記事検索
 

2007年04月30日

小学校生活

さて、小学校生活も3週間が経ちました。
今のところ、順調な滑り出しです。

同じ保育園からは、solaちゃん入れて6人、
同じマンションからはsolaちゃん込みで4人、
一緒の小学校に通うことになり、
同じマンションの女の子3人は、みんな同じクラスになり、
クラスでも、学童でも、顔なじみの友達がいて、
更に物怖じしないsolaちゃんの性格もあって、
児童クラブも小学校も、早々に楽しんで行っています。

そして、最大の懸念であった早起きの件。

今年の正月明けから、どんなに早く寝ても
どうしても5時半に起きられなかった私。

しかぁ〜〜し!!

人間、やる気になったらやれるもんっす!

入学式の翌日からは5時半にはパッキーーーンと目が覚め、
2週間、弁当づくりに励みました。

耳元で目覚ましが かなり激しくジリジリ鳴っても
起きなかったsolaちゃんも当然、自力では起きられないけど、
何度も何度も起こし、しまいにゃぁ 怒鳴って布団を剥いで、
キレ気味に起こすと、どうにかsolaちゃんも6時過ぎには
起きるようになりました。

マンションの下に7時10分集合。
そこから、本来の登校班の集合場所まで歩いて5分?
初めの1週間は、集合場所まで着いていったけど、
子どもたちは朝からハイテンションで横には広がる、
走る、急に止まる、自転車にぶつかりそうになる、と前途多難。


私にとっても、solaちゃんにとっても小学校生活は
初めての出来事がたくさんあって、確かにとまどい気味です。

まず、小学校は学期初めのせいもあるかもしれないけど、
とにかく連絡事項が多く、行事事が多い!!

毎日毎日、5,6枚の連絡プリントを持ち帰り、
それに1枚1枚目を通すだけでも時間がかかるのに、
やたら、ナントカ調査票だの、ナントカ承諾証だの、
ひどいときには、全く同じ身上書を2枚も書かされた!

内容は、緊急連絡先とか、自宅の地図とか、
家庭内の事情とか、事細かにたくさん書かないといけないやつで、
色違いの2枚の用紙で、保健室用と職員室用と言われたけど、
これ、どちらか1枚を書いて、コピーしたら???
と、無駄ぶりにちょっとイラつきました。
まあ、先生の労力を省いたんだろう…。
でも、せいぜい1学年2クラス程度で100人に満たないレベルなのに、学年毎で手分けしたら大した労力でもなさそうなんだけどな。

そして、第一週には入学式、第二週には参観日とPTA総会、
第3週には家庭訪問と、毎週仕事を休みかもしくは早退せねば
ならないような用事があって、
GW明けも、翌週には朝の旗当番や、更に翌週はまた参観日。
まあ、参観日は毎月あるので、大事な用事のとき以外は
毎回出席しなくてもいいらしいけど。

あ、参観日といえば、
第1回の参観日は、1時間目、8時35分からでした。
1時間目が終わっても9時20分て、
私が仕事で家を出る頃にはもう、1時間目終わってるんだ〜〜。
世の中は早いわぁと、変な感心。

私は、小学校の授業を見るのなんて久しぶりで楽しみにしていて、
その後のPTA役員決めのことを考えると気持ちは重いけど、
とにかく、興味津々で出かけました。

25人しかいない教室は、初めはなんだか少ない気がしたけど、
慣れてみるとなかなか、先生の目も行き届きやすくて
いい人数配分だと思いました。

授業は国語。
春の楽しい動物たちの絵や、森の中の様子の絵を見て、
みんなで何を話しているのか、想像して発表しあうのがメインでした。

別に知識も字の読み書きも必要ない、
想像力さえ羽ばたかせれば難なく発表できるとあって、
子どもたちはほぼ全員張り切って手を挙げています。

solaちゃんも先生に当てて欲しくて、
指先までピンと伸ばして必死です。
そして、当てられた子は「ハイ、○○です。」と、
答え方が小学生らしくなっているのもおもしろいし、
「おなじで〜〜す!」とみんなが声を揃えていうのもおもしろい。

とっくに終わった質問を、子どもたちがしつこく答えているのも、
あぁ、言いたかったんだな、と
微笑ましく見ていると、教室の後ろから泣き声が…。
最初はクスン、くらいだったのが、そのうちワーワーに。

先生、参観日のこんなときに子どもに泣かれてさてどうするか…?
と思いきや、なんとも落ち着いた対応でした。
どうも、お母さんがなかなか来ないので悲しくて泣いたらしい。
「ちょっとみんな、ごめんね。」と言って
優しく近寄り、適度になぐさめ、授業を再開し、
あくまで授業を長時間中断したりしません。

その後もなかなか泣きやまなくて どうするかねぇ…と思った頃
やっとお母さんが登場で、父兄共々ホッとしました。

入学式のときは、ちょっと若い先生かな、と思ったけど、
あの落ち着いた対応ぶり、子どもたちの暴走を
軽く流したりたしなめたりする場面を見て、同世代だな…と
ふと思ってしまいました。
もし、かなり若かったらごめんなさい。


PTAの役員は、我が小学校は人数が少ないので
全員が何かの役につきます。
もちろん、働いている人もいない人も区別なく
クジかジャンケンで決まっていくので、
何になっても文句なしです。
まあ、それぐらいの方がわだかまりなくていいかもね。

私は、家庭教育部、という役の中でも、
更に細分化された係りを決めるとき、
ジャンケンに最後まで負け続け、最後に余った係りになる、
というダメぶりだったのが、
なんとも幸運にも私たちのグループは
係りの中でもやっかいな「学級委員」を立候補してくれる人が
いたので、その難を逃れることができました。

学級委員になると、なにかと学校に出向かわないといけないことが多く、しかも、執行部と末端の係りの連絡係だったり、
ややこしいらしい。

いや、私は、その仕事をすることがイヤなんじゃないんです。
もし、仕事がなければ、学級委員だろうが、PTA執行部でも
やれと言われればやってやろうじゃないか、という気合いはあるけど、
ただでさえ小学校の行事で仕事を休みがちな上、
必要以上に仕事を休むことになると、
今度は職場の方に気が引けるし、
例えばそのことによって、自分の仕事が滞ったり、
周りの人が私の分までやらないといけなくなると、
私はそちらがストレスになってしまうので、
やはり、仕事は優先です。
父子家庭は大変だぁ。

ちなみに、会社の人たちは、私が休むことは快く受け入れてくれるし、
普段のコミュニケーションの成果もあって、
迷惑が少々かかっても許してくれます。
とても恵まれた職場環境には違いない。
ただ、それに甘んじていては、ダメなことも分かっているので、
そこらへんのバランスの取り方が、難しいなぁ…という感じです。

でも、なにせ人数が少なく、6年間のうちはいつか、
学級委員にならないといけない確立が高いので、
早い内にやってしまおう、という計算もあったと思われます。


一方、solaちゃんの方は、
児童クラブでは既に「お調子3人組」というネーミングをされ、
既にかなり調子に乗っているようです。
1人の友達に固執しないタチなので、休み時間は
取っ替え引っ替え他のクラスの友達とも遊んでいるようです。

保育園の頃から、そういう傾向にあったsolaちゃんだけど、
小学校に入って、連みがちな女の子たちのグループにちゃんと入れるかどうか、ちょい、心配ではあります。




そうして、朝早くからハイテンションをキープし続けて夕方まで
お昼寝なし。
そりゃもう、家に着く頃には眠くもなりまっせ。

保育園の頃は、10時間寝てさらに、1時間以上はお昼寝だったはず。
1月からはお昼寝をなくしていく…と言いつつも、
子供らのリズムがなかなか直らなくて、結局最後まで
お昼寝はしてたから、やはりお昼寝なしはキツイだろうな。

とにかく、家に帰ったら何が何でも早く寝かせるために
お風呂に入れ、急いで夕飯を作り、とにかくとにかく、
1分1秒を争って出きる限り9時前までに布団に入れるように
努力してます!!

てゆーか、本来なら、これは、保育園のときから
習慣づけないといけなかったんだろうけど、
今頃になってやっと、早寝させるために頑張る日々です。

よそのお母さんはみんな、本当に頑張ってたんだなぁ…。

今から考えるとホント、
保育園は楽でした…。
働くお母さんのために、ホント先生たちは頑張ってくれてました。
と既に切なくなってしまいました。



とまあ、書きたいことをためすぎて長くなってしまいましたが、
平日は1分1秒を争って早く早くを心がけながら布団に入るので
一緒に寝がちな私は、更新はおろか、メールチェックさえも
おろそかになりがちですが、みなさまどうぞ、お見捨てなきよう。




posted by ギャロパン at 12:26| 愛媛 | Comment(3) | TrackBack(0) | 子ども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月17日

小学校通い始めました

全国1億3千万人のsolaちゃんファンの皆サマ(?)!
更新が遅れて大変ご迷惑(?)をおかけしております!

とうとう小学校生活はじまりました。

入学式はもう、1週間も前のことになってしまいました。
入学式の更新を待っていたことと思います。

入学式の日は、
珍しくやんちゃぁも参加。
solaちゃんのイベントに関して仕事を休んでまで
登場したのは今回、初のことと思います。
なんでだろう…?
ま、とにかく、普段は、よそのお友達のお父さんは
よく登場するのに、珍しく登場したやんちゃぁに
solaちゃんはご機嫌でした。

入学式の翌日、会社に行くと(メールでも)友達みんなに、
「ギャロパンさん、さぞ涙涙だったでしょう!」
と言われましたが、
今回、涙は1滴も出ませんでした。

いや〜〜〜、
それなりの感動はありましたよ。
でも、
卒園式のような、思い出の地を去る、という感慨はなく、
初めて踏み入れる小学校の雰囲気を味わったり、
久しぶりに見る学校の式典の運びを「ほー」と思いながら見たり、
保育園ではあんなに見えた年長さんたちも、
小学校の5年生6年生のお兄ちゃんたちと比べると
なんと小さくて頼りないことか…。
「大きくなって…」という感慨よりは、
これからちゃんと、やってけるかなぁと不安が先立ちます。
保育園のように、手取り足取り教えてくれる時代は終わったからね。

solaちゃんの小学校は、元々マンモス校だったのが、
分裂したのと子どもの減少もあって1学年2、3クラス程度、
1クラス25人程度のこぢんまりとした感じになっております。

式も、広い体育館を有効に使うために
壇上を使用せず、体育館の真ん中に演説台を置いて、
周囲の四方を在校生と新入生が向かい合わせ、
父兄たちが二手に分かれて向かい合わせ、という
少し変わった形でした。

せっかく家族で入学式、そしてちりかけの桜のもと、
入学式らしいショットと撮りたくて
たくさんの荷物をもちつつ、ナイスショットポイントに行くと、
撮影の親子が順番待ち。
さらに、同じマンションの最近仲良くなった友達とsolaちゃんが
3人でつるんで大はしゃぎして かなりのハイ状態のため、
落ち着いて写真撮影の運びとはなりません。

結局、入学式の撮影は、
一旦お昼を食べて、ランドセルを持って、
改めて桜の場所へ行くことにしました。

学校には車が乗り入れできないので、
車で行ける桜ポイントに行き、早速撮影。

いわくつきの焦げ茶のランドセルを背負い、
いいショットを撮ろうと奮闘しますが、
お調子をして、なかなかいいショットが撮れません。

ま、こんな感じで…。

070409_2.jpg

いいショットを撮ろうと撮りまくり、
普段、やんちゃぁが写真に写ることは珍しいので、
父とムスメ、母とムスメの写真を撮り、
ついでに、私とやんちゃぁのラブラブ写真(?)を
solaちゃんが撮影してくれて、
帰ったらマンションのお友達と遊ぶという約束をしていた
solaちゃんは、サッと撮って「はい、帰るよ。」と
私を促し、神社でお参りをして帰りました。

この日は朝から徒歩で小学校を往復し、
そのあとの撮影もあって、グッタリ疲れ(私が)
午後はグダグダしていて気づかなかったのですが、
せっかくの家族水入らずの写真を撮るチャンスだったのに、
すっかり忘れ、二人ずつの撮影しかしてなかった!ことに
少し後悔しました。

やんちゃぁがちゃんと背広着て写真に収まるチャンスは少ないのに…。

まあ、しょうがない。


小学校までは大人の足でも15〜20分ぐらいかかるかしら。
子どもの足だと下手したら30分はかかるかな。
毎日重い荷物を持って行けるかしら…
一抹の不安を抱えて、小学校生活スタートしました。


この1週間、小学校生活編は次回で。



posted by ギャロパン at 09:24| 愛媛 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 子ども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月06日

幸せってなんだ?

グチを言い出したらキリがない。

それを言うことによってストレス発散できたり、
友達とおしゃべりを より楽しんだりすることはよいけど、

いつもグチばかり言って
人のことばかりうらやんだり、
どうせ私なんか…どうせ我が家は…
なんて ひがんでいては、すぐそこにある幸せに
気づくことができない。

こんな不幸なことはない。

幸せって、ふと、足下を見たらあるもんだから。


常々、日頃から、自分の幸せを見つけて
せっかくの今の自分の幸せをかみしめよう…
ってスタイルで生きている私。

でも、気持ちが弱くなって、ついつい、
うじうじと過ぎたことを悔やんだり
こんな春の日には不安になったりしてしまう。




会社のお友達と他愛もないおしゃべりをしていたときのこと。

会社のお友達のほとんどは、まだ独身で、当然子どもはいない。
私はよく、子どもネタとしてsolaちゃんの話をする。

ようやく、文字の読み書きをボチボチできるようなったsolaちゃんは、
保育園でもやっていた遊びの一環で、
簡単なお手紙を書いて私とやりとりする。
…という話を会社でしていた。

たまたま同じマンションに同じ会社の女の子がいて、
solaちゃんはその娘が大好きなので、お手紙を書いた。

「だいすきな ○○ちゃんへ
 ○○ちゃん ままのことすき
 すきならちゅしてよ
         そらより」
(ママのこと好き?
 好きなら、チューしてよ)

たどたどしい字で、句点も読点もなく、解読するのに
ちょっと時間かかるけど、かわいいこと書いてるでしょ。

こんな感じで、

色紙の裏やかわいいメモ帳でかんたんな手紙を書き、
二人で決めたレターラックにお手紙を入れて
お互い(私とsolaちゃん)がそのラックを介して
お手紙のやりとりをする。

こんな他愛もない話を、会社の女の子にしていて、
ある1人がふと、

「ギャロパンさん(当然ここは本名よ)、
幸せですね〜〜。」
と、しみじみと言ってくれた。


おっ。
そっかーーー。
これってホント、客観的に見たら
幸せの図だねーーー。

まあ、子どもに関しては、そういう些細なことで
幸せを感じる事っていっぱいあるけど、
いっぱいあるからこそ ちょっとマヒしちゃって
気づいてない部分があって、
人に言われて改めて気づかされた。

すると、なんかちょっとうれしくなって、
ホントに幸せな気持ちになってきた。


さっき、1リットルの涙を見ていた。
泣きすぎで目が重い。

普通に健康に生きてることが
こんなにも幸せ!!って改めて気づかされた。


あなたの今の幸せは何ですか?
posted by ギャロパン at 00:44| 愛媛 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 思ふこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。