悩んでいた。
蝶々はまだしも、モグラって、悪いことして最後は懲らしめられる役でしょ?
そんなんが したいんかな??
しかし意外にも人気なんだとか。
予想では、絶対にピンクとかに女の子集中しそうだけどな。

ここで思い出すのは私の幼稚園時代。


***************************

今も忘れない。
年長のクリスマスの出し物で、なにせ、天使の役をやりたかった。
仲のよいお友達と、「天使をやろうね。」と約束をしていた。
で、先生が、出てくる役を全部黒板に書き、
なりたい役を聞いていくので希望の役に手を挙げるよう言われた。
天使はどうやら最後だ。
ちょっとずつ、役が決まっていく。
女の子たちは絶対にみんな、天使の役をやりたいはずだ。
そこに人気は集中するだろう。
そうすると多分、ジャンケンか何かで決めるだろう。
だんだん、役どころが少なくなってきた。
プレッシャーがどんどんかかる。
ここで、私は子どもらしからぬ、小細工な気持ちが働いてしまった。

《天使で勝負してじゃんけんに負けたら、余った変な役がまわってくる…。
それなら、先に、天使ほどじゃないけど、少しはかわいい「うさぎ」の役で
なんとか丸く収めよう…。》


このときの心理を本当に細かく覚えている。
こんな小さいときから、安全で小さくまとまるクセがあったようだ。

で、「うさぎ」の役が来たときに、真っ先に手をあげてしまった。
「えっ!?」と思った親友の女の子も私に合わせてしぶしぶ手をあげた。
そして、無事、二人とも「うさぎ」に決まったのだ。

しかし、最後の天使役に来たとき、
予定では二人のところに、三人の希望が集まった。

 《ふっふっふ〜〜。これでジャンケンに負けた子は、
どんな変な役がまわってくるのかな。かわいそうに。》 

なんて思っていたのが なんと!!!

「思っていたより天使の役をやりたい子が少ないので、
三人共になってもらいましょう〜〜。」

《ガガガガガガガ〜〜〜〜〜ン!》


・・・・・・なんと…。

頑張って粘っていれば、天使になれていたかもしれない。

…。ショック…。

親友にも、顔向けが…。

しかし、それでもし、私たち二人が加わったとしたら、5人だから、
さすがに5人の天使は多すぎるだろう…ということで、
きっとジャンケンになったはず。
やはり、「うさぎ」でよかったのだ、と自分に言い聞かせた。


そして、クリスマス会当日。

天使役の衣装の、なんとかわいらしく可憐なこと!
オーガンジーでフワフワの薄いピンクの羽衣!
サテンのツルツルキラキラしたスカート!
どれも、当時の私好みの衣装!
それに比べて なんと平凡なうさぎの衣装!
下は丸々白タイツ!!
ここで、ざっくりと心をえぐられた。
後悔先に立たず…。
ものすご〜〜〜〜く後悔しました。
最後まで粘って「天使」を選ばなかったことに。


***********************

こんな話をsolaちゃんにしてあげて、
solaちゃんは、本当は何になりたいのか、考えて!と
念押しをした。

悪いことをするモグラになりたい理由は、
去年の「おむすびころりん」のときのネズミの衣装が、
耳つきのかぶりもので、思いの外かわいくて、それが印象に残っていたらしい。
それで、ことしもモグラの衣装がかわいくなるだろう、と予想をしたらしい。
(ちなみに、保育園では、衣装は全部 先生が作ります。
親は全くノータッチ。ありがたや、ありがたや。先生お疲れさまです。)

うーーーむ、なんとも言い難いが、
果たして、モグラのかぶり物がかわいく仕上がってくるだろうか…?
ネズミのような大きな耳もないし、
目なんて、ないに等しいでしょ?
かわいくないかもなぁ〜〜。

と、また、大人の入れ知恵をしてしまった。

蝶々は、確かにかわいい衣装ができそうだ。

そしてなんと言っても、ヒーローのピンクは人気が高そうだ。
ピンクの好きな女の子は多いからね。

でも、私の後悔した話を聞いて、solaちゃんの心は決まった!!

たこ焼きマントマンのピンクだ!

よし、それで臨め!!

と勢いよく保育園に送りだし、
なかなか役を決めていなかったのだけど、どうやらようやく決まったようだ。

結果は…

「チョウチョ」

う・・・ん、まあ、いっか・・・。

「でもsolaちゃん、本当はピンクがよかったんやけどなー。
先生が蝶々に決めたんよ。」

まあ、先生も苦渋の選択だろう。

一番初めに、solaちゃんは、かわいい衣装を作ってくれる、という先生の口車に乗り、「チョウチョ」を希望していたらしいので、
きっと、最初から「ピンク」を希望していた子たちを優先したのだろう。

あーーーーーー
私がいらん入れ知恵をしたもんだから、
solaちゃんが過剰な期待をしてしまって
よけいにガッカリさせたかしら。

「チョウチョは飽きたんよ。」
(初めにチョウチョになりたくて、チョウチョの歌ばかり歌っていたので)
と、ガッカリモードに、
「かわいい衣装が着られるけん、ええやん。」と
精一杯の慰めをした。

さて、これからまた、毎日 家ではsolaちゃんの1人オンステージ兼練習がはじまる。
それに合わせて、私も一緒に歌を覚えさせられる。
今日は、誰が何の役をするのか、覚えさせられて、
solaちゃんの「チョウチョ」役に至っては、並ぶ順番まで何度も言わされた。
solaちゃんは三番目なんだって。

私も必至っすよ。

それもええけど、伊予万歳もたのむよ〜〜。

posted by ギャロパン at 01:14| 愛媛 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 子ども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月14日

ダウン〜〜

この3日間の疲れがでたか?

夜中の2時過ぎ、胸がムカムカするので目が覚めた。
トイレに行くと エイリアンのように口から体内物が
ガーーーーっと出た。

少し収まって水を飲んで布団に入る。

しばらくするとまた、気持ち悪くなってトイレへ。
さっき飲んだ水と昨日の食べた物がまたドーーーーッと出た。
体中の毛穴という毛穴からジワ〜っと脂汗が染み出る。

少し収まって水を飲んで再び布団へ入る。

この繰り返しが何度も何度も。

朝の6時半に目覚ましが鳴るまで続いた。

ムカムカが収まらず頭を起こすこともできず、
母にヘルプの電話。

solaちゃんの保育園へ連れていくのを頼む。

寝てないのと吐き続けなのとでグッタリ。
どうにか、病院までは頑張って行った。

点滴をしてもらって仮眠して帰った。

午後も爆睡。

気持ち悪いのがなかなか収まらない。

夕方にやっと、少しうどんを食べて薬を飲んで
その後も休んで、さっきやっと、ムカツキが収まった。


起きるとすぐパソコン??
パソコン中毒やな。


posted by ギャロパン at 23:34| 愛媛 ☁| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月13日

享年102歳

昨日、私の祖父が亡くなった。
満で100歳、あとちょうど1ヶ月で101歳になるところだった。

このブログにも、以前のHPの日記にも たびたび出てきた私のじいちゃんで、
グループホームにもう5年ほどお世話になっていた。

この1,2ヶ月は、いろいろと体の調子を崩し、
病院へ入ることになって、だんだんと寝たきりの時間が増えたけど、
特に大きい病気を持っていたわけではなく、
まあ広い目で見ると老衰ということらしい。

グループホームに入ってからというものは、ほぼ毎週末、
おじいちゃんを訪問するのが私と母とsolaちゃんの日課ならぬ週課だった。
実際、おじいちゃんを訪問しても、solaちゃんは
ホームのヘルパーさんたちと遊ぶのが目的だったので、
その日の訪問の最初と最後の挨拶がおじいちゃんとの主な交流だったのだが、
それでも祖父は、solaちゃんには特別な反応を示しており、
それは、誰の目から見ても明らかだったので、
その喜ぶ顔見たさに連れていっていたものだ。

それが、先週末は、solaちゃんが風邪を引いており、
咳を結構していたので、老人だらけの抵抗力のない人たちの部屋へ
連れて行くわけにはいかないと判断し、
母だけが洗濯物を取り替えに行き、私とsolaちゃんは顔を見ずに
病院の下で待っていたため、そのとき顔を見なかったことは少し悔やまれる。

とはいえ、祖父とは、グループホームに入所したおかげか、
この5年はたくさんの思い出が作れたので、そう後悔はしていない。

この祖父の葬式に際し、
叔父・叔母・いとこ、兄弟と、全国に散らばっている親戚が
これほどまで一同に会することは本当にまれで、
しかも、祖父の大往生ぶりに そう湿っぽくなることはなく、
久しぶりの面々で楽しいひとときを過ごした。

これも、祖父が会わせてくれたんだな。
祖父のおかげの再会に感謝。






posted by ギャロパン at 00:31| 愛媛 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月12日

昨日の夜11時くらいに、solaちゃんとお風呂に入っていた。
子どもが夜の11時なんて遅すぎるのだけど、
休みの前日で、私も気が緩んでしまってすっかり遅くなってしまった。

solaちゃんも夜は目が堅い方なので、平気で起きていられる。

やんちゃぁは、新しい支店長の歓迎会とかで、飲み会だった。

家には私とsolaちゃんだけ。

で、二人で入浴中に、突然にお風呂の電気が消えた!!

消えた瞬間に私はとっさにやんちゃぁの仕業だと思ってしまった。
やんちゃぁは、ちょっとしたイタズラや意地悪をよくするので、
こそっと帰ってきて、こそっと電気を消したのだと思い、

「こら!やんちゃぁ!!(ここ名前)」
と叫んだ。
電気が消えてから叫ぶまでは ほんの2秒ほど。

すぐに電気をつけるだろうと思っていたのだけど
なかなか明るくならない。ここまで電気が消えてから5秒ほど。

暗闇が大嫌いなsolaちゃんが、ワーワー泣き出した。
私にしがみついて私の身動きがとれないほどの力。

それから3秒ほど待っても電気がつかないので
しがみつくsolaちゃんを片手で抱いて浴槽を出て、
お風呂のドアを開けてもう一度

「やんちゃぁ!!(名前)」

と叫ぶが返事もないし気配もない。

そういえば、電気をつけていたリビングも洗面所も全部電気が消えている。
ここまで、電気が消えてから15秒ほど。

solaちゃんは、暗闇+誰かやんちゃぁ以外の知らないおじさんが家に入ってきて
電気を消したのかと錯覚し、さらに発狂。
メチャクチャに泣き出した。

私も一瞬、まさか、変な人入ってないよね…というくらい、
外の嵐には一切気づいていなかった。

で、よく見ると、庭の方がぴかぴか光っていた。
そこで初めて雷?!!と気づいたのだ。

ここまで、電気が消えてから20秒ほど。

そのあと、solaちゃんを落ち着かせるように
「雷だから大丈夫、すぐに電気がつくから。」となだめて、
でも、全然泣きやまない。

このまま電気がつかなかったら困るなぁ…と思っていると
やっと、電気が復旧。

多分、電気が消えてから復旧するまで、1分あるかないか?(だよね?)

ものすご〜〜〜〜〜〜く長く感じた1分でした。


夜更かししていたバチが当たったかしら。

お風呂を出る直前だったので、それからサッと出てサッと寝ました。

完全に濡れ衣を着せられたやんちゃぁ。
しかし、普段の行いが、そのようにさせるのだよ、やんちゃぁ。



しかし、話はまだ続きが…。

朝、顔を洗おうとお湯を出そうとしても出ない。
待っても待っても出ない。
もしや、昨日の停電が原因?

ガスレンジはつくので、給湯器系だな…と目星をつけて、
外に出て給湯器をいじって いろいろ試みるけど、給湯ができない。

ということで、四国ガスに電話した。
どうやら、昨日の停電のせいで、同じような症状の人たちから
たくさん電話がかかっていて、対応にてんてこ舞いだった。

結局、ガス屋さんに来てもらって、給湯器のコンセントを抜き差しして、
リセットボタン(?)を押したら復旧しました。
忙しいガス屋さんに来てもらって申し訳ない。

いや、電話口で一度、「コンセントを抜いてもう一度さしてください。」
と言われ、それを試したのだけど、お湯は出なかったの!本当に。

なのに、ガス屋さんが来たらすぐに出たの。

おかしいなぁ。なんでだろ。

posted by ギャロパン at 00:54| 愛媛 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月10日

かわいい店見つけた!

ローカルの情報誌で見つけてから
いつか行きたいと思っていた軽食&カフェ屋さんへやっと行けた。
場所は松山市の中でも結構人里離れた場所。
ポツンとした感じでたたずんでいた。

建物見た瞬間、これはやるかも、と思えた。
061105_2.jpg

今ハヤリの人気のカフェというのとは少し違う。
個人の人が1人くらいバイトを雇ってちょうどいいくらいの
こじんまりとした大きさ。

店内に入ると、やっぱりかわいかった。

手作りっぽい内装。
店主の趣味がうかがえる小物や装飾。
こだわって探しました、つけました、という感じの建具や取っ手に金具。
置いている雑誌も、下世話な派手派手しいものはないよ。
いかにもこれを見てお店の参考にしました、という
雑貨や家具中心のシンプル生活を推奨する雑誌。
もしかして、建物もご自分たちで造った?!という
手作り感たっぷりの造り。

どれを取っても、何を見ても、かわいい雑貨屋さんへ入ったような
ワクワク感と「は〜〜!!かわいーー!!」と言いたくなるものばかり。

内装の写真撮ってなくてごめんなさい。

平日は1000円のランチがあるけど、
私の行った日曜日は定食が3つほど。
solaちゃんは唐揚げ定食で、
私はひじきご飯定食。
Imgp4161.jpg

あー、食器も私の好きなもの揃えてるーー!
こういうのに入ってるだけで、すごい定食に見えてしまう。

solaちゃんが思いの外たくさん食べたので、少し腹7分目。
あと少し何か食べたいな。
デザートは…。

これまた、どれも惹かれるものばかり。
母は、バニラアイスのきな粉と黒蜜がけ。
私は、芋と栗のタルト。(だったっけ?)
solaちゃんは、クリームソーダ。
061105_1.jpg

どれも小さいかわゆいお盆に乗せて、
これまたかわゆい手作り風コースター。
そしてどのデザートにも、凍らせたラズベリーが。
見た目にも味としても赤がピシッとしまって、これまたいい感じ。

店内は小さく、3つのテーブル + ロフト。
ロフトにはテーブル4つほど(?)。

トイレなんか入ったら、感激の嵐。
掃き出し窓の格子窓一つとっても、かわいい。

入ったときは、誰もお客さんいなくて、一瞬お休み?と思ったけど、
私たちが帰る頃には駐車場も埋まり、店内も結構人が入ってきた。

店を出ると、
なんだかかわいい雑貨屋さんを見てきたような
満足感と高揚感が残った。

雑貨好きな人にはオススメ!!


*****
県道23号線沿いで、中野町です。(東温市手前のギリギリ松山市)



posted by ギャロパン at 01:31| 愛媛 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月08日

ピュアだのぉ…

さて、我が子がサンタさんを信じ込んでいる話は
ここ でしたのだけど、
どうやらサンタさん以外にも、
solaちゃんは仮想と現実がごちゃ混ぜになっているようだ。

というのも、

少し前に、『古畑任三郎』のSPドラマをしていて、
スマップの5人が犯人になって人殺しをし、
田村正和にトリックを暴かれてしまう、というのをやっていた。

solaちゃんは、特にスマップが好きという訳ではないのだけど、
テレビ番組であちこちで見かけるので、顔は覚えている。
特に、中居君と、剛くんは あちこちで顔を出すので、
そのたびに、「スマップの中居君!」などと叫んでいる。

それで、『古畑…』のドラマを見て後日、
中居君が『うたばん』の司会で出てきたのを見てsolaちゃんは、
「なんで ここにおるん?(なんで ここにいるの?)
 中居君、人殺して警察に捕まったのに、なんでテレビ出とん?
 solaちゃん、見たんやけん。(見たんだもん)人殺すの。」

ほほう。
なかなかおもしろいことを言うな、本気かな、冗談かな、と
一瞬思ったが、solaちゃんの目は真剣そのもの。
正義感を振りかざして、人殺しが牢屋に入っていないことを主張している。

よし、ここは、solaちゃんの正義感を壊してはならん、と
「ほうやね。中居くん、悪いことしとったね。
 あれから警察に捕まって牢屋に入れられて、
 だいぶ反省したけん 今は出てこられてお仕事しよんよ。」
と教えてあげた。


で、今やっているドラマ『僕の生きる道』。
剛君主演のドラマで、剛君は自閉症の役で、しゃべり方や目線、
行動すべてが独特で、solaちゃんにとっては不思議で、
見始めたら結構真剣に見ている。
「なんであの人、あんなしゃべり方なん?」と聞いてくるので、
「病気なんよ。」
「どうして病気になったん?」
「産まれる前から病気やったんよ。」
「どうやったら直るん?」 (普段から病気には敏感なsolaちゃん)
「これはもう直らんのよ。でも、すぐに死ぬ病気じゃないけん大丈夫よ。」

と、会話はここで落ち着く。

それから数日して、『笑っていいとも』の増刊号を見ていると、
剛君が出てきた。
「なんであの人 普通にしゃべりよん?」
??
なんの事か、私は前の会話のことなんかすっかり忘れていて、
さっぱり分からなかった。

solaちゃんに画面で指さして教えてもらうまで ツヨポンのこととは
思いつかず、 「直らん病気やのに、直っとるやん。」と言われて始めて
ドラマの話がここに出てきているのだと分かった。


ほぉぉぉ。

これまた、私にはない発想だわ。
そりゃ、サンタも信じるわけだわい。

ここで、私がドラマはウソでやりよんよ、なんて教えるのは野暮でしょう!

ということで、またまた、
「あの病気はね、時々再発して、時々普通に戻るんよ。」と、教えてあげた。


同じように、『バカ』殿の気に入ったsolaちゃんは、
あれが、『志村どうぶつ園』の園長と同一人物であることを教えると、
「ええええーーーー!!そうなん!!??」

異常に驚いていたことを今更ながら思い出される。

solaちゃんの夢を壊さないようにするのも
現実主義の私には難しいわい。
posted by ギャロパン at 00:03| 愛媛 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 子ども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月04日

プチびっくり

最近のびっくり話。

11月に入り、ボチボチ写真屋さんは、年賀状のデザインチラシなんかを
折り込みに入れてきた…・・・

と、


ふと見ると、ウリ坊やイノシシの図柄が・・・・・


えっ!!??

え゛ーーーーー!!!


本当に忘れていました。
次は年女だ。
うっわ〜〜〜!!
36歳なんてまだ先だと思っていたけど、

きちゃったねーー。

34歳までは、まだ現実をウェルカム状態で受け入れていたけど、
5からは迎えるにあたって ちょっと気合い入れるなー。




も一つのプチびっくり。

ナショナルの食器洗い機が作動中に発火する問題があがり、
無料部品交換?するとかで・・・

我が家もナショナルの食洗機なんですけど・・・

と、新聞で書かれているのをじっくりと読むと、
2002年前後に購入の品番が N○−××××とか・・・

2002年といえば、そういえば、我が家が買ったあたりじゃないかなぁぁ。
と、ふと品番をチェックすると・・・


ビンゴ!!!


なにをっ?!

えーー!
部品交換しないと発火する??

慌ててフリーダイヤルに電話したけど、
回線が混雑中でつながりません。

ほとぼりが冷めるまで2,3日待つことにした。

で、今日、電話してみると、
確かに品番は該当品番だったけど、
製造ナンバーを言うと、違ってたみたい。

一安心。
よしよし、またフル活動してもらうぞ。




最近のちょいとビックリ話でした。
posted by ギャロパン at 00:19| 愛媛 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 取るに足りないたわごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。