記事検索
 

2009年05月27日

ついてない日?

朝、めざましテレビでふたご座は一位だったのに…。

友達がわざわざ、お水をウチに届けてくれたまでは良かった…。



昨日、やんちゃぁの仕事は休みで、車がある日だった。
普段、車がないと、行動範囲が狭められるし、動く気も起らないので、
車がある、となると、一気に用事を済ませてしまおうと予定を立てている。

たまたま、母親学級の最終回の日で、普段は電車で移動するのが、
車が使えてラッキー・・・と思いながら病院へ行った。
ちょっと早い目に着いたけど、中で座って待つか…と、
普段はあまり目に留めず、さーーっと流す程度の張り紙にふと目が行って、
3枚ほどの張り紙を時間つぶしまぎれに熟読した。

新型インフルエンザに関する注意だった。
疑いのある人は、指定されたところに行くように、とか、マスクをしましょう、とかだった。
3枚目の張り紙を見たとき、「えっ!!」となった。

『国内で新型インフルエンザが増えているため、人が集まる会を控え、
26日と28日の母親学級は急きょ中止にいたします』

え?!今日って何日??って、携帯で確認して、何度も日付と張り紙を見直した。
どう見ても今日だった。

はーー、めんどくさいのに せっかく準備してやってきたのに…
もう、すっかり外出するのが億劫な私は、勢い振り絞ってやって来たって感じだったんだけど、
まあ、しょうがない。

せっかく出てきたのだから…とちょっと思い、
そういや、数日前に やんちゃぁと霧の森の大福の話が出て、
食べたことないので食べてみたい、と言っていたのを思い出し、
病院からそう遠くないため、あるかどうか行ってみた。
普段から、午前中で売り切れることは知っていたが、まだ1時頃だったのでもしかして…
と思ったが、やはり、売り切れ。
しかも、オープン30分ほどで売り切れだと。
まあ、これもしょうがない。

じゃあ、銀行にも用事があったから、ついでに銀行で用事をすまそうと、
溜まりにたまった振込用紙4枚ほどを、マイナス口座をやりくりしながら払った。


そこから、実家に行った。

というのも、毎年のことなんだけど、母は、毎年この時期に1週間ほど
東京-名古屋-京都・大阪あたりを巡る旅をする。
まあ、名目は大学の同窓会の愛媛支部会長なので、年に一度の会合に出るためなんだけど、
それにかこつけて全国各地のお友達と会う算段をつけており、
そのお友達たちも、年に一度、母が旅に出るのに合わせて、いろいろ計画を立ててくれている。

で、
その間、
実家には、家の中で飼っている猫の餌やりと、トイレの処理をするため、
イヤでも毎日私は実家に行かないといけない。

毎年のことなんだけど、今年は私もかなりしんどいし(一応、切迫の気があるので安静を
言われてはいる)、車もない生活なので、渋々請け負った。
(車のない日はタクシー代を出すと言われている)
あの人は、娘が大変だろうが、自分優先なので、1週間の旅を縮めることなんて、
これっぽっちも考えてないらしい。

私もつい、毎年のことなので、麻痺してしまっていたが、
母に、今年は早く切り上げて帰って来い、と言ってもよかった、と後になって思った。

土曜日に母は旅立ったので、昨日で3日目だった。
家の中には2階の1室に老猫が弱々しく1匹と、家じゅう走り回る元気な猫がもう1匹…

ん???

トイレの処理をしながら、気付いた。
老猫は、毎日 ウンコもおしっこも出ている。
が、若猫の方がここ3日ほど、トイレが汚れていない…。
大丈夫か???

心配になって、母にどんなもんか聞いてみた。
「うん、たまにウンチが出んときもあるし、でも、そのうち出るよ。」
と、あっけらかんとした応え。
でも見たら、おしりの横が、以上に膨らんでいる。
ウンコがたまっている風に臭い。
もう一度母に電話して伝えて見た。
「ティッシュで肛門刺激したら?」
してみたが、出ない。

猫で3日もウンチが出ないって、ちょっと異常じゃない??

母は、「前々から便秘気味ではあったんやけど…」
おいおい、ちゃんと様子みとけよ。

その肝心な母も、あまり把握してない様子だし、「今、美術館。」
などと、電話を取らずに切られたりして、ちょっとイラっとしていた私だった。

結局行きつけの動物病院に電話したら、その日の午後は、
本当は手術の日で、診察はしてないけど、とりあえず来てください、と言われ、
急いで連れて行った。

先生曰く、「便秘ではない。」「腸ヘルニアで、肛門付近に便がたまってるけど
それを自力でだせない。麻酔をしてから 掻きださないといけないので、預かります。」

結構、大ごとになってきた。
とりあえず、預けた。

ついでに冷凍食品半額のスーパーで買い物も済ませて帰った。
つい、なかなか行けないスーパーなので、許容量を超えて買ってしまい、
冷凍庫がパンパンになる羽目になった。

そのうち しばらくして、電話がかかってきた。
動物病院の先生からだった。

「おしり付近で便がたまってお尻が膨らんでいるように見えたのは、半分で、
もう半分は腫瘍です。」

しゅ、腫瘍???

なんか、よくない響きなんですけど…。

先生によると、もともと、腸ヘルニアだったみたいで、便はたまりやすかったようだけど、
その腫瘍がどういう類の腫瘍かは分からなくて、手術で除去した方がいいかも。
で、どうするか、お母さんに相談してみてください、と言われた。

そう、当の飼い主の母に連絡を取って承諾を得ないことにはそれ以降の処置もできないし、
細かい話や費用の話は、私に詳しく話したところで、
もう一度母に同じ話をするなら先生の二度手間だし、
費用のことが気にはかかったが、これは、直接母から電話してもらった方がよい、と
判断し、手短に電話を切り上げ、母に連絡を取った。

しかし、東京を満喫中の母は、さっきは確か、美術館とか言ってたけど
今は移動で電車の中なのか、もしくは、騒音がうるさくて音が聞こえないのか、
電話しても出ない。
出た!と思っても、何も言わず、ブチっと切れる。
(最近話題のforever21にも行きたいと言っていた。もうアラセブンティなのに)

しかし、この日は、まだ私の用事も残っていた。
solaちゃんが、学校の耳鼻科検診で、耳垢づまりを指摘されており
(私は耳掃除をしてやらないので、毎回ひっかかる)、
もう直プールも始まるので、早めに耳鼻科に行っておこうと思っていて、
今日の車のある日にそれも済ませようと思っていた。
ま、自宅から1km程度の距離なんだけど、それさえも、歩かない方がよいと
言われているので、車があるときでないと連れて行けない。

既に疲れ切っていた体を奮い立たせ、solaちゃんを耳鼻科に連れていき、
軽くアレルギーも指摘され、薬をもらって帰って家に帰ると もうグッタリ。

産科の先生に言わせると、1日にここまで動くのは動き過ぎだろうし、
旦那さんにやってもらえることはやってもらいましょう、って感じだけど、
そのどれを取っても、やんちゃぁには任せられない。
ああ、ひとつ、solaちゃんの耳鼻科は任せてもよかったかも。
でも、お願いをして動き出すまでの時間や労力を考えると、
ついつい、自分が動いてしまう、貧乏性な私。

とにかく、晩御飯を作る気力も体力ももう残っていなかった。
ゴソゴソ引きこもっていた部屋から出てきたやんちゃぁは、
のんきにオヤツあさりをしていた。

もう6時近いのに、ここでオヤツで腹を満たしてはイカン!と注意し、
もう疲れたから、晩御飯作って、とダメ元で言ってみた。
「俺が作るんだったら卵かけごはんやで。」

あ、作る気あるんや。

それでもいい様な気がしてたけど、それに難色を示したのがsolaちゃん。

「え〜〜〜〜〜!!」

「ほんなら solaポン作ってや。」とやんちゃぁ。

「いやよー、作れんもん。」

まあ、6時近いということは、私のお腹の限界も近い。
この時間まで何も食べていないと、気持ち悪くて吐き気をもよおす。
しょうがない、近所に食べに行くとするか。


近所には、いくつか行きつけの安いお店があるのだが、
つい最近、情報雑誌で見ていた割と近くのお好み鉄板焼き屋さんに、
ホルモン焼きが載っていたのを思い出した。
ホルモン好きなやんちゃぁがそれに乗ってきたので、そこに行くことにした。

ホルモンに、親鳥の塩焼きに、砂ずりに…肉ばっかり。
しかも、どれも、solaちゃんの口には堅かったようで、
なかなかガバッとありつけない。
唯一、味噌汁がおいしくて、それとご飯で腹を満たしたsolaちゃんだった。

歩ける距離だったので、歩いて行ったが、もう、帰りの足取りは重かった。
引きずるようにやっとこさ、家に帰り、お風呂入る前にもう一度母に電話した。
やはり出ない。
「電話くれ。」とメールをしてからお風呂に入り、
湯船につかるのもしんどくて、さっと出た。

寝る準備をするころ、ようやく母から連絡があった。

昼間、その猫のことで、電話していたのだから、
心配してかけてきてもよさそうなものだが、
1日を満喫し終わってから かけてきやがった。
「ごめん、電話に気づかんかった。」

うん、だと思うよ。あんたは。
目の前のことで頭がいっぱいで、松山の猫のこととか、
切迫早産気味で安静を言われている娘のことなんか、忘れてるんでしょうよ。

いろいろ言いたいのをぐっとこらえ、動物病院の先生の話を軽く伝えた。
「それで、どうするか決めて、病院に電話して。」
と言うと、
「で、費用はいくらなん?」

まあ、確かに費用のことは気になる。
気になったが、細かい病気の話や費用のことは、直接話した方がいいと思って
敢えて聞かなかった私である。
「いや、直接電話してから聞いてや。」
処置によって金額も違うだろうし、
私が事細かに聞いても仕方がないと思ったし。

「なんでっ?!
なんで聞いてくれんのよ〜〜っ!!!」


何故かイラっとした口調で言われた私。

もう、そこでブチ切れた。


「あんたねーーーーーっ!!!
そんなことでイラっと返すよりも、それよりももっと言うことがあるやろ!!!
私がどんなしんどい思いをして、餌をやりに行ったり
病院連れて行ったりしたと思っとんよ!!!
そりゃ、今日は車があったけん、動けたけど、それなりに私やって忙しかったんよ!!
それで こっちはメチャクチャ疲れとんのに、
まずは、ありがとう か ごめんねやろ!!
そもそも、自分はそんな状況の中でも丸々1週間も旅行にいきやがって、
今年は短くしようとか思わんかったんかね!!」


で、solaちゃんを耳鼻科に連れて行くことを昼間に伝えていたので、
返ってきた言葉は、ありがとうでも ごめんでもなく、
「で、solaちゃんはどうやったん?」

ここで私の怒りは頂点。
これは奴のいつもの手。
自分が形勢不利となると、全く関係ないことの話題を振って返して来て、
それまで自分が責められたことは、一切なかったかのように振舞われる。
(これに関するネタは有り余るほどあるので、いつものことなんだけど)
solaちゃんの耳垢のことまでは言ってなかったので、別に大したことでない、と返すが、
「solaちゃん、どうなんよ!!」って、何故かアチラが責めるような口調になっていた。
ここまでくると、やさしく説明することなんて、できない。
もう、イライラと言いたいことがなんかうまくまとまらず、とにかく
私もまくし立てて一気に怒り、そのままブチっと電話を切った。

そういう人です。
母は。


しかし、収まらないのは私だ。
今日1日を思い出しても、母にそんな口調で言われるようなことをしていない。
どころか、私は頑張った。
なのに、この仕打ち。
とにかく、気持ちが収まらなくて収まらなくて
なが〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜い文句メールを送りつけた。

身重の娘に向かって感謝とか労わりや、申し訳ない気持ちは沸いて来んのかね?!!
っていう内容なんだけど、クドクドと、なが〜〜〜〜く。

しばらくしても音沙汰なし。

やっぱりムカつく。




そのまま眠りに着くが、夜遅く、メールが入っていた。
一応反省を口にし、その埋め合わせは帰ってからする、という内容だった。

分かってないな。

埋め合わせとか、そういう問題じゃないんよ。

私だって、かつて飼っていた猫が、病院連れて行くような大ごとになってるんだったら、
当然連れて行くさ。
まして、車があったんだから、すぐに行くさ。
それを めんどくさいとか しんどいとかで文句を言ってるわけじゃない。
でも、本来は、母が責任もってするべきことだし、私も疲れてたんだから、
そこはやはり、ねぎらいの言葉が欲しかっただけだ。
ありがとう でも ホントごめん、でもいい。
年に一度の旅行を楽しみにしているのも知っていたし、
それをアテにして楽しみにしている友達がいるのも知っている。
それを中止しろ、という気持ちはそんなにないのだけど、
私が毎日実家に行って餌をやって、ネコの面倒を見るのを当然!
という態度を取られては、私だって気持ちよくはできない。

なんか、こういうの、家でグダグダしている やんちゃぁと少しかぶる。

奴は、なかなか家の中のことができない性分だ。
掃除もごはんも、全くできないわけではないが、私がいると、ついつい
私に甘えて、いろんなことをやろうとしない。
そして、腰が重い。
なんでもチャッチャとやりたい私からすれば、
やってもらうために何度も何度も声掛けたり同じことを言ったりするのが本当に疲れる。
で結局私がやるハメになるんだけど、
それを私がやって当然!という態度をとられた時は、私は怒る。
ちゃんと、ありがとうか、すまんけど、という言葉を口にしてくれたら、
私も単純なので気持ちよくできるのに…
ということを、よくやんちゃぁに言って聞かせている。

その甲斐あってか、最近は、それをよく口にするようになった。

まだ母よりはマシだ。

母は・・・
もう30年以上言い続けてるけど、変わらない。
そんな母です。



まぁ、そんな母ですが、唯一いいところは、全く裏表がないところかな。
目にしたこと、目の前にあることでしか反応できないし、
腹に一物抱えて企んだり、先を読んだりすることもできない。

そのおかげで友達は多いんだけど、身内は・・・・ホントしんどい。

はーーーーー疲れた!!!

ふたご座一位はどこへやら…。


posted by ギャロパン at 23:04| 愛媛 ☔| Comment(9) | TrackBack(0) | 愚痴・悩み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
それはお疲れ様でした(^_^;)
安静にしてなければならない状態なのにそんなに
動いて大丈夫でしたか?

お母様も感謝の言葉言ったらいいのに今更照れも
あるのでしょうかね?

しかし猫チャン心配ですね(>_<)
手術となると大ごとですし・・・
良性だといいですね。

ギャロバンさんもあと少しですしお大事にして下さいね。
Posted by シュリ at 2009年05月28日 01:30
お疲れさまでした。
大変な一日、長かった事でしょう。
ゆっくり休んでね。
母の事、分かるなぁ。
私もこれから近くに住むようになったら、
距離のとり方とか、改めて学んで行かなくては。
日常の言葉がけ、私自身も、身近な人程、
そして、言わなきゃいけない場面な程、
なかなか言えないんです。
助けあって支え合ってる事を自覚して、
気持ちを言葉や態度で表す訓練を積まねば、
と改めて思いました。


Posted by toshi at 2009年05月28日 09:20
それはそれはお疲れ様。からだ、大丈夫?
妊婦にイライラは禁物よ。
でも、いろんなことが食い違ってきて、スムーズにことが進まない時ってあるよね〜。

お母様もきっと悪気はないのでしょう。「そんな人」と思って、こちらが大きな器で構えておくしかないのでしょうね・・。母娘って相手の欠点もよく目につくからよけいにね。

それにしても、猫ちゃん心配だ〜。でも発見してもらって良かったよ〜。お母さんならそのまま放置してたかもしれないものね。さすが、ギャロパン!
Posted by しましま at 2009年05月28日 10:30
>シュリさん

ありがとうございます。
そんなに動いては…ダメなんです。
が、仕方ないし、ゆっくりと動いてなるべく体に負担をかけないように気をつけています。

照れくさいのはお互い様かな。
母は、素で、そういう態度にでるのだけど、
私の方は、今更 優しい娘を気取れない。
ついつい いつも、荒っぽい言葉で返してしまいます。
でも、一応、気を遣ってはいるんだけどな。

猫の方は、ご飯も食べるし、比較的元気なので、大丈夫そうな気はしますが、どうなることか…。




>toshiさん

toshiさんもそういう所あるんですか??!!
なんか、素直に家族とかに接してそうなのに。

まあ、お互い、甘えてるのもあるんですよね。
私もつわりの時期は大そうお世話になったし、
今でも、動けない私の代わりにsolaちゃんの新体操のお迎え行ってもらったりしてるし。
ぶっきらぼうに帰り際に「ありがとっ!」で済ませたりしてます。

しかし、頭ごなしにヒステリックに言う母は、昔から指摘している悪いところですが、やはり直りません。もともと頑固なタチだし、今更変われるとは思えないんですけどね…。
こちらが割り切るのも悔しいし・・・(ーー゛)
Posted by ギャロパン at 2009年05月28日 10:47
>しましま

全っっ然 大きな器で構えられない…・・・・。
こういうネタは、被害を被っていない他の家族にしてみれば、いつもの母の面白ネタの一つなんだけど、被害を受けた家族はいつも、爆ギレです。
まあ、ついつい、母親なら○○するやろ…という目で見てしまうので、それができない母親をついつい、責めてるんだろうね。もうムリなのは分かってるのに、イライラすることの多い人です。

猫のことも、後になってから(いつも後から)ウンチが出んなぁ…って気になっとって、病院へ連れていこうかどうしようか迷っとった、と言ってはいますが、事が起こらないと行動を起こせないのもあの人のタチ。
分かってるけど、ムカつくんです。

悪気がないから、友達なんかは、結構 面白がって母と付き合ってますが・・・・・・
私は笑えない…。

Posted by ギャロパン at 2009年05月28日 10:57
ギャロちゃん、お疲れ様。
ギャロちゃんが正しいし、私もギャロちゃんの立場だったら、爆発しまくるよ。
お母様はそんなしっかり者のギャロちゃんに甘えてるんでしょうね。
頼りにしてるんだよ。
埋め合わせするっていうのは、精一杯の謝罪の気持ちかも。
きっと素直に謝るのはお母様は照れくさくて出来なかったんだよ。
うちの母にこの話をしたら、「妊婦さんに猫はダメじゃないの?」って。うちは猫嫌いなんよ!
Posted by かっちゃん at 2009年05月28日 17:17
>かっちゃん

もう、甘えまくりの頼られまくりよ。
ちょっと自分で調べたり、ちょっと自分で工夫したら分かるようなことでもなんでも、私に聞いてくるし、なんでも私なら知ってると思ってる。
まあ、私も頼られキャラなので、ある程度は仕方ないとは思うけど、ホント、ちょっとのことで自力で解決できることもなんでも容赦なく振ってくるので、こちらはイライラが募るんだなぁ。
素直に謝るというか…昔から、絶対的に自分が悪くても謝らない人で、家族全員に攻められて"ごめんなさいは?”と強要すると、「めんご!!」で返してくるような、ふざけた奴です。

かっちゃんのお母さんのおっしゃる猫はダメ、は、
トキソプラズマの件だと思うけど、昔から猫に触れ合ったり飼ったりしてる人は、既に抗体ができてるから問題ないらしいよ。
でも、妊娠してから初めて猫に触れ合うのはよくないらしい。
私も、野良ネコまでを愛するほどの愛猫家ではないけど、もう20年以上猫を飼っていたので、一応猫派です。
Posted by ギャロパン at 2009年05月28日 21:21
お久しぶりです。なんか、色々と大変だったんですね;;

私の家も父が誕生日プレゼントをあげても、お礼どころか嫌味を言ってくるような人なので、ギャロバンさんの気持ちが分かるような気がします。嫌いなわけじゃないですけど、合わないなって思うことばかりです。

他の方のコメントにもありましたが、ギャロバンさんが何でもさっさと行動しちゃうから、当たり前に頼っちゃうんでしょうね〜。
でも、ギャロバンさんも大事な時ですから、自分の体をご自愛してくださいね!

Posted by aya at 2009年05月29日 23:01
>ayaりん

しかしねぇ…逆なんだよ。
親がそんなだから、自然と娘はこうなっちゃうの。
親が周りの空気読めないから、自然と娘は周りの空気を必要以上に読んじゃうし、
親がそんなだから、娘は自分で自分を守るためにしっかりとしてくるんだなぁ…。
まあ、持って生まれた性格ってのもあるけど、天然ちゃんのまま育ってきた人は、きっと素晴らしいお母さんなんだろうなぁ…って思います。

ね、思い当たる節あるでしょ、ayaりんも。
Posted by ギャロパン at 2009年05月31日 00:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/120320507

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。