記事検索
 

2009年02月28日

日々…

訓練校が終わって、じっくり家にいるようになってからしてること。

●大掃除。

年末はまっったく なん・・・・・・にもしなかった私ですが、
その大掃除を今ちょこちょことやってます。

まあ、部屋の掃除は普段のことだけど、先日、都市ガスが天然ガスに変わるとかで
器具の付け替えや点検のため、四国ガスがキッチンやお風呂周りを見に来るにあたって
そういやしてなかった換気扇の掃除をしたよ。

ガス台の下とかも、フライパンや鍋が無造作に放り込まれていたので、
体裁よく整えて、これはいらんな、と思うやんちゃぁが単身赴任の時使っていた調理器具や
もっと昔からやんちゃぁが愛用していた小鍋なんかも全部捨ててしまった。

やっぱ、捨てないかんね。


押入れの一角も整えた。
やんちゃぁの単身赴任生活から持ち帰った布団一式がずっと、和室に放り出してあって、
それをどうにかして片付けようと、圧縮袋を使ってみた。
掃除機で空気を吸い取るの、はじめは大変だったけど、慣れてくればおもしろい。
それで、面白いように縮んで、きれいに収まった。
実家から移動してきたミシンもそのままだったので、どうにか押入れに入れられた。
この押入れはまだ改良の余地がある。元気なら手をつけたいところだ。


来週は、排水溝のマンション一斉掃除をする業者が入る。
そのときに向けて、今度はお風呂のカビとりを実行したい。
洗濯機周りもかなり汚いけど、洗濯機をのけてまでは掃除はできないので、
防水パンの見えるところまでしかやらない。



●雑草抜き

これは、意外にも、仕事をしていたときから、私は精を出してやっていた。
マンションに引っ越してきて、1年目にサボったら、ものすご〜〜〜く芝生のお庭が
雑草だらけになって汚くなって、更に、増えすぎた雑草を取るのがかなり大変だったため、
目についたらいつもするようにしていた。

が、もちろん、この冬はほとんどやってなかった。
ま、冬はあまり雑草生えないんだけど、ここんとこ春の息吹きを感じた強い雑草たちが
もう早くもあちこちに芽を出し始めていて、新たに種を増やされる前に抹殺!!

やり出したら止まらないんだな。これが。
なんか、自分の白髪抜きと感覚は似てる。
これでもかっ!ってくらいにまだホンの小さな芽だったとしても徹底して取りたくなるんだよな〜。




●DVDレコーダー録画番組 整理

HDDのレコーダーに撮ったものがたまりにたまって、そりゃ、見たものは消しゃぁいいんだけど、
これが、やんちゃぁやsolaちゃんがDVDに落として欲しい!!というアニメがたくさんあって、
あっという間にたまってくんだなぁ。

DVDに落とすなら、CM消したいでしょ。
CM消しも慣れたから、そう時間かからないけど、結構面倒は面倒なのよ。
しかも、落としたら、何が入ってるか、書かないといけないでしょ?
第何話で、タイトルは何で・・・って、メモ帳とかに書き写しておいて、
DVDに落としたら、またそのDVDに書き込んで…っつーのがホント面倒なのよ。

solaちゃんのはアンパンマンだから、少々消してもばれないけど
やんちゃぁのは、「第○話」ってのがしっかり入ってるから、もしも間違って消したりしたら
そりゃぁ怒られるさ。自分では何もしないくせに。
まあ、うちでは、私がコンピューター、機械操作担当なんです。
やんちゃぁが機械音痴で細かい作業はさっぱりなんで…。
なので、偉そうな口はきかせません。

でも、やんちゃぁのアニメは、全くガン無視してCMだけをひたすら消してるけど、
奴は、とにかく映画もほとんど撮れっつーのよ。
私から見て、興味のないものもくだらないものも。
それが、CM消去編集のために、早回しで見てると、「あっ!」と思う場面があったりして、
ついつい、そこからのめりこんで見てしまったり、時には戻って見直してみたり、
結局、映画の時間と同じ時間を費やして編集したりしてさ、
時間はあっという間に経ってしまいます。




●料理

って書くと、いい嫁さん、いいお母さんて感じだけど、

違うのよ。

未だに、自分が何が食べられるのか、何が食べたいのかハッキリしなくて、
食べたくない物は一切手を触れません。
味噌汁は今年に入ってまだ一度も作ってない。
あの味噌の臭いがダメ。

最近、味付けのりが食べられるようになったから そろそろ手巻き寿司でも…
と思っていたら、

先日、つわりの ひどいぶり返しがあった。
つわりのぶり返しってあるんかな??
あまりの吐き続けに一瞬、食中毒にでもなったか??と思ったけど、
同じものを食べたやんちゃぁが元気だから違うんだろう。
病院へ行くことも考えたけど、行く気力もなく、行ってお金がかかるのも嫌で
1日待ってみることにした。

吐いて吐いて、胃の中のもの全部出しても吐いて、さらに胃液を絞り出されると
後味が悪いし食堂や口の中が胃液によって苦くなって、余計に気持ち悪い。
っていうので、水を飲むと、それがまた吐き気を誘う。
そんなこんなで丸1日ほとんど食べられなくて、横になっていたのだけど、
solaちゃんの最後の参観日が翌日にあって、どうしても来てほしいというから、
少しずつ食べられそうな物を胃に入れて、タクシーで学校へ向った。

回復しそうなときにお茶漬けを食べて、空腹を抑えようと思ったら、
ついうっかり忘れてた。
お茶漬けの素に、海苔が入っていたことを。

そう、この海苔のせいで、再び吐いてしまうことになる。

そういえば、そのつわりのぶり返しの日の朝、調子に乗って味付け海苔を3枚ほど
食べたんだったな。

海苔って、一度胃に入れて分解されると、本当に細かく細かく分解されて、
吐きだそうにもなかなか一度に吐き出せれない。
しかも少量なのに、やたら香りを発するんよね。

話が反れたけど、

なにせ、ネット情報に因ると、つわりってホント人それぞれで、
産む直前まで、陣痛で苦しんでるときも吐いていた、という人もいるし、
パッと現われてパッとなくなる人もいれば、
ジワジワずっと続いた、という人もいて、
人の話はあくまでも参考でしかなく、自分のつわりがいつどんな風に回復していくのか
皆目見当がつかない。

とにかく、その一時期のひどい時期は終わったけど、なんだかんだと
胸がムカムカして、なんか気持ち悪くて爽快になれないために、
作るもは自分が食べたいもの。

例の、最近凝っているパン作りなんかもそのせいもあるんだけど、
今日はとうとう、ピザを作った。
つわりのひどい時からなぜか、ピザとパスタは食べられたもので。

結構ドシャ降りの雨なので、買い物にいくのも面倒で、家にあるもので。

090227.jpg

090227_3.jpg

1枚の直径が25cmから30cmくらい。
トマトとバジルとシイタケのエリア、玉ねぎとアボカドとツナのエリア、アンチョビとアボカドのエリアの
三つに分けて1枚でいろんな味を楽しんだ。

クリスピーなピザ生地もおいしいけど、自家製のふんわりピザ生地もいいよ。
ピザソースなくても、オリーブオイルと塩コショウで十分うまい。
ついでに、ナポリタンのスパゲティを作って明日のやんちゃぁの 弁当も完了。

つわりのぶり返しのとき、布団に横になりウンウンうなって
ご飯時になったら やんちゃぁに自分でご飯作ってくれと頼み、即席のラーメンを
solaちゃんと やんちゃぁ自分用に作った翌々日にはもう、
ピザ生地なんか作ったりして、「どうなっとん??!!」なんて やんちゃぁに聞かれたが、
私だってわからない。




●そして、王道のネット遊び

ヤバいよね〜〜。
気づくとあっという間に時間経ってるもん。
友達ブログを巡回するのはもちろん、ネットニュースで見た芸能ネタやら、
へんてこりんな YOU TUBE にはまったり、
時には単純なトランプゲームを延々としたり、
気づくと買うわけでもないバッグを必死で見ていたり…
でも結局、乳がデカくなりすぎて今までのブラでは半分以上はみ出るので
買わねば…と思っていた下着を買ってしまったり・・・・・・・・・・。

ああ…労働してないのに、消費してしまった…。
なんか落ち込む。





ピザ作ったり、ネットで遊んだりできるのも、
やんちゃぁが毎日遅くまで仕事してるからなんだよな〜〜と思うと、
根っからの貧乏性の私は、少し申し訳ないなぁと思うけど、
今しかできないこの生活を楽しみたい。

ホントはもっとやりたいことあるんだけどね、まだ全然実現してない。

あんまり今の生活を楽しんでると、次に復帰する時が怖いわ〜。
posted by ギャロパン at 01:08| 愛媛 ☔| Comment(10) | TrackBack(0) | わたしネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月23日

《オトナオトメ》 のワークショップ

筆文字芸術家 白晃先生のワークショップへ参加してみた。
以前、青空自由書道教室でも書いたのだが、
白晃先生は、高校時代からの深友(>親友)の一人である。

昔から、感性だけで生きているような人間だったので、
一般社会で生きて行くにはちょっと、あぶなっかしぃなぁと思いながら見守ってきたのだが、
ここ何年かで、彼女の類まれなる感性を存分に活かせるフィールドを広げてきて
友人としては安心するというか、・・・・・それを越えて尊敬している。

次々と新しい世界を開拓してって、かつ、その感性は凡人の私たちの感性を
呼び覚ましてくれるワークショップを次々と展開しているのが更に素晴らしい。

そんなワークショップに参加してきた。

ちょっとここで、ワークショップとはなんぞや??と思う人に説明。
私もよく分かってなかったのだけど、今日 受けた説明によると、
『体験型お教室』。
「教室」っていうとちょっと堅苦しい感じになってしまうけど、
楽しく体験しながらその要素を学んで行こうって感じ??

進行役の人が参加者が自発的に作業する環境を整え、
参加者全員が体験しながら相互作用で何かを学んだり創りだしたりすること(byウィキペディア)



なにせ、筆と半紙があるからかろうじて書道っぽいのだけど、
やることはお絵かき??工作??失敗は一切なしの作品工房ってイメージ。

で、今回は《オトナオトメ》がテーマなので、やんちゃぁとsolaちゃんは締め出して、
私と母とで参加した。

090222_100.jpg

090222_101.jpg

090222_102.jpg

場所は、道後駅前の伊代銀行東隣、【椿倶楽部】という、食べ物屋さんのお二階で。
一見、和風なカフェっぽい雰囲気をかもしだしてるけど、普段は夕方からのみの営業で
ちゃんとした食べ物を出す おっされ〜〜〜なお店。

白晃先生とタッグを組んでワークショップの後には
手作りケーキセットを出してくれる cafe 2coeurのミサリンコさんの人脈により、
お昼から私たちの作業場として場所を提供していただいたそう。

パッと見、見逃しそうな店の入り口だけど、中に入るとすごく雰囲気があって、
素敵なお店、こういうことででも来ない限り、知りえないようなお店。



さて、初めは筆とお友達になるために…

090222_1.jpg

筆を寝かせてふと〜〜い線、筆先をそろえてほそ〜〜〜い線、

090222_2.jpg

まんまるの点、小さい点、じゅじゅんだ点、かすれた点、いろ〜〜んな点

090222_3.jpg 090222_4.jpg 090222_5.jpg

そんなんでも個性というか、性格が出てくる。
さて、私が書いたのはどれでしょう??




私をご存じの方なら簡単ね。
男らしく荒々しく大胆な、一番左上の。
白晃先生も、私の書を見て「男です!性格は竹を割ったような男な性格です!」と
周りの人に解説してた。

右上は私の母。
私の知る限り、こんなにかわいらしい性格ではないんだけど、
まあ元々、女の子が好きなお人形、着せ替え、ぬり絵に羽子板、お雛様やすごろくなんか
大好きで、夢二の千代紙っぽいコロンとしたものが好きだからそうなるのか???

下のは、この墨を使ったワークショップにお着物で参加された乙女の作品。
ちょっと写真では分かりにくいけど、ポテンとした丸の間に、小さい点々を繊細に書いてる。
しかも規則的に並んでるし。


まあ、そんなこんなで いろんな筆使いを体で感じた後に、
仕上げの「春」「はる」でもいいし「ハル」「haru」「HARU」・・・
なんでもいいから「はる」を書き上げて書道は終わり。

あまり練習し過ぎたり書き込み過ぎると計算が裏目にでるので、
もう、勢いに任せて・・・これ。
090222_7.jpg

こんな「はる」もあった。
090222_6.jpg
これは逆さで写してるので分かりにくいけど、カタカナで「ハル」と
書いた上に椿の花と葉っぱをのせたもの。
これを書いたのは、もう一人、椿の着物を着てきた椿の乙女。

さて、実はここまでは余興のようなもんで、
今日のメインは実は、アクセサリー作り。

先生の言葉巧みに乗せられて点々やクルクルや格子を書いた半紙や
一面のグレーの墨で塗りたくられた半紙。
実は…それを使って…もいいし、使わなくてもいいけど、
それらと別に配られた黒と白の和紙を組み合わせてアクセサリーを作る、というのが本題。


課題を与えられると、嬉々としてそれを忠実にこなすのは得意な私であるが、
いきなりなんでも好きなものを作れ!と言われると、創造性のない私は
途方に暮れてしまう。

でもここは、白晃先生の感性のオーラに包まれながら、
cafe 2coeurのミサリンコさんの丁寧なアドバイスを頂きながら、
出来上がったら好きな紐を2本つかっていいよ、という かわいくディスプレイされた箱を見つめつつ
090222_10.jpg

自分の書いた半紙を見つめていると・・・・・・・・・・・・・



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。






・・・・・・・・・・・・・・・・・。






降りてきました!!

とっかかりは、ありきたりなペンダントを作っていたのだけど、
作るうちに、他の物がひらめいたり、周りの人にも影響されながら
違うものを作る意欲もわいてきて、
結果的に3点のアクセサリーを作り上げた。

090222_8.jpg
コサージュなんか、ホント偶然にできたのだけど、結構これが気に入っている。
でている柄も、たまたま練習したときに書いた柄で、
もし、後でアクセサリーに使うと聞いていたら、そんな風な線は出ていなかったかもしれない…。

ハートはsolaちゃん用に、好みそうなキラキラをたっぷりつけて。

四角いのは最初にひらめいたシンプルなもの。後で見ると平凡かな。

上のは母が作ったブローチ。
実は、後でこれを見たsolaちゃんがこれを一番気に入っていた。

もう一つ、母は、ネックレスを作っているのだけど、
上手に撮れた写真がなかった。

090222_105.jpg

私のお隣で黙々と作っていた乙女はシャネル風モダンなかんじのネックレスを作り上げた。
金色の紐を選んだときは、白晃先生も「意外!!」と口にしたが、
出来上がってみると、なんとも素敵な鎖に変身。
ちょっとしたパーティーにもつけていけそう。

090222_107.jpg

半紙をクルクル折っていたら牛に見えてきて、牛のポストカードを作った、
というのは、お姉さま乙女。

090222_109.jpg

先に出てきた椿の乙女は、アクセサリーも椿で制作。
几帳面に几帳面に花びら一枚から丁寧に作っている。
私のコサージュは、クシュクシュっとしてビロビロっとして、ボンドをドボッとつけただけなんだけど、
ここらへんの仕事の違いは性格がよく出ている。



10人ちょっとの人がそれぞれの感性を駆使して作り出したアクセサリーを
後から品評会のように見て、写真を撮りまくった。
へ〜〜、なるほどねーーー、なんて感心しながら。

で、最後のシメは、お楽しみcafe 2coeurのミサリンコさんの手作りケーキ。

090222_9.jpg

私、生クリーム苦手なんだけど、多くないかなぁ…って心配してたら、
なんと、マスカルポーネチーズのクリームに、カスタードクリームという、
私の大好きなクリームのケーキだった!!!
スポンジも柔らかくて、ミニのオレオが効いて、うまい!!!
むちゃくちゃウマかった。

満足、満足。

あいにくの雨模様だったけど、素敵な日曜日を過ごせた。







さて、一方で、やんちゃぁとsolaちゃんは、市内電車に揺られ、同じく道後に来て、
道後散策をして、団子を食べたり、うどんをたべたり、満喫しているようだった。

私たちのワークショップが終了後、合流して、solaちゃんが行きたがっていた
足湯に行くことにした。

雨なので、放生園(ほうじょうえん)の足湯と手湯は断念し、
屋根のある足湯を…ということで、大和屋へ行った。

以前よりスペースが広がってパワーアップしていた。
雨に降られて寒かったので、足湯は本当に心地よかった。

090222_200.jpg

090222_201.jpg





私は母と夕飯の準備をするため、短めで切り上げて車で帰途についたが、
1日乗車券を買ってしまったやんちゃぁとsolaちゃんは、
意地でもそれを満喫しようと、再び市内電車でゴロゴロと街へ繰り出し、
本屋さんで いらん本を買って、ゆっくりゆっくりと家に帰ってきた。

普段、家でグダグダしているやんちゃぁが珍しく父上らしいことをして
父と娘で1日かわいらしく過ごしたのを、どこか こっそりと覗き見したかったが、
私は私で芸術に身をゆだねた心地のよい1日であった。
posted by ギャロパン at 00:49| 愛媛 ☔| Comment(9) | TrackBack(0) | わたしネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月19日

食べ物シリーズ

パン作りに気を良くした私は、mixi の【ホットケーキミックスでお菓子】
というコミュにて見つけた簡単チョコレートケーキを作ってみた。

全く材料を準備してない状態から、オーブンに入れるまでが10分程度。
その後30分くらい、オーブン任せで放ったらかし。
なんともチョコレートの香ばしい香りとともに、簡単ケーキが焼きあがった。

090218_5.jpg

ちょうど、solaちゃんのお友達が遊びに来ていて、
焼きあがりのチョコレートケーキとミルクをおやつに出した。

ふっふーーー、これこれ、私があこがれていたお母さん像。
お友達の家に遊びに行って、そこのお母さんが手作りお菓子を出してくれた日にゃぁ
メチャ羨望のまなざしやん?!
今まで実現しなかったけど、たまたまタイミングがあったからね。
多分、今だけだと思うけど。
仕事を再開したら、そんなこたぁやってられません。

お味は、しっとり。
チョコの香ばしい香りが広がって、お腹にズシンとくる。
ガトーショコラ風。

もともとガトーショコラ大好きなsolaちゃんは調子に乗ってもっと、もっとと食べていたら
ものすご〜〜〜く腹もちするので、夕飯が食べられなくなった。
ちょっとずつ。
1cmずつでもいいくらい。

私は…
もともとチョコ大好きだし、匂いも香ばしくていい感じだったんだけど…
食べたらちょっと気持ち悪くなった。
まだつわり回復中。





毎日一人でランチ。
当たり前だけど。

朝は、だいたいsolaちゃんと同じか、送り出して直後くらい6時半から7時半の間に食べる。
すると、10時には既にお腹が空腹のサインを出して来る。
ちょっと気持ち悪いのが感じられる。
まだ早すぎるので11時までは我慢する。でも、11時半が限界。

このころには昼食にありついてないと、ホントしばらく気持ち悪いのが続いてしまうので、
早い目早い目のランチを心がけている。
でも、自分のためにつくるのは面倒。

なので、前日の晩御飯の残りか、当日の朝、やんちゃぁのお弁当を作る時に一緒に作ってしまう。

090218_2.jpg

昨日はグラタンとゴマドレッシングのサラダ。

前日にオーブンで焼くところまでやってしまう。
食べる前にレンジで温めて、トースターで焦げ目をつけ直す。
十分おいしい。

ドレッシングは、我が家は サンタサンタカフェ系列のドレッシングと決まっている。
結婚してからずっと、そのドレッシングしか買ったことない。
それさえかけてしまうと、やんちゃぁもsolaちゃんもサラダをたくさん食べてくれる。
ホントおいしいドレッシング。

が、なぜか今、ゴマドレッシングをトマトと一緒にむしょーーーに食べたくなる私。
豆腐サラダにゴマドレッシングとかも、思い立って作る。


食す。


満足。



ホントは、もともと、こういう写真を撮りたかった。

090218_1.jpg

3ヶ月ぶりにお目見えした我が家のダイニングテーブル。
正月明けてもずっと、物が散乱していた。
まったく動きたくない私が、必要なものをすべてダイニングテーブルに置きっぱなしにし、
DMやら学校のプリントやら、メモ帳・筆記用具、すぐにつまめるパンやお菓子。
カード会社からの請求や年賀状の束、
やんちゃぁsolaちゃんの飲みっぱ、食べっぱの食器や容器。
ありとあらゆる物が雑然と乗っていた。

片付ける気力もないし、片付ける気もなかった。
やんちゃぁが片づけるわけないし、solaちゃんも、そこまではできない。

が、順調に回復しつつある私が気力を取り戻し、
訓練校も終わって時間も有効に活用し、
きれいなテーブルが久々にお目見えしたわけで、うれしくなったからだ。

他人が見てもなんてこたぁないテーブル。

あ、テーブルの上のデンファレは、訓練卒業の打ち上げの日に、
先生がみんなにくださったものだ。
我が家はsolaちゃんの分ももらえたので2本。

で、きれいなテーブルがちょっとさみしかったので、お一人ランチを並べたときに
写真を撮ったらサラダも撮りたくなったってわけ。
ちなみにランチョマットはグラタンのときだけよ。敷くのは。
しかも、前日の晩から敷きっぱなし。




今日はどうしてもサンドウィッチが食べたかった。
なぜなら、2日前に買ったアボカドがちょどよく熟れて食べごろだったからだ。

日曜日、なんとなしに母と入った喫茶店(あえて喫茶店)で
アボカドと生ハムのサンドウィッチを注文したが、
アボカドはどこ??ってくらい少量で、全くアボカドの味がしなかった。
アボカドと生ハムよ!!!
メッチャおいしいに決まってる!!と思って注文した私の期待をどうしてくれる?!!


ってことで、スーパー行った時に買っておいたが、その時はまだ熟れてなかったから
寝かしておいたの。

やんちゃぁのお弁当に、おいしいサンドウィッチを作ってあげましょっ!と思ったら、
やんちゃぁにアボカド嫌い…と言われた。
おいしいのに…。

で、とうとう念願のアボカドサンド。

090219.jpg

生ハムではなくベーコンを軽くトースターで焼いて、軽くブラックペパーを振り、
レタスとゆで卵とトマト。
ポイントは、マヨネーズとケチャップもチョンチョンとのせること。

訓練校最後の一ヶ月はの弁当は、ほぼ、このサンドウィッチだった。(アボカドなしでね)
元来、ケチャップは私の好きなアイテムではなかったのだが、
つわりを通してトマトとケチャップはかなり食べられる部類になり、
サンドウィッチにのせたところ、うまい!っつーことで、
それ以来ずっと、マヨネとケチャップ盛りに はまっている。

撮影用にお外のテラスへ持ってって、明るい自然光のもと撮影をしよう…
と思い立ったのだが、既に空は曇天。なんか暗い写真。
再び部屋へ入って撮影のし直し。

でも、上手に撮れないな〜〜。
写真を上手に撮れる人がうらやましい。

相当数、写真を撮ったが一つも満足のいくものがとれないまま、
お腹の気持ち悪さが勝って、いいともが始まったところでむさぼりつく。
うまい!!

しかし、しまった〜〜!
調子に乗り過ぎて11時半を30分も過ぎてしまった。
限界過ぎた。
気持ち悪さが夕方まで続いてしまった。




私がここ1年、ずっと見て参考にして、
こういう風に写真が撮りたいなぁ〜と思っている人のブログ。
http://moonisup.exblog.jp/
でも、どうやったって私じゃ撮れない。


この人も好きなんだけどね。
http://kenmamay.exblog.jp/
女性だから、小物にセンスが光ってるけど、
上の人の方が写真はより、素敵かなぁ。



どちらも私のブログのリンク集に貼り付けてるんだけど、
なんの了承も得ずに勝手に載せちゃってます。
だって、素敵なんだもん。




これを機に、写真ブログか、はたまたお料理ブログになるか?!

・・・ないない、
私は長分くどくどブログを突っ走ります。
posted by ギャロパン at 23:39| 愛媛 ☔| Comment(12) | TrackBack(0) | わたしネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月18日

1時間でできるパン

友達のkanaちゃんがパンを焼いた、というブログを見て思い出した。
私もsolaちゃんが小さかった専業主婦時代に、
当時 流行っていたボウルと菜箸で作る1時間でできるパン、を
作ることにはまっていたことを。

こねこねなし、長い発酵時間なし、めんどいことが嫌いな私が作るのに最適!
しかも、焼きたてのパンはうまい!

ということで、ふと思い立って、自分の料理本コーナーをガサガサあさると
ありました。
村上祥子さんのレンジでパン革命!特集の載ったエッセ。
当時はネットでも情報がたくさん出回っていたので、プリントアウトした紙も
一緒にはさんであったけど、今はネット検索すると
出てくるのはこの村上祥子さんの本を紹介するものばかり。

早速材料そろえて、夕方おやつに…

当時、カレーパンとかドーナツとか作ったけど、
簡単で一番はまったのが、ソーセージパン。

で、できたのがこれ。
090216.jpg

いまいち膨らみが足りなくて、見た目もショボイ。
でも、solaちゃんは大喜びでたいらげた。
で、やんちゃぁは、自分で黒コショーをふりかけて食べた。

そうか!コショーか!
あ、粒マスタードもいいかも!

ということで、solaちゃんのリクエストもあり、翌日再びリベンジ。
で、できたのがこれ。
090217_1.jpg

そうそう、昨日は、一次発酵しかしてなくて、二次発酵を飛ばしてた。
ソーセージに巻くときの生地もきれいに丸めてなかったし。
黒コショーバージョンと、粒マスタードバージョンを作った。
うまい。

更に、ベーコン入りのものを作ってみた。

090217_2.jpg

切ると、中は、こう。

090217_3.jpg

私的には、このベーコンパンが激ウマだった。
黒コショーをパラパラとしただけだったけど、もっとタップリしたらおいしいかも。
ベーコンもケチらずに2枚重ねとか。

次はピザか揚げパンか…。
作る元気があれば作るど。

専業主婦になると何故かパン作りにはまる、という法則。
posted by ギャロパン at 11:49| 愛媛 ☁| Comment(9) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月14日

6ヶ月入りました

今日、1ヶ月ぶりの検診に行ってきた。
今日から20週に突入で6ヶ月にはいることになる。
ようやく折り返し地点に来た。

つわりも、17週あたりからかなり落ち着いてきたが、
未だに朝から胃液を吐くこともあり、胸のムカツキも少し残っている。
食べられるかなぁと思って、食べて失敗した〜〜と思うものは、モチ。
つい、お好み焼きに混ぜてしまって、食べた後に気づいた。
あと、焼き海苔とコーヒーは、今でも臭いでダメだ。
大好きなチョコレートは、つい、目にして口にするのだけど、
もう一つ、もう一つと、3口くらいいってしまうと後で後悔する羽目になる。

あ、匂いでだめな洗剤系は、今でもダメで、その臭いが手に残るのがイヤで、
包丁一本洗うのにもゴム手袋をはめて息を止めつつ洗っている。
リンスの臭いのsolaちゃんの頭にも、未だ拒否反応だ。

胎動は、15,6週でも「これ?」という感覚はあったけど、
18週ころから頻繁にポコポコ感じ始めたかな。
エコーで見ても、常に動いていて、先生もちょうどよいところで静止画取るの、
大変そうだった。

今日は、新しいエコーの機械を試しに使っていたようで、
営業(?)担当(女性)の人が横について説明をしていた。
(事前に了承済み)
先生も、あれこれ試してみたいようで、私のお腹をあちこちグルングルン
回しながら見ていた。
いつもよりたくさん見られて、しかも、3Dの写真までもらって少し得した。

それでなんか楽しい気分で1日過ごせた。


でも、この1ヶ月、検診があくと、やはり、お腹の中のことが気になっていた。

流産・死産サイトでさんざん、「前の検診のときまで元気に動いていたのに、
次に行った時には亡くなっていた。」なんて話もたくさん読んでいて、
胎動が自分で分からない間は、《まさか、死んでないよねぇ…》なんて、
縁起でもないこと考えた。
胎動が感じられるようになって、やっとすこし、自分の中で
妊娠を楽しめるモードに移行したかな。

今までは、生まれてからのことを考えるのもなんか怖くて、
待ち合いにある妊婦用の雑誌や、
内祝いの本なんかを手にする気も起らなかったが、
ようやく、赤ちゃんの服やマタニティグッズなんかを見る気分になった。



しかし、気がかりなことも多い。

とにかく、お腹が張りやすい。
少し歩いたり、少し立ち時間が続くと、キューっとなってくる。
お腹の中にまさに水風船が入っている感覚で、
横になった状態から立ち上がると、
一気に重力が下腹部にかかって、またキューっとなる。

solaちゃんのときなんて、なんにも気にせず家事をガンガンやっていた。
布団を1階から2階に運んだりしたことは、今は恐ろしくてできない。
そのため、以前は、洗濯にお風呂の残り湯をバケツで汲んで使っていたが、
今は専ら水道水に頼りっきり。
水道代も1.5倍ぐらいになっている。

体重は、この1ヶ月で2.5キロ増えていた。

つわりの終わりかけの今、空腹はやはり気持ち悪くて、何かしら
食べてしまうのだが、以前より食べる物や量が格段に増えているから
総合的に食べる量は相当量増えていると思われる。
別に、お腹が空いてるわけじゃないんだけど、
食べないと気持ち悪いから…ってんで、義務的に。
いわゆる食べづわりか?

そのうえ、前述のとおり、お腹が張りやすいため、自由にどんどん
動き回ることができない。
当然運動不足。

solaちゃんの送り迎えに往復2キロを週に2回は、
多すぎるので止めてください、と言われ、
タクシーや人の手を借りて、あまり歩かないようにしている。
安定期に入ったし、もう大丈夫かな?と思うけど、
お腹が張りやすいため、それほど歩くことはお勧めしない、と言われた。
solaちゃんのときはガンガン歩いていたのに。

そうして、とにかく、疲れやすい。
何をするにしても、すぐ座りたいし、すぐダルくなるし、
立ったり座ったりするのさえ、重労働だ。

更に、血圧が高めだ。
solaちゃんのときの母子手帳と比べると、10〜20くらいは高い。

足の血管がやたら見えるようになったのも気になる。
静脈瘤の兆し…??
一応、マッサージするように言われた。
予防のためにね。

これらはすべて、年齢のせいなのだろうか…。



そうだ、solaちゃんの時と確実に違うこと。
それは、お腹が異常に出てること。

solaちゃんのときは結局、臨月になっても産むまで、お腹は全然出てこなかった。
まあ、小さめの赤ちゃんではあったが、普通は5、6ヶ月あたりから出てくるのに、
普通の服が普通に着られるほど、他人から見て妊婦に見られないほど、
とにかく全然お腹がでなかったのに、今じゃ、既にsolaちゃんの臨月越えてるんですけど。

こんなにお腹が大きくなったの体験したことないから、腹帯つけた方がいいんかな?
solaちゃんのときは、パンツと一体形式のものを1枚用意しただけで、
まったくお腹周りなんか巻いてなかったんだけど、
やはり大きくなると、支えとしても、腹帯あった方がいい??
買うなら、パンツ形式と腹巻き形式、どっちがいい?
腹巻き形式は、ずり上がってくるからパンツにしたら?と母に言われたけど、
パンツ形式は、フィット感が薄いような気がするんだけど…。
誰かアドバイスください。

乳のデカさも半端ない。
つわりの始まりと同時にどんどんどんどんデカくなりつづけ、
あのタレタレだった乳が、今じゃパンパンに膨らんで、肉団!!って感じだ。
一緒に乳輪もデカくなり、シワシワだった乳輪部分が張って引っ張られて
ピンピンに張っていて、そこがヒリヒリして痛いくらいだ。
確実に2カップはアップしている。

それと、腹毛(はらげ)。
腕や足なんかは、むしろ薄くなったというか、生えにくくなったというか、
1ヶ月くらい処理しなくても、全然大丈夫なくらいなのに対し、
へそ周り…というよりは、お腹一面、薄い体毛…うぶ毛の濃い目な感じの毛が
わさ〜〜っと生えている。ちょっと悲しい。



あれ?こんなに長く書くつもりなかったのに。


ま、こういう感じです。
posted by ギャロパン at 00:11| 愛媛 ☔| Comment(20) | TrackBack(0) | わたしネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月11日

訓練 終了!!!

2月10日を持ちまして、3ヶ月間の公共職業訓練が終わりました。

率直な感想を一言 言うと、ホッとしてます。

終わってみればあっという間でしたが、ちょうど私の体調が悪い時と重なってしまい、
その間は、訓練に集中もできず、長い長い苦しい時のようにも思われました。

最後の日に多分、シメのような一言あいさつするだろうと予想を立てて、
事前に何を言うか考えてはいたのですが、考えているだけで
感極まって涙いっぱいになって何も言えなくなってしまう、という感じで、
一体本番はどうなるか…と思ってました。
結果、やはり、ちゃんと言えませんでした。

思えば、妊娠が分かったと同時に訓練校が始まり、私は不安いっぱいでした。
まだその頃は、自分の中では妊娠が継続するかどうか分らなかったので
誰にも何も言わず過ごそうと試みたり、
いよいよしんどくなったら、一旦 訓練をやめて、体調が落ち着いてから入り直そうか、とか
一瞬考えたりもしてみました。

が、どうしても入りたくて入った訓練だったし、
Mっ気の血がそうさせるのか、しんどい時に自分を追い詰める方向に行ってしまう私だし、
せっかちで、とにかく できることはさっさと終わらせたい、という志向なので
本当にやめる、という決断には至りませんでした。

それよりも何よりも、入校して一日二日の内には、一緒になったメンバーたちが、
想像以上によいメンバーで、これは よいかもしれない…という漠然とした予感もあり、
そのメンバーで訓練を続けたい、というのが一番の気持ちでした。

ま、どんなメンバーとでも、私はうまくやっていける自信はあるし、
どこに入っても、いいメンバーでした、と思うかもしれません。
でも、同時期に一緒になった隣のクラスの人たちは、
何か受け入れ難い雰囲気を持っていたので、よけいにその思いを強くしました。
(挨拶しても、返してくれない人が多かったような…)



訓練内容は、シスアド・エクセル・ワード・アクセス・パワーポイント、それに加えて更に
就職支援ということで、履歴書の書き方やビジネスマナーなど、実技を交えて詳しく教えてもらいました。

で、初めは習って終わり…なのかと思っていたら、とにかく資格をとるための勉強、
といっても過言ではなく、訓練後半は、ひたすら試験に向けての勉強がメインでした。
みんなで一斉にテストを受けるのかと思いきや、
自分の取りたい科目の取りたいレベルを自分で決めて、自分の進捗状況によって
試験日を決めて、確実に落としていく、という感じです。

そのシステムを理解するまでに時間がかかり、初めの頃はのんびりモタモタしてしまいましたが、
周囲に背中を押された感もあり、私もWordのスペシャリストとExcelのエキスパートは取ることができました。
すごい人は4科目も資格を取って マスターになる人もいますが、
私の初めの目的は果たせたし、何せ、受験料が高くて一科目1万円以上、+テキスト代もあり、
生活貧窮中の私にとっては、それが精一杯でした。

1日6時間も、そして、分厚いテキストが7、8冊、
本当に全部やり切れるのか疑問でしたが、すんなりとやれるもんです。
時間も、パソコンを使って作業をしたり勉強すると、あっという間に経ってしまいます。

朝の通勤、コンビニから流れてくる独特のおでんの臭いに苦しみながら、
飲みたいものがないけど、何か飲まないといけない…と思いながら
長い時間立っていた自動販売機前の風景など、
ふと思い出すと、授業をどうやってやりぬこうか、気持ち悪さをどうやってまぎらわすか、
食べられる物は何かな、ばかり考えたいた訓練期間でした。

でも、周りの人はとても親身にアドバイスをくれたり、
私が食べられるかどうか、持ってきてくれて食べさせてくれたり、
授業を休みがちだった私が登校すると、そこの部分を教えてくれたり、
皆さんいたわってくれて、本当に感謝です!!

つわりがほとんど回復した今考えると、当初はリップサービス(?)も少なく
周りでおしゃべりしてても楽しく入って行けず、
姿勢も悪く態度も悪く、笑顔もひきつり、授業が終わるとさっと帰り、
私の中では感じ悪かっただろうなぁと思います。

それを言うと、みなさんは「全然!」と言うし、よくしゃべっていた、とも言うけど、
体調が万全ならもっと楽しく過ごせたし、楽しませられただろうなぁと思うと
少し残念な気もします。
今から3ヶ月を始めたい気持ち。
でも本来の訓練の趣旨から言うと、知識の習得と資格の取得なので、
その目的をみんな果たし、これからの就職活動に自信を持って活かせる土台ができたので
十分実のある3ヵ月でした。
最後にメンバーの一人が言ってたけど、ホント、
これを失業手当もらいながら ただで受けさせてもらうなんて、ありがたや。




さっそく終了の日、打ち上げをしました。
ちょうど翌日が祝日のお休みでもあるので。
講師の先生も2人参加していただきました。
同年代なので、どなたがそうか、パッと見 分からないでしょうが。
090210.jpg
(了承を得ずに勝手に載せてしまいましたが、小さくしておいたので許してください)
(載せられては困る、と思う人はいないと予想しておりますが…)

小さい子供のいる人は子連れ参加です。
solaちゃんは中で一番年上。
行く前は、「え〜〜、solaちゃんが小さい子の相手するん〜。めんどくさー。」
なんて言ってたのに、みんながあの手この手でちょっかい出してくれて、
一緒にあやとりしたり、お絵かきしたり、子供の扱いの上手な人がまとめて相手してくれたり
しまいにゃぁ、二次会のカラオケについて行く!!と意気揚々としていました。

が、私も興奮してしゃべりすぎて疲れが出始めていたし、
時間は9時半、solaちゃんは10時を過ぎると電池が切れたようにコトンと寝てしまうので
また今度、となだめすかして やっと帰りました。




今回のメンバーは、平均年齢30代後半かな?社会的にも人間的にも
その誰をとってもどこの会社でも十分にうまくやってけるような人たちで、
特に臆することもなく個性的な人たちでした。

毎朝一人ずつ、3分間スピーチをするのだけど、
次々とどこからそんな話題が出てくるの?って
感じで面白い話を提供してくれるし、
パワーポイントの授業では、自分の好きな内容や、夢などをプレゼンして発表する、
というものがあったけど、それぞれの面白い部分が出て興味深いものでした。

お昼にお弁当を食べる時でも、初対面のときから、
とにかく話題が尽きることもなく、誰かが話をし出したらそこから
話が広がって収集つかなくなる、なんてことも…。

若い年代の人たちが恋の相談事を言うと、
おせっかいがましい私や、経験豊富な先輩達が
次々と持論を展開し、そこから深い話に発展したり…。
(今回もまた、やんちゃぁの波乱万丈人生を語りつくした私は、
恋で悩んでる乙女の勇気の素となったりもしました。)



さて、お世話になった先生のためにも、
就職率を上げるべく、就活を頑張りますよ。
明日から。

posted by ギャロパン at 10:04| 愛媛 ☁| Comment(9) | TrackBack(0) | わたしネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月08日

バーバーやんちゃぁ

solaちゃんの髪が、結構伸びていて、髪を洗うのも乾かすのも くくるのも面倒なので、
やんちゃぁに切ってもらった。

やんちゃぁって結構手先は器用なのよ。
生き方は不器用だけど。

090207_1.jpg


3年くらい前、私も切ってもらったことあるけど、パッと見うまく切れてた。
もちろん、ひとかきかくと内側はガタガタなんだけどね。

私の髪の毛って【太い・硬い・多い】で、普通の美容師さんでもなかなか
上手に切れなくて、パーマなんかを下手にかけられた日にゃぁ、
とんでもなく爆発してしまうんで、美容室ジプシーをずっとしていたもんさ。

で、あるとき、会社の先輩に紹介してもらった美容室で上手に切ってもらって以来、
もう15年くらいずっと、そこでお願いしている。
そんな私の髪を扱えるなんざぁ、やんちゃぁも、なかなか心得はあるようだ。
技術は素人だから、全然だけどね。




この週末は、天気も良くて暖かくて、なぜかやんちゃぁも張り切って
午前中から取りかかってくれた。

落ち着きなくキョロキョロするsolaちゃんに喝を入れながら、
solaちゃんも怒られながらも緊張しつつもどうにかおとなしくなった。

090207_2.jpg


solaちゃんも子供の割には結構 髪の量は多く、扱いづらいとは思うが、
ぶぁっっっっっっっっっさり短くしちゃった。

久々に肩上の長さになったsolaちゃんがとってもかわいくて、
目の中に入る度に「かわいいね♪」と言ってしまう。(はい、親バカ。流して)

それが・・・・・

これ。

090207_4.jpg

090208_1.jpg

090208_2.jpg

ちょっと大人っぽくなって、短い髪が清々しいでしょ。

私もsolaちゃんみたくして欲しくて やんちゃぁにお願いしたら、めんどくさいって言われた。

いや実は、昨日私も切ってもらったんだけど、襟足側の髪を切っただけで、
前も横もいじってないから、切ったという新鮮味に欠けるんよね。
ま、いいけど。
posted by ギャロパン at 23:28| 愛媛 ☀| Comment(7) | TrackBack(0) | やんちゃぁ(旦那さま)ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月04日

生活の変化

まあ、この夏からいろんなことがあったから、生活の変化はあるよ。
でも、やんちゃぁとのこの9年間の生活の中で、
落ち着いていた時期なんてほとんどないので、今更その変化には驚きません。

でも、ここんとこのあるちょっとした変化は、結構私には大きく影響してます。


@まず、日常生活から車がなくなったこと。

大学生までは完全自転車生活で、車なんてそんなに必要性も感じてなかったけど、
独身時代を満喫していた社会人時代や、
特に結婚してからは、子供を連れての移動とか、ちょっとした買い物や、
あちこち郵便局とか銀行とか、主婦はいろいろ用事があるし、
働き出したら通勤に、子供の送り迎えにと、
毎日毎日どこかへ車で出かけて、車に乗らない日はない!!!っつーくらい
車は私の生活に密着していて、
車のない生活なんてもう、考えられなかったのだけど・・・・・

やんちゃぁの会社がバイク通勤を許さない会社で、
仕方なく渋々車の使用権をやんちゃぁに譲ることにした。
ちょうど私が退職したのと入れ替えだったのもあって。

初めの1、2ヶ月は、車を使わない生活でもそれはそれで新鮮だった。
普段見落としてるような何気ない道端の何かに気づけたり、
普段通らない道を通るのもなんとなく楽しいし、
車の煩わしさってのもあって(駐車場の関係や出入りしにくかったりとか)
自転車でどこでも行ける自由な感じを満喫してた。

でも、妊娠が定着して、本格的に自転車も乗れなくなると、
今度は大そうな不便を感じる。

自転車では5分で行けてたスイミングや新体操の送り迎えも、
体調の万全でない体でゆっくりと歩いて行くとなると、
15分も20分もかかる。
地図サイトで距離を測るといずれも1キロあるかないかくらいの距離だ。
それが、週に2回ともなると結構きつい。

毎週土曜日に通っていた公民館の図書館も、
歩きではやはり20分もかかってしまうので、今は月1回で断念している。

買い物をしていても、ちょっと根菜類をそろえたり、飲み物関係の買い物をすると
あっという間に数キロの荷物になってしまうため
本当に必要最低限のものしか買えない。
毎日買い物に行くのも面倒だししんどいので、例えば卵の安い日、冷凍食品半額の日、
なんて、日替わりで出してくるスーパーの目玉にも関係なく
行ったその日に安くなくてもその時に買わないといけない。


こんな生活がしばらく続いてくると、今度は発想の転換が起こった。

必要最低限の買い物しかしないということは、本当に無駄なものを買うことがなくなった。
今買わなくても大丈夫、別のもので代用できる、もしかして探したら家にあるかも・・・
ってなことで、結構しのぐことができる。

卵とか牛乳とか、今までは絶対に切らしたことのなかったアイテムでさえも、
ないならないで、別でどうにかしようとムリヤリ別でごまかしたり、
究極の策としては・・・・・我慢。
なくても我慢。

安くなくても二日に1回くらい必要最低限のものをその日に買って帰ることと、
毎日スーパーによって日替わりの安い商品を買うことを比べると、
明らかに前者の方が出費が少ない。

卵なんて、500円以上とか1000円以上とか買わないと安くならなかったりするし、
冷凍食品も毎週半額してるのに、ついつい毎週買いすぎてしまうし、
安いから買っちゃえ!って買ってみたら家にストックありました、なんてこともたまに…。

また、正月に見たテレビ番組『はじめてのおつかい』で触発されたsolaちゃんが
やたら おつかいをしたがるので、メモに書いて”買ってきて欲しい物リスト”を渡すと、
寒い中でも嬉々としておつかいに行ってくれる。
あまりにはしゃぎ過ぎるので、飛びだしに気をつけるよう口を酸っぱくして言ってるけど
右から左に流されてる感じ。ちょい、ハラハラもん。

いやまぁ、それで、意外にも(?)そらちゃんのおつかいが、かなり助かっている。
寒い時やしんどいときなんかは行ってくれると当然助かるし、
休日の朝でも、足りないものを納豆一個からでも買ってきてくれる。
メモに書いたもの以外のものを忠実に買ってこないし、
分からないことはちゃんと店員さんに聞いて完璧に品をそろえてくる。
3回に1回くらいは、solaちゃんの好きなお菓子かジュースを100円以内で買ってもいいよ、
と言うけど、いつもなら、買い物のたびに買わされるので、それも減っている。
というわけで、トータルで、スーパーの出費はタイトになってきている感じ。
(家計簿つけてないので、実際はわからないけど)

そうでなくても、車があったら簡単に ユニクロ〜、とか、しまむら〜とか、フジグランやジョープラ
なんかも出かけてって、結局、無駄にキャラクター商品とか買わされたり、お菓子買ったり
雑貨屋をのぞいてカワユイ小物を手にする、なんてこともなくなって、
明らかにちょこちょこした出費がなくなっている。
こうした生活のリズムは今までの私になかったものなので、すこし目から鱗かな。

ま、でも、不便には違いない。



A次に、solaちゃんが一人で寝るようになったこと!!

実は、今年でもうすぐ3年生になるsolaちゃんだけど、今までずっと、
私と一緒にシングルのベッドで寝ていました!

あ、ここで説明しておくと、
我が家の部屋割りは、『男部屋』と『女部屋』制になってる。
やんちゃぁは服からオモチャから、漫画からビデオDVDなど、
とにかく私物が多くて、さらに布団こもりタイプで、汚れた服でも平気で横になるし、
決定的なのはタバコを吸う。
灰皿に吸いがらをたくさん押し込めて、たまに灰なんかこぼしたりして…
ウギャ〜〜〜!!っとなるので、やんちゃぁとは別寝室にしてます。

やんちゃぁの部屋は、やんちゃぁの一人暮らしのときのワンルームのように
すべてを詰め込めてテレビもあって、コンパクトにまとめて城となっている。
方や、私は、布団はいつもきれいに保っておきたいので
外出着で乗るの厳禁、タバコもテレビもなしで、静かに寝たいので、
solaちゃんと二人で部屋を使っている。

さておき、保育園年長あたりから何度も、別々に寝るように提案してたのだけど、
solaちゃんはどうしても賛成しなくて、
私の方も、わざわざ布団を出して来て新たに布団を敷くスペースを設けるのも
面倒で、ズルズルとここまで来ていた。
おばあちゃんちにお泊りするときも、多分、ばあちゃんと一緒に寝てたと思う。

でも もういい加減solaちゃんも大きくなって邪魔だし、
何せ子どもの寝相はすごくて、蹴りを入れられたり、かかと落としにあったり、
ひじ鉄くらわされることもたびたび。
そんなんで私の眠りを阻害されるのは日常茶飯事で、
つわりのひどい時は、solaちゃんの口の臭いも頭の臭いもたまらなく気持ち悪くて
顔を反対に背けて寝ていたけど、でも、それもかなりつらかった。

お腹の赤ちゃん蹴ったらいかんけん、と、私とsolaちゃんの間に
身長約60cmほどのクマのヌイグルミを挟んでいたことも、
ベッドが窮屈に感じる要因だったと思う。

きっかけは、私がインフルエンザにかかったことだった。

やんちゃぁから私にうつされて、更にsolaちゃんにうつしたら大変!と、
私がリビングの一角にある和室に布団を敷いて寝ることにして、
solaちゃんとは全く別の部屋で一晩を過ごした。

初めは怖がっていたsolaちゃんだけど、自分の寝るベッドに、
自分の頭を置くスペースを空けて周りにぬいぐるみやマスコットを
大量に配置して自分ひとりで好きな空間を作り出したことが
妙にツボだったらしい。

インフルエンザが回復した後も、別で寝たいというので、
私も喜んでそのまま別部屋に寝ることにした。

久しぶりに一つの布団を独り占めするのは、本当に心地よかった。
それまでは、よほど熟睡もできなかったようで、
一人になると、朝まで一度も目が覚めず爆睡できた。
solaちゃんの頭の臭いなんかも気にしなくていいし、
何より、そこに布団を敷かないといけない、と思うと、
いつもは乾いた洗濯物をドサッと置いて、週末にたたんで片付けていたものが
毎日たたんで かたずけるようになり、(みんなには当たり前??)
広い空間を保てるようになった。

ただ、私が元気になってくるにつれ、「おやすみ、バイバイ」で済んでいたものが、
「一緒に部屋まできて」になって
「手つないで」になって
「寝るまでここにいて」と発展してきて、
以前と変わらない状態になってきたので、
「しんどいから部屋までは行ってあげるけど、そのあとバイバイよ。」というところで
妥協してもらっている。

ただ、solaちゃんが布団に入って、私がハンドクリームを塗ってる間に彼女は
爆睡状態に入るので、実際は、寝入るまでその場にいる、というパターンが多いかも。




以上、私の中の大きな生活の変化でした。
posted by ギャロパン at 00:14| 愛媛 ☔| Comment(9) | TrackBack(0) | 思ふこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。