記事検索
 

2008年07月29日

プール当番

この猛暑の中、小学校のプール監視当番に当たっていたのが今日。

この当番、去年は、PTA執行部の中に児童クラブの父兄がいたので、
児童クラブの先生が代理に出席したら、児童クラブの保護者は
当番を免除されていた、らしい。

そんな裏の話は知らないから、
去年、夏休み前、娘が学校の夏休みプールを利用する申し込みをするとき、
監視当番も1回はするように申し出ていた。
そりゃ、娘はほぼ毎日 児童クラブから直行するわけだから、
申し訳ないな、と思っていたし。
そう思った児童クラブの保護者は結構いて、みんな仕事があっても、
監視当番ができる人はそれなりに申請していた。
でも、知らない間に、免除されてたみたい。
当たらなくてセーフ!と思っていたけど。

なのに、今年は、申込みの段階から、児童クラブの人は「じ」と
申込用紙に記入してください、と、特別のお達しがあった。

毎日最低二人は、児童クラブの保護者から監視当番に出てもらう、という
決めごとに 今年は変ったみたいで。



このことは少し物議をかもした。

私たちは、別に当番を逃れようと、楽しようとした覚えは全然なくて、
昨年もちゃんと協力体制でいたのに、当番に当たらなかっただけだ。

でも今年になって急に、何が何でも毎日出てもらう、という感じが、
いかにも、「児童クラブの保護者だけ優遇されすぎているから、
今年は絶対に当番やらそうぜ!」的な話し合いが、執行部の中であったのだなぁ…
とにおわせる。

当然、私たちは気分が悪い。

そのことをどうしても言わなくては気が済まなくて、
夏休み前にプール使用の申し込みをするときに、
その申込用紙に、PTA執行部宛てに、文句をつらつらと書きつづって提出した。

そりゃ、児童クラブの保護者だからって、当番を免除するという特例はなくしてくれてもいいけど、
別に無理に毎日2人が出るように決めなくてもいいんじゃないですか?!!って。(もっと丁寧に)
学童の人も、そうじゃない人も、いろんな事情があって当番に参加できない人もいれば
参加できる人もいる。

更に、事情はどうあれ、絶対的に学校に非協力的な人と、協力的な人がいる。

だから、協力してくれる人たちで、別に学童とか関係なく、当番を割り振っていったらいいことじゃん?

なぜ、学童の保護者だけ、絶対的に毎日出席させられないといけないのか?!

せいぜい、50人前後の保護者から毎日2人って、学童以外の保護者よりも確率は高いってことよ?!
それは、冷遇じゃない???

あーーー、書いてたらまた腹が立ってきた。



まあまあ、そんなこんなで 文句をつらつらと強気に書いて提出した後の
今日の私の当番だから、PTA執行部の人はきっと、私がどんな人なのか、
興味を持って見てくるだろうと思うと、それだけで憂鬱だった。
といっても、書いたことは後悔していない。
来年は申し込む前から、その冷遇をやめろ、と言うつもりだ。

で さらに、この猛暑の昼の日中に2時間以上も屋外で・・・
私は夏の直射日光にさらされると決まって、頭痛がガンガンして、
本当に体がだるくなって、気分も悪くなってくる。

果たしてどうなることか…。


既に、プール当番を終えた友達から、とにかくタオルとお茶を持ってって、
ジーパンはやめておいた方がいい、(汗でくっつくから)というアドバイスをもらっていた。
日傘や帽子も当然いるかと思ったら、ちゃんと、監視席に、それぞれパラソルがついているので
日傘はかえって邪魔だ、という貴重な意見も頂戴し、今日に臨んだ。

ただでさえ、家にいるだけで滝のように汗が出るこの汗っかきな私。
フェイスタオル1枚くらいじゃ足りない。
そして、日よけにもなるし、バスタオルを持って行くことにした。

帽子は、私の滝汗で蒸れるし、脱いだ時無残な状態になるし、
サングラスとサンバイザーで光を遮ることにした。

サンバイザーって、自転車乗ってても脱げないし、広く顔を太陽から守ってくれるし、
髪型がそう崩れることもないので、わたし的には気に入っているのだが、
やんちゃぁに言わせると、「完璧なオバチャンスタイル」だそうだ。別にいい。
紫外線から機能的に顔を守るためなら。


1時半からのスタートなのに、集合時間は12時45分。
集められて簡単な説明があるけど、5分くらいで終わる。
それから30分以上はすることない…。

まあ、気の早いキッズたちが、30分前くらいからボチボチ来だすし、
毎日、近くのスポーツクラブのスイミングコーチが一人ずつ監視のお手伝いに
来てくれるので、その人をお迎えする必要もあるし・・・
でも早すぎね?

プールサイドの四隅と、後方の一辺に保護者の監視員、
前方の一辺にスイミングクラブのコーチが監視として立たれ、
計6人体制でプールを見守る。

保護者は、執行部の方々が5、6人、雑務をいそいそとこなし、
監視員としての一般の保護者が10人。
合計で毎日、15人前後の保護者たちが監視として立ち会う。
こんなにいるかなぁ…と思うけど…。
なんかあったときが怖いから、責任を分散するためか?

プールサイドの監視にはパラソルとパイプ椅子のセットがあり、
幸いに直射日光にさらされることなく椅子にも座れる。
080729_1.jpg

しかし、プールサイドってコンクリ??
水をまいてもまいても、照りつける太陽の熱によって、熱気はムンムン。
執行部のリーダー的な人が、プールサイドで水をまいてくれるけど
追いつかないほどに暑い。(写真の人は、一般の保護者です)

プール遊びは20分遊び、5分間休憩を4セット繰り返す。
監視員は、2グループに分けられ、20分監視をすると、人数確認して
別のグループと休憩の間に交代をする。
交代と言っても、プールサイドの席から、見学席に変わるだけだけど。

水辺にいると、ほんのりと冷たい空気も流れてくるし、
見学席は少し高台になっているので風通しがよく、
080729_2.jpg
家の中でダラダラするしんどさと、さほど大差はなかったように思う。

1時半から1時間半のプール遊びを終えると、
簡単な片付けと、更衣室の掃除、反省会等あり、
結局 解散するのは3時半。

12時45分に集まってからほぼ、3時間もこの炎天下にいたわけだ。

でも、常に日陰だったから、想像していたよりはしんどくなかった。

1時間半もボーっとプールを見つめるだけなんて、退屈かなぁと思っていたけど、
子どもらがプールで遊ぶのを見ているのは、それなりに楽しめた。
娘をはじめとして、児童クラブの顔見知りの子供たちも、何かある度に
私の方へ寄って来ては何か一言二言交わしてまた去っていく、という感じで
相手してくれるので、おもしろかったし。


児童クラブの子供たちは、ほとんどの子供がほぼ毎日プールを利用するのだけど、
他の子供たちはそんなに集まらないのかなぁと思っていたら、
意外にも多くて90人弱もいた。

浮き輪も持ってきていいし、水着もいろんなのを着て来ていたので
プールは思ったより華やかだった。

女の子は、ビキニの子もいれば、ピンクのワンピース風な子もいたり、
自由な感じだった。
solaちゃんも、去年まではかわいい水着を着てったけど、
今年は新たに買わなかったので、地味な水着で過ごしている。
来年は可愛いの早めに買おうかな。


さて、
プール当番仲間に知り合いはおらず、執行部の中では私は多分
敬遠される身なので、おしゃべりも弾まず口数少なく終わったけど、
私が執行部にモノ申したことは、何か波紋を起こせたのだろうか…。
あまりそういう空気も感じずに(案外、何も起こってなかったのかも)、
平穏無事に当番を終えた。

これなら、去年の夏休みにやった、学校奉仕活動の方が
100倍も大変だったよ。

posted by ギャロパン at 23:33| 愛媛 ☀| Comment(7) | TrackBack(0) | 子ども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

夏休みはじまる

あ゙づい゙ぃぃ〜〜・・・・・

もう・・・・夏大っきらい!!



夏休み入ってもう、10日近く経っちゃいましたね。
暑い日が続きますが みなさまお元気ですか?


我が家は、それなりに、ボチボチと活動をしております。

が、梅雨があけた途端のこの暑さはいったい何だ?!

暑いってだけで、だるい〜〜しんどい〜〜〜。
家にいたらな〜〜〜んもやる気が起こりません。
家の中グチャグチャ。


よそのお宅のブログを覗いてみると
みなさん、最初の三連休から楽しげに活動してらっしゃる。
ダメダメぶりな自分にちょっと自己嫌悪。(ホントにちょっとだけ)
ブログの更新も手をつけられないまま7月も終わろうとしています。

そんな我が家の夏休みの足取りをまとめてみます。




夏休み初日は、児童クラブの夕涼み会がありました。
7月上旬に役員としての大役を果たした私は、その勢いにまかせて
次なるこのイベントでも、オラオラぶりを発揮しました。

子どもたち相手にじゃんけんゲーム。
代表の大人一人対、子供たちが全員一斉にじゃんけんをします。
代表者に対して勝った人だけが残り、あいこと負けた人は座っていって、
最後の一人になったら軽い商品(ここでは駄菓子を買いました。総額190円)を
進展するという本当にシンプルなゲーム。

実はこれ、私の通う会社の、新歓・忘年会で恒例のゲームで、そのときは一万円をかけて
やるので、盛り上がる盛り上がる。
でも小学生は10円のうまい棒一つのために、命をかける勢いでゲームを楽しんでくれました。

水風船や花火やら、準備も最中も後片付けも大変だったけど、
子どもらが本当に楽しんでるのを見るとなぜだか力がわいてくるんだな。
準備しながらお母さん仲間とだべだべするのも楽しかったし。

帰省していたやんちゃぁも、珍しくsolaちゃんの学校行事に参加。
周りのお母さんから「旦那さん、若い、若い。」と言われ、
いつもいつも 私より若く見られるやんちゃぁに、今回もまた完敗。(同じ歳よ!)



翌、20日は、以前から申し込んでいた里窯体験
去年もやったけど、焼き物(砥部焼かな?)の形成・絵付け・焼きあげまでの工程を
体験する、一人1kg千円でできる、というやつ。
今年は私の友達も一人誘って参加しました。
真夏の暑い昼下がり、静かな考古館にて黙々と粘土形成作業をすすめ、
080720.jpg
solaちゃんはハートのお皿を2枚、かわいらしく作りました。
私はただのお皿を2枚、という手抜きぶり。絵付けで勝負。
一緒に行ったお友達はお皿にも花瓶にも、かわいい粘土細工を作ってました。
(Sちゃん、勝手に載せたけどよい?ダメだったら即削除します)
080720_2.jpg




夜は、お庭で花火。
1か月以上前から、solaちゃんが「父上が帰ってきたら一緒にする。」と言って
楽しみにしてました。
だって、母娘二人で花火しても楽しくないしめんどいし。
080721_1.jpg
欲求が満たせて満足のsolaちゃん。



さて、三連休が終わって明日からはラジオ体操!!!
・・・というときに、カードがない。

ついでに、児童クラブに持って行くものの準備をしていると、夏休みの学習帳も紛失中。

よいよいよい・・・・。

もう寝る時間過ぎてから、私とsolaちゃんとで家じゅう大捜索。
でも見つからない。

私のダメダメぶりに似たのか、solaちゃんも、荷物関係をすぐにパーっと床に広げて
なかなか片付けない悪い癖。
どちらも見つからず、ラジオ体操は、郵政局からダウンロードできるかも!と
ネットで探すも印刷できるようなのはない。

じゃあ、簡単にエクセルで作るか…とサクサクっと作っていると、横からsolaちゃんが口を挟む。
「まめゴマかリラックマのかわいいのにして!」
そうねぇ…。
せっかく手作りするんだったら、かわいいのにしようかなぁ…。

ということで、ここからチョロッと映像拝借。
これ、自分で楽しむぶんにはいいんでしょ?
どの絵にするか、なかなか決められなくて、あれも見せて、これも見せて、と
時間がかかるが、こういう可愛いの、私も好きなんよな〜〜。
ということで、できたラジオ体操カードがこれ。
080728.jpg

誇らしげな顔で、ラジオ体操行きました。

今年も私は前半は全部参加。
それもあって、朝は忙しいし、solaちゃんの弁当づくりの作業も増えて、
出社する前に顔中汗だく。化粧はドロドロ。
後半はどうするかなぁ…。

あ、それで、紛失中の夏休み帳は、児童クラブに忘れていた、というオチ。
終業式の日から、勝手に夏休み帳をやり進めていた。
で、児童クラブ1日目に既に、書き込めるページは全て終えた彼女。
早いのはいいが、中を見ると、無残なまでに雑な字。
近いうちにやり直し。







庭で育てていた枝豆がプリプリな実に成長した。
この子たちは芽が出た瞬間からダンゴムシの襲撃に会い(若い芽を完食されるところだった!
ダンゴムシコロリ爆撃を何回か施して、どうにか成長しました)
チョウチョの産卵攻撃に会い(青虫の葉を食べる勢いってすごいね!)
ショウリョウバッタの食い散らかしにもめげず、どうにか人間の口に入るまでに成長してくれたよ。
080722_1.jpg

080722_2.jpg

愛しいね。
種から育てた植物は。

途中、殺虫剤的なものを使ってしまったので無農薬とはいかないが、
手塩にかけて育てたよ。
こんな真夏に毎朝毎晩水をやったかいがあったというものよ。

お味もサイコー!








日赤にお見舞いに行った日が、たまたま七夕のイベントの日で、
ちびっこは、ただで金魚すくいやヨーヨーすくいや折り紙やうちわやお面をもらえて、
ありとあらゆる商品をせしめて帰った。

私がバァバに預けて美容院へ行っている間、20匹以上も金魚をお持ち帰りにしやがったsolaちゃん。
そんなに大量に持って帰ったって、次々死んでいくに違いない、と思ったが、
去年、3年くらい飼った金魚が死んで以来寂しい感じの金魚鉢に再び水をはると
なんだか涼しげでうれしくなってしまい、近くのホームセンターで、
川底の砂利だの、酸素が出る石だの、水草や炭まで準備して
最高の状態を作ってやった。
魚密度が高くならないように、バケツも利用し、4つくらいの入れ物に分けて金魚を入れた。
080707.jpg

のに、


のに、


毎朝 金魚をのぞく度に、動かなくなった金魚が2匹、3匹。
初めはお庭の花壇に穴を深めに掘って埋めてたけど、

毎朝、毎夕、次々と死んで行く金魚の埋める場所もなくなって、
そのうち、穴掘るのもめんどうになって、
庭の隅っこの土っぽいところを ひと堀し、金魚をポイと置くと、
うっすらと砂をかけて終わらす、という手抜きに変わっていった。

朝、埋めたとこの近くに、夕方死んでいた金魚を埋めようとふと見ると、
朝埋めた金魚がうっすら砂をかぶった状態でそのままだったので、
ちょっと興味本位で掘り返してみた。

すると・・・・


わさ〜〜〜〜〜〜っと、一万匹(?)くらいのチビアリの大軍が、
その金魚を真っ黒に埋め尽くしていた。
シャベルで持ち上げると、その下には、更に真っ黒なアリたちが
ウニョ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜っと、うごめいていた。

キモイ!!!!!!!!

が、見たい!!!!!!!!

10秒はじっと凝視してみた。

私が会社に行ってるほんの何時間かに、ここまでアリがたかって
お家に分解して連れて帰ろうとしてるんだぁ・・・
アリって、金魚も食うんだ…
自分の体の300倍くらいの大きさなのに…。
人間でいうクジラみたいなもんかな・・・。
大漁だ〜って喜んでるのかなぁ・・・

って、アリの気持ちを妄想してみました。

そして、そのアリの大群の上に、さらにもう一匹を追加して、
再び砂をかけました。


で、2週間ほどで、結局すべての金魚が死んでしまいました。
弱かった…あんなに手をかけたのに。

が、昨日また、solaちゃんが金魚をすくう機会があり、
今度は学習して、大量に持ち帰らず、デメ2匹、赤いの2匹にとどめ、持って帰りました。
準備は万端!
天日に干して、カラッカラになった炭もバラバラ入れると、
そこからふわ〜〜っと空気が噴き出て、金魚環境に一躍買ってくれました。

家に着いたころにはヨワヨワだった金魚が、一晩経ったら死ぬなぁと思いながら朝見たら、
すごく元気に復活してた!!!

よかった〜〜。




で、その昨日は何をしたのかというと、

世良正則コンサートに行く母のアッシーになり、隣町の松前町まで行ったので、
エミフル松前で時間を過ごしました。

前回、夜8時を過ぎていてゲーセンに入れなかったsolaちゃんがリベンジ。
お目当てはボールプールだったのだけど、UFOキャッチャーの景品に惹かれた母娘。

私とsolaちゃんの欲しいものが完全一致し、チャレンジしました。
輪っかにひっかけてずらして棒から落とす、という見た感じ簡単そうだったので
500円で取れるかなぁとタカをくくっていたら、メチャクチャおしいところで終了ーーー。

そんなの、そのままにしてたら、他の人にもってかれる〜〜!!
ってことで、即!千円を両替しに行き(その間、solaちゃんに台を守ってもらって)、
再び500円投入。
しかし思うようにいかず。でも、コツをつかんだからあと200円でいける!とやったけど、
微妙にダメ。
で、さいごの500円投入!
も、ホントあと数ミリずらすだけで取れるのにぃ〜〜!!

で、最後の最後、1回のチャンスで、やっとゲットォォォォ!!

さて、ここまででいくら使ったでしょうか?


答えは1700円。

UFOキャッチャーに、投入した私の最高額が出ました。
でも満足。
とってもかわいいから。

戦利品はこれ。
知ってる?コリラックマが遊ぶラジコンのアヒルちゃんとキイロイトリ。
今年はリラックマ5周年なので、景品が多かった!

080728_2.jpg








ね、ちょっとは夏休み満喫してるでしょ。
書いてて、気付いたけど、「めんどくさい」ってキーワードが何回も出てきたのが
夏の私のやる気のなさ。
posted by ギャロパン at 01:02| 愛媛 ☀| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月11日

髪、切っちゃってます!

この暑さに中途半端な髪の長さ。
そして、近々友達の結婚式もあるということで、
ぶぁさ〜〜〜っと 髪を切りました。1週間前。

てゆーか、美容院に行くときは、いつも、前の髪型と
全然違う風にしたい私。
ものすご〜〜く長い髪をバッサリ切る時なんて快感やね。

今回は、年に1回誕生日割引が来たときだけしか美容院に行かない私が、
既に2回目。
肩より少し長いくらいの髪を
全然違う髪型に…ということで、15年ぶりくらいに短くしてみました。

パーマもかけて、美容院でセットしてもらったときは、
まるでヴィダルサスーンか?というくらいかっこいい髪にきまっていたのだけど、
1度シャンプーして乾かすと、なんか野暮ったい感じ。

会社に行って、中には「黒田知永子や。」と上手に言ってくれる人もいたけど、
う〜〜ん、確かにそんな風に見えなくもないけど ちょっと何かが違うんよね〜〜。

そう、なんか、鏡を見るたびに、何かが古臭い感じがしてました。

なんだろな、なんだろな〜〜
ザ・ピーナンツ?若き日の吉永小百合?夜のヒットスタジオの芳村真理??
(ここらへんが分かってしまうそんなアナタはすっかりアラフォー世代♪)

とにかく、何かが古い、そんな印象を、自分の鏡から拭いきれません・・・

そうして、じ〜〜〜っと考えて





そうだ!!!



「魔法使いサリーちゃん」!!!




サリーちゃんでした。
古臭い…。

まあ、サリーちゃんの時代の流行がまた、今サイクルで流行り出してるから
ある意味新しいのかもしれない。

でも・・・

きっと、もっとモードな感じの顔なら・・・
きっと、本当に若い子がその髪型をしたのなら・・・

わざと古臭いのがまたオシャレなのかもしれない。


悲しいかな、どうしても、鏡を見ると、オシャレから離れてるんだなあぁ…。

オシャレな髪型にして結婚式に臨むつもりだったのに…。


当日までにもう少し古臭くならないように研究しておかねばっ。






posted by ギャロパン at 23:55| 愛媛 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 取るに足りないたわごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月03日

一大仕事!

一仕事やり遂げました!!

以前からチラチラと話の端々に出ていた私のPTA役員の一大メインの仕事

「親子親睦会」


この日に向けて、役員に決まると同時くらいから
役員仲間と計画を練って準備してきました!!

先週末は、事前の準備のために休みの日にも関わらず役員仲間の家に集まって
最終計画を綿密に立て、結束力もグンと強まりました。


私は私で妄想族を存分に発揮し、勝手に自分の中でイメトレをやってきてはいましたが、
本番になってやらないとどうなるか分からない要素がたくさんあったので、
思考が途中で止まってしまい、ぶっつけ本番的な感じで臨むこととなりました。

4人の役員がそれぞれ、始まりのあいさつ、伝言ゲーム、猛獣狩りゲーム、
終わりのあいさつ、の しきりを担当し、私は伝言ゲームのパートを担当しました。

子供たちがどのレベルまでできるかわからないし、
ルールをちゃんと把握して、ズルのないように勧めていけるか未知数だったため、
最初少し手間取りましたが、結果、意外に子どもたちが忠実にゲームを進行し、
笑いを誘う面白い珍回答が出て、楽しくできました。
問題を4問考えていたのですが、時間が押せ押せで2問しかできませんでした。

でも実は、3問目と4問目に面白文章を考えていて、その進行具合によっては
子どもたち大ウケ!なものだったので、せめてあと1問、時間が押してもやるべきだったな、
と後悔しています。
自分も初めは大勢の前でしゃべるのに少し緊張気味だったのが、
2問やってやっと慣れてきて子供たちの心もつかめた感じだったし。


もう一つのゲーム、猛獣狩りゲームは、言ってしまえばグループ作りゲームで、
音楽を流して全員がバラバラに歩いてミックスし、音楽が止まると同時に
例えば「ライオン」というと、「ライオン」の文字数の4人のグループを作って座り、
あふれた人が罰ゲーム、というゲームです。

その「ライオン」というところは「ミナミゾウアザラシ」でもいいし、
「ヘラクレスオオカブト」でもいいし、単純に「クマ」でもいい。
もっと言うと、「男女3人ずつ」でもいいし「大人と子供を混ぜて5人組」でもいい。

この、グループ作りだけでも結構盛り上がれるのだけど、専用の音楽があって、
その音楽がまた上手にノリノリな感じで、曲をかけると、
まだまだ素直な2年生は、歌を歌いながら大はしゃぎ。

罰ゲームといっても「ゴリラのマネ」とか、「3回その場でクルクル回る」とか、
ささっと終わらせてテンポよく次のお題のために音楽を鳴らす、という感じで
大人も子供も楽しんでやれました。



自分たちの想像以上に盛り上がって楽しんでくれたことに、
本当にやったぞ〜〜という達成感を感じれられて、
心の中でガッツポーズを出しました。

初めから終わりまで、ほんの45分間でしたが、
アドレナリン出しっぱなしの45分だったので、グッタリと疲れはしたけど、
心地よい疲れでした。




子持ちの私が言うのもなんだけど、私、もともと子供は苦手です。
聞きわけないし、集団になると暴走するし、予想外の悪さをしでかすし、
理屈が通じないし、意外に残酷だし。

自分の子供だけでも疲れるのに、子どもと関わる仕事をしてる人たちは、
本当にお疲れ様!と思っていたけど、
今日、80人弱の子供たちを前にゲームというお楽しみではあったけど、
自分に注意を寄せながら何かを進行していくって なんか楽しかった。

低学年だからか、乗せようと思ったら素直に乗ってくるし、
自分たちで楽しもうとする力も持っているし、
ちょっとお調子じみたことを言うと大人よりもずっと反応がいい。

あぁ、幼稚園や小学校の先生って、こういう楽しみを知ってるから、
大変なことも頑張れるのかなぁ…って、少しは理解することができました。

でもホント、大変は大変よね。
いろんな家庭の事情を抱えた子がいるし、変わった保護者もいるし
(敢えてモンスターペアレントとは言いません)、それに加えて
分刻みの授業と提出物のチェックやらプリント作成に、
子供たちの体調や細かな心理状態まで気にかけないといけないし…。
きっと、職員室では偏屈な先生のイヤミ攻撃とかもあるんだろう。
やりがいはあるけど、本当に大変。

親睦会費用として一人300円まで使えるお金があるのだけど、
子どもたちはノートや赤えんぴつにして、先生たちにはお疲れ様の意味を込めて
栄養ドリンクを買ってお渡ししました。

後で聞くと、親睦会費はあくまでもゲームのために使うお金で、
個人へのおみやげや飲み物のためではない、と注意されたのだけど、
ゲームのための費用は1円もかかってないので、それくらいいいでしょう。




結束力が高まって一仕事終えたところで、役員仲間で打ち上げをやる予定。
ホント無事終わってホッとしてます。
posted by ギャロパン at 05:41| 愛媛 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 子ども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。