記事検索
 

2013年03月22日

小学校卒業式

小学校の卒業式。
基本的に内容は、30年前の私たちのときと、そんなに変わってない。
証書を一人ずつが連なって、ベルトコンベアーの機械のように移動したり、礼をしたり、
来賓が立ったり座ったりするのに合わせて号令もかけないのに卒業生みんなが一斉に立ったり座ったりするのも。
みんなと一人が6年生のことばを言い合うことも。
あ、市長の祝辞がビデオに変わっていたことだけ、進んだな。
体育館の中央が演台になってて、卒業生と保護者と在校生がそれぞれ四方から中央に向かって座る形式は、入学式のときもそうだったから、随分前からそうなのだろう。

かなり訓練をしたんだな、という感じが前に出てしまって、いつもは、ユルユルの涙腺の私も、今日はじんわり程度だった。卒業生の6年生たちも、式で泣いていた子は、そんなにいなかったかな。


卒業式終わって、クラスに戻り、最後の学活。
担任の先生が、卒業証書の筒…ではなく板?ファイル?バインダーを渡してくれるときに、
一人ひとりのメッセージを読み上げながら渡してくれました。
それを受け取った子たちは、そこで一言ずつアドリブで何かを言うことになったのだけど…

そこに来て、急に本当の最後を実感したのか、言葉を発そうとすると、思わず涙が出る子たちが続出だった。
先生の、一人一人に読み上げてくれるメッセージからも、みんなの最後の言葉からも、本当にいいクラスだったみたい。
見た目は大人ばりに大きくなってる子もいるけど、みんなまだ素直な子どもだった。
最後にはサプライズの替え歌を子どもらから担任へプレゼントしていた。
20130322_1.jpg


さて、我が娘、solaは、全く泣く気配なし。むしろふざけてばかり。
普段、泣かない友達が泣いてるもんだから、ニヤニヤしてる。
「泣くのはそれだけ感受性が高いってことだから、バカにして笑ったらイカン!!」と
家に帰ってから怒っておいた。
ウチの子は、感受性がないのか、想像力が低いのか、はたまた冷めた人間なのか…(-_-;)
20130322_3.jpg

solaへの寄せ書きや、メッセージを見ると、
必ず書かれているキーワード。
「男前」
「かっこいい」
「おもしろい」
「たのしませてくれる」
「男が惚れる男」

などだった。

まあ、クラスのみんなから人気があるには違いないか…。


お母さん友達みんなから、「スカート姿が見られると思ったのに…。」と残念がられた。
posted by ギャロパン at 22:33| 愛媛 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 子ども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。