記事検索
 

2013年04月14日

支配への入学 

新年度始まりましたねー。
ナナミさんもsolaちゃんも、新しい保育園、新しい学校に進級しました。

ナナたんは、保育園の先生も友達もガラッと変わったことに加え、
前の乳児保育園が本当に手厚くていい保育園だと実感できるくらい
やはり普通の保育園の普通の扱いに私もナナたんも慣れなくて、
繊細なナナたんは、すっかり保育園に行く気を無くしております。
solaちゃんのように、ギャーーー!!と泣かれると、
「んもぉ〜〜ママ、忙しいんよ!」とイライラするんだけど(かつてね)
ナナたんなそれとは違って、保育園を帰るときは、
「○○しぇんしぇ〜、バイバイ〜。」とか言ってたのに、
夜になって寝る前になると、しくしく泣き出して、
「ナナたん、明日、新しい保育園に行きたくない…。
ママと一緒にいる…。」と静かに泣かれると、コッチも、
「よしよし、ママが一緒にいたげるねーーー!」と言いたくなるのだけど、
ぐっとこらえて泣きわめいてしがみつくナナたんを
先生に押しつけて仕事に行きます。

まあ想定内ではあるけど、慣れるまでは、先生ももう少し
気を配ってほしいと思い、園の様子をもっと教えてください、という
メモを渡して交換ノートをすることになりました。
(これが3歳児のクラスでノートがないっつーのも、どうかな〜と思うけど)
(言葉を話せない子もいるのに、朝とお迎えのときに担当の先生いなければ
なんの様子も分からないなんてちょっとね・・・・。)



さてさて、solaちゃんの入学。

入学式の日は、みんなが「solaちゃん、スカートはいとる〜〜!」と、
興奮してくれましたが、わたし的には、結構似あってるじゃん!と思った親ばか。

小学校では、結構いろいろ自由だったことが、中学校に入って一気に
厳しくなるのは分かっていたけど・・・・
入学式に出てみて、こんなにもまだ、30年前の私の時代を引きずってるのか・・と
ガッカリしました。

まず、クラス発表の掲示。
きっちりと、上から男子、下に女子。
もらった入学式式次第も上が男子、下が女子。

きっと、以前の私なら、気にしてなかったと思うけど、
今の仕事をするうちに、ここには結構敏感になっている。
う〜〜ん、目を吊り上げて直してくださいっ!と言うほどでもないかもしれないが、
いきなりのその表示に先制パンチをくらったかんじだった。
別に男女混合名簿にしろとは言わないけど、
いまどき男子と女子を並列でいいんじゃない?
スペースなんて、どうとでも調整できるし。
入学式で、ここに配慮をしていない、ということは、
きっとこれから続く中学校生活ずっと、これが当たり前、のような
中学校運営をするんだろうな、と思うと、ガッカリだった。


体育館に保護者が集まって、あとは新入生の入場を待つばかり…と
なっている状態のとき、在校生の2、3年生に、先生が入学式の練習…というか、
礼の仕方を指導したり、校歌や国家の歌の練習したりするのを、
しきりの男の先生が、結構イラついたキツイ口調で指導してることにイラついた私。

そんなの、昨日やっとけよ〜〜、と思ったが、ふと考えなおして、
これ、私たち保護者に見せたかったのかな〜と思うと、ぞっとした。
中学校入ったら、小学校みたいに甘くないですよ、って釘刺されたんかな。
憶測だけど。

あの仕切りの先生のイラついた言い方を聴いていると、
思春期真っ盛りの中学生でなくても反抗したくなるような感じなんだよな。
あ〜〜落胆。フラッシュバック。自分の頃の。
私にとっては、中学校ってそんなイメージだったから。

私の中学校時代、友達は今でも続く大切な友達がいるから、
暗黒…とまでは言わなくても、当時も、今思い出しても、
軍隊か牢獄か…ってくらいの厳しい中学校生活だった。
まだ14、5くらいの子どもだから、何が正しいのか悪いのかも
わかってなくて、先生の一方的な価値観を押し付けられて、
怒られたことも、怒られた自分の方が悪いのだ、とまで
洗脳されてしまっていた。
それが今でもトラウマとなって思い出すだけでも悔しい気持ちになる
中学校時代の私の忘れられない事件もある。




でもそれは、30年前。
もうあれからかなり時は経っている。
小学校だって、私の時代とは、とても変わっているのだから、
さぞ、中学校も現代風に変わっているのかな…と思ったら、


30年前と同じで驚いた。

そういや、中学校の制服を作るときに、行った先のお店の人に、
中3になって、スカートが1cm短いだけで、修学旅行に連れて行かないと言われ、
新しくスカートを作り直しに来た子がいた、と言っていた。
ワザとスカートを短くしたグレた子なのかと思ったら、真面目な子だったらしい。
未だに中学校ってそんなこと言ってくるの???!!!
1cmがどうした?!
それは、成長するなってことなのか?!
スカート1着買うと、1万円近くするので、まったくアホらしい。
制服というか、標準服なので、標準に近けりゃいいんじゃない?
私だったら絶対に学校に文句いってやる〜〜。
と、お店の人に息巻いていた、というエピソードを思い出した。

あの話は本当だったのか。


で、モヤモヤする気持ちのまま、入学式が始まったのだけど、
校長式辞にまたもやガッカリ…。
校長の話を、聴いていて驚いたのが、紙に書いた式辞を下向いたまま
読むだけで、一度も顔を上げなかったこと。

今までいろんな式典に出たけど、こんな人初めてだった。
この人が校長??!!
これが一番のビックリとガッカリ。
長がこれでは、期待できない。
こんなにもガッカリさせられる校長って初めて。
これが教育者か?!


モヤモヤモヤモヤしたまま、入学式を終え、
初めてのクラスの学活。
担任の先生は、30代若手。
新しく赴任してきたらしい。
この先生が、唯一の救い!!


そんなこと言って大丈夫?!っていう私生活の話とか、
ちょっとした赴任エピソードなんかを聴いていて
ハラハラしたけど、その内容も話し方も、
逆に、正直でおおらかな先生なんだなってことがしのばれ、
この先生にかけよう!と思って帰った。


仕事に戻っても、入学式のモヤモヤが頭を離れず、
職場でもあちこちでグチグチ発散し、中学校生活アドバイスなども頂き、
すぐさま文句をいうのは止めよう、と落ち着いた。
相変わらず私のカタルシスは速攻一番だ。
完全に浄化できたわけじゃないけどね。

私が中学校に入るわけじゃないけど、
きっと、私自身が中学校に対してかなりのトラウマを抱えているせいで
これから中学校に入る我が子を思い、
勝手に私が落ち込んだだけ…だと思いたい。



これがまた、
私のダメダメぶりなことに、家に帰ってsolaちゃんにその
モヤモヤな気持ちと、これから中学校生活で
理不尽なことが起こるかもしれないが、
その時は、私に言ってくれたら適切に動くからねっと
変な正義感まで出てきていろいろ話しこんでしまった。
そのせいで、変に不安を煽ってしまったかもしれない。
これから前途洋々中学校生活を送ろうとしているところに、
母としては、言っちゃいけなかったかなぁ…と思ったが、
solaちゃんは結構ケロッと、

「たしかに、あの校長はおかしかった。solaちゃんも思った。
やけど、担任の先生も、友達のクラスの担任も、やさしかったよ。」

と言っていたので、それならそれで、いい。
ママの話は忘れてくれ…と言い直したがあとの祭り。
思ったことをすぐ口にする悪い癖だわ。
でも、母が守るからね!

頭の中は勝手に尾崎の「卒業」がぐるぐる回っていた。
(タイトルに戻る)

posted by ギャロパン at 02:25| 愛媛 | Comment(17) | TrackBack(0) | 子ども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そらちゃんが行った中学は小学校の近くですか?
私の母校ですね。(笑)

昨年度末までは私と弟の担任だった先生が校長だったんだけど、こないだ友人から今年で定年だって。。。と聞きました。
新しい校長さんは、そんな感じなんですね。

前の校長先生は、参観日の時にうろうろしていて、昔の教え子(今は保護者)に会うと、授業中なのに盛り上がって、校長なのに授業をしている先生に注意されていたと友人が言ってました。

他県で生活するとわかりますが、愛媛ってまだまだいろいろと保守的というか…変なことがありますよね。
スカートが1cm短いんで修学旅行連れて行かないって言ったなんて、私なら教育委員会に文句言いに行くやろな〜と思いました。
足が伸びったんや〜と言い張るかも。(笑)

とはいえ、理不尽やな〜と思う先生がいるのも、人生勉強になると思いますよ。
社会人になったら、もっと理不尽な人見ることもありますよね。
Posted by びぃ at 2013年04月14日 14:05
もしかして私の母校かな?新しい学校に大切な娘を入れるのだから不安だろうねぇ。クラス表示が男女別になってても特に違和感を感じない私だからかもしれないけど、私は中学校生活の3年間はとても楽しかったな(^0^)
楽しいことしか覚えてないのかもしれないけど、部活中心の中学生活だったし、運動会とか文化祭も楽しかったな。文化祭では中2か3のときに同級生がプリンセスプリンセスのバンドで体育館でコンサートしたりしたよ。卒業式も呼びかけしたり大地讃頌の歌の練習をたくさんして発表したり感動したよ。
まぁ、確かに厳しい男の体育の先生がいて、竹刀持っててヤクザみたいだった人がいたこともしっかり覚えてるけど、私はあまり近くで被害にあったことはなかった。
最近は学校のニュースでもひどいのがあるから心配だよね。親は学校に付いていくことはできないしね。でも担任の先生がおおらかそうな人でよかったよ。新任だから先生もフレッシュな気持ちもあるんだろうね。慣れ合いもこわいからね。
Posted by えみ at 2013年04月15日 11:40
☆びぃさん☆

はい。びぃさんの母校です…。
学校って、校長一人が変わると大きく雰囲気変わったりするからね。
1年前はいい学校でも、今年はどうか分からない、みたいな。
どうやら、お偉いさんみたい。あそこは、偉い系の人が最後に行くのかな。
去年の校長さんはとってもよさそうですね。
本当に尊敬できる地位の高い人って、ホント全然偉そうぶらないですよね。
気さくで相手を威圧しない。
そう、威圧感満載の入学式でした(>_<)
でも確かに、これからの人生、理不尽なこといっぱいですもんね。いろんな人がいるのが社会、というのを見せるためにも、第一関門か…。ただ、子どもだから、放ったらかしにはしないように。
Posted by ギャロパン at 2013年04月15日 21:20
☆えみちゃん☆

『竹刀持っててヤクザみたいだった人』それ、1つ前は、私の母校にいた体育の先生じゃないかしら。ちょうど、そいつがあの学校にいった、って聞いてたから。

えみちゃんの話を聞く限り、素敵な学校やね。
見る人によっても、全然印象変わってくるね。
solaちゃんも、そんな風に楽しくすごしてくれたらいいな。

バスケ部入るって言ってるけど、バスケの体罰は、最近は話題になってるから注意してると思うけど、同じ市内のバスケ部でも、同じような体罰教師がいた、という話も聞くので、学校だからってすべて丸投げしないで、注意しておくことは必要だな、って思ったよ。
Posted by ギャロパン at 2013年04月15日 21:25
ごめん、アタシに子供がいないからなのか、
それともアタシの性格的なものなのかわからないけど、
スカート1cmの話以外は『そんなに目くじら立てるようなこと?』と思っちゃった。
たぶんアタシなら、気にもとめないどころか気づきもしないかもしれない。

演説ベタな校長は確かに情けないけど
年功序列かなんかで選ばれちゃったのかねぇ。

バスケやってる中学生の子供を持つ友達が言ってたのは
「親が一番めんどくさい」
だった。

モンペアとまではいかなくても、
自分の子供がレギュラーに選ばれなかったとかで
先生に文句言うのなんてザラ、
選ばれた子に嫌がらせの手紙を送りつけたりする陰険な親だっている。
先生はよくやってくれてるのに、親同士の関係が一番面倒だと。

30年前と今と変わってることがあるとしたら、
親が権利をふりかざしすぎるようになったこともあるかもしれないね。

まーアタシらの時代は鉄拳制裁当たり前だったから
ギャロさんみたいに『支配』と感じていた子も今より多かっただろうけど
思えばアタシは学校生活をそんなに深く考えたことないのんきなお子ちゃまだったなー。

あ、その性格は今も変わってないか。

理不尽なことをいちいち許せないでいたら
こんな独裁者がふんぞり返って支配してる職場に20年も勤めてられないもんな。。。

えーと、とにかくsolaちゃん本人が中学生活を振り返ったときに
『あれは支配だった』と思わなくてすむような
楽しい3年間を過ごせたらいいね!
Posted by さおらも。 at 2013年04月16日 12:32
☆さおらも。

おーー。いつも、私がもっと書きたいと思うところを突いてくれるね。
本文に書きたくないけど、レスで書くと、隠れ気味だから書いちゃお。
とっても理屈っぽくてめんどくさいこと書くけど、ま、私の自己満足もあるから
読み飛ばしてもいいよ。

まず、名簿の件。

教育機関で働くようになって、自分が想像していた以上に、教育関係者ってのは、
(意外にも?!)将来を担う子どもたちを大事に思っているというか、
自分たちの英知をできるだけたくさん効率的に授けたいと思ってるんだな、ってことを強く思います。

とにかく、
教育機関の下では、現在、国が考える最先端の方針をいち早く取り入れるべきところとして
位置づけられていて、そしてその効果が10年20年の長いスパンで考えないといけないってことで
つまり、将来の国のあり方を反映している最先端の組織とも言える。

まあもちろん、「ゆとり」が結果、失敗だったってことを思うと、
お偉い方たちが考えたことだとしても、それがそう簡単に理論通りにうまくいくわけでもなく、
国が「やれ。」っつったら、末端の者(先生たち)は、イヤイヤでもやるしかなくて、
国がなぜそれをやろうとしているのか、末端に届いていないからうまくいかないことも多くて…。

今、国は、30年後に本当に滅びてもおかしくなくて、そのためには、
極端な話、
子どもの数を増やして女に働いてもらわないと困る、と思ってる。
でも、いきなり女に子育ても働くのも求められたって、そうそうやりこなせる人とか、
やる気になる人は少なくて、たまたま私は、生活が成り立たないから始めた仕事だったけど、
生活が成り立とうが成り立たまいが子育てしながら男性も女性も働く社会を作らないと、
どうにもなんないことが既に分かっているので、ここ10年は特に、
「男女共同参画」なんていう言葉でごまかしてるけど、女性を
「産めよ増やせよ」+「働けよ」にするために、男も同じく「育てよ働けよ(家庭でも)」という
政策を進めないといけないことになってる。
(これはここだけの話!取扱注意!)

その最先端政策を導入するべく教育機関は、細心の配慮を持ってしないといけなくて、
特に小・中の義務教育は、国がこう!と示したものに則って行かないといけないけど、
やっぱ、現場の人たちは少なからず反発がある。
口で言うだけは簡単だけど、実働部隊は大変だからね。
それに、ちょっと国の偉い人だからって、ホイホイ従うってことにも釈然としない先生方だって多いはず。
そこで、ちょっとやんちゃっけ出した地方や学校(それぞれの長による)が
その趣旨をなかなか理解できず、もしくは、理解していても、実態が大変になるから敢えてしないって
とこも多分あるんだろう、その方針がなかなか浸透しないところと、進んでるところと、
それぞれの長によって特色が出てくるところ。

それを踏まえて…

今や、男を上位で女は従属する者、と暗示することは、教育現場では排除していかないといけない。
名簿のことで言うと、入学式の釈然としない日に、ネットでどんなことが書かれているか、
男女混合名簿のキーワードで見たら、8:2で批判的だったことを思うと、
決して、世間一般の感覚と国の方針が同じではない。でもそれでいいんだと思う。
最先端なんだから、そうであっても仕方ない。

そこで中学校の入学式で組編成の発表を見て、男が上に書かれていること…これは、
普通に将来を踏まえて頑張ろうとしている組織(校長)ではない、ってことなんよね。
どっちかっつったら、現場の先生都合か、慣例を壊したくない頭固いイメージがぬぐえない。



それから、「理不尽なこと」について。

一言で「理不尽」と書いているので、その「理不尽」がどういうものか、
説明しないとわからないとは思っていたが、ひとつモンスターペアレンツのことを言うと、
他県は知らんが、愛媛県の中学校では、かなりおとなしくなっているはず。
おとなしくならざるを得ない構図になってる。

なぜなら・・・
高校入試に、中1からの内申点(=通信簿)がかなりの割合で入ってくるから。
そして、この内申点というのは、実際の基準がはっきりとわかっていない。
単純に、中間とか期末のテストの点で上からつける、というだけなら話は早い。
でもそうじゃないから ややこしい。
「点数」+「先生の価値観」 が入って、成績が決まる。

その、「先生の価値観」のために、心象をわざわざ悪くするような親は少ない。
もう完全に高校進学をあきらめている親か、内心点に頼らなくても
全教科満点取れるくらいの自信がある親しか、先生にたてつかない。
その分、先生の見えないところでの陰湿な親同士のやりとりはあるかもね。
蹴落とすためのね。

だから、中学校では、親と教師の地位は、小学校のそれとは逆転していて、
理不尽なことをされたとしても、かなり隠ぺいされてしまう可能性を含んでる。
中学校教師のセクハラ・アカハラが、次々ニュースに出てくるのもそのせいかな、って思う。



という、いろいろグロイものが渦巻いてるんよ…。

私の中学校のトラウマとなった事件については、さおらも。に話したことなかった?
もうここでは書かないけど、単なる体罰・制裁、とかではなく、
たったの15歳の少女を先生たちが寄ってたかって完全に理不尽な理由で責めたてて、
親兄弟までけなされて、受験を盾に親も黙らせた事があったんよね。
あーーーホント、今思い出しても腹立つ通り越して当時のいたいけな少女の心を傷つけて
許せない気持ちでいっぱい。

単純に厳しい学校の思い出…というよりは、大人の世界の一番イヤなところを見た
人生で最初の衝撃だったわ。


ご清聴ありがとうございました<(_ _)><(_ _)><(_ _)>
Posted by ギャロパン(長文注意!!!!) at 2013年04月16日 22:41
なるほどねー。暗示かぁ。

「クラス名簿で男が上で女が下」っていうことがすでに男尊女卑だというなら
男の姓に女が入る「結婚」というシステムから変えなきゃならんじゃないか、とも思うけど。。。
(ちなみにアタシは夫婦別姓大賛成)

女でさえ産休が取りづらいこの世の中を変えるためには
そーゆーところから変えていかなきゃいかんのかねぇ。

少子化が日本を滅ぼしかねない大変な問題だということは重々承知しておりながら
DINKSでい続けてるアタシには多少なりとも罪悪感はありますが、
せめて税金はきちんと納めて
貯金もせず日々、消費にはげんでおりますよ(笑)


ところで真のモンペアは「内申点」にビビるどころか
それこそ文句をつけてきそうな気がするんだけど
それはどーなんだろ。
「どーゆー基準でついてるのよこの点数は!」と。
Posted by さおらも。 at 2013年04月17日 11:04
☆さおらも。

私の長い講釈を読んでくれたのね。
ついつい、言いたことがたくさんありすぎて、長くなりすぎるのがダメやな。短くまとめられない。
さおらも。は、日本経済のために大いにお金を使ってくれてるよね〜。
1ついうと外国にお金を落とさず国内にお金を落としてくれよ〜(≧ω≦。)

おっしゃるとおり、結婚によって名前が変わるのって、特に働く女性からすると、大問題よね。
でもきっと、この制度を廃止するのは根強い反発があるだろうから、難しいだろうなー。
ただ、今、公的に目指している男女共同参画社会は、本音ではめんどくせ〜とか、女のくせに、とか思っているやつらが、公的にはそんなこと言えない空気になっていて、一流の人、一流の会社ともなれば、女性のために環境整えてます、っていうフリをしとかないとマズイよな〜ってなってるだけでも、かつてよりはマシになってるのかな。

モンペア問題は、どんな状況でも文句言う奴は言うだろうね。
そういうクレーマーは、ホントタチ悪い。幸い、私の周りの保護者関係ではいないけど、今の職場では、理不尽大魔王とか、俺様ルールとか、ヒステリッククレーマーとか、めんどくさい奴らがホントに多い。頭がよくてプライド高いから余計にタチ悪い。
Posted by ギャロパン at 2013年04月17日 20:50
外国にお金を落とすのは年に5日くらいだけで
残りの360日は日々、国内に落としまくってるから大丈夫〜。

今のところアタシにとってアベノミクスは
デメリットしかありませ〜ん(T_T)
給料あげろ〜〜
Posted by さおらも。 at 2013年04月18日 10:26
☆さおらも。

その5日間で、我が家の生活費の何日分落としてるの〜〜??!!!!

私にとっては、アベノミクスはどこの世界の話をしているのですか状態です。
去年から、給料は25%カットの上、人員減らされて仕事も増えて、15時半までのパートになったはずなのに毎日保育園お迎えギリギリの19時前まで仕事よ!

ただ、仕事がないよりはマシなのと、まだそれでも条件はいい方だからやるしかないね。
生活のために仕事をしているのが一番の理由だから、どんな状況でも辞めるわけにはいきません!!!
でもそれも、あと2年かな…。
Posted by ギャロパン at 2013年04月19日 00:27
こんちわ。ご無沙汰です〜。元気にしてる?
そうか〜。いろいろあるよね。
息子の小学校では、男女混合のあいうえお順名簿でした。
幼稚園の時は、パパがお迎えから弁当作りまで担当している
家庭もあったし、中学の保護者会(先日行ってきた)も
父親率高かったよ。
私もね、もちろん男女は性が違うんだから、役割がちがうとは
おもうけれど、男子上位の考え方は好きじゃないよ。
(専業主婦のくせに生意気だね〜)
ま・・・夫が古い・・っていうか年が離れてるから、
夫の親族関係は、思いっきり男尊女卑の慣例で、
いつも、なんかおかしいって思うけど・・・、
Posted by そらごと at 2013年04月22日 15:54
☆そらごとっち

でしょ?

そらのすけくんとこは、受験して受けるような学校だから、更に、先進的な教育体制、未来を見据えての環境整備をしてるハズ。
そういう環境で育った子たちと、片田舎で古臭い慣習とか、頭の固いオジサンたちの価値観をそのまま30年前と同じようにやっちゃってる中学校で育った子たち、今現在既に30年の差がついてる。この柔軟な頭の世代に古臭い体制を刷り込みされて20年経ったとき、そのときのそらのすけ君たちと我が子の同窓生たちとの差は、もしかしたら、30年どころではなく、50年くらいの考え方の差ができてるかもしれない。

もちろん、大人になる過程で、感性の鋭い子や、世の中の動きをふかん的な視点で見られる子は、ある程度自分で軌道修正していくんだろうけど、そんな子たちばかりじゃないからね。
そういう、小・中の大事な時期の教育の重要性を軽視しているとしか思えない。っつーか、将来足を引っ張る存在になるかもしれないんよ。日本の!今の自分たちのめんどくささだけでの、そんなちっちゃい考え方で動く奴らが校長とか先生やってるというレベルが伺える…。


あーーー、いかん。

今日も、この談義で文句を言い合ってきたところなので、自分の中でも白熱してる。

そらごとっちの旦那さんの親族は…もう諦めるのが一番近道かも。
今から意識改革なんて不可能だし、はいはい言ってて丸く収まるなら、無駄な衝突控えた方が利口だしね。
えてして、私たちは、そういう時代のはざまにいるよね。
ま、仕方ない。
Posted by ギャロパン at 2013年04月26日 00:21
ご無沙汰です。長文注意(笑)
そろそろ新しい生活にみんな慣れた頃かな?
私は教育現場とは縁の無いトコで生活してるので、男女別名簿とかは何とも思わんなぁ。
自分でも古い人間かも、という自覚がある(笑)
中学・高校とか、そういう繊細な時期だけに、男女別にしといたほうが「事務的に」便利かな、と。
たとえば、性教育とかあるよね。
男女いっしょにやっちゃえばいいかもしれんけど、やっぱそういう時期は別のほうがいいんじゃないかと思うわけで。
現場の事情はわからんけど、名簿作ったり、プリント用意するのに、男子◯人、女子◯人、って分かりやすいほうが良くないかな、とか。
スカートの丈なんかは、はっきり言ってどうでもいいんやけど。重箱の隅つついてどうする?って感じやね。
ただ、大阪に居て思うのは、子どもが好き勝手しすぎ、という点。
人口が多いぶん、上も下も多いよ。
はっきり言って、バカ親が多い。6才くらいの子どもの髪染めてパーマあててたり、幼稚園くらいの子を連れて居酒屋で日付け変わるまで呑んでたり。
そういうの見てると、教育現場では、少しやり過ぎじゃない?ってくらい厳しくしたほうがいいんじゃないかとさえ思う。バカ親にしてバカ子あり、バカ親の期限は教育じゃないかと思ってる。
私も尾崎の卒業好きやからさ、大人の作った意味不明な枠組みに疑問を持って反抗することこそ思春期なのかな、と思ったり(笑)
これまたギャロっちに怒られるかもしれんけど、私は昔の日本のシステムをそんなに嫌いじゃなくて…
結婚も子育てもしてないくせに言うのはどうかと思うけどさ(笑)
やはり子どもを産むことができるのは女だけやし、男女の価値観って、根本的に違うと思ってる。
イクメンは有難いけど、どっちかいうと「俺が食わしてやるからお前は家庭をしっかり守れ」っていう男のほうが好みやわ。
世界的に見ると少ないかもしれんけどね。
男女の違いをみんなが認識した上で、役割分担を選択できるようになればいいかなー
専業主婦になりたい人もいれば、働きたい人もいて、どちらも尊重されるような。
日本はまだまだ古いよ。どこを変えて、どこを残していくか、もっともっと議論できるようになったらいいよね( ^ω^ )
Posted by ぽんた at 2013年05月26日 23:32
☆ぽんた
(超超長文なので、体調を整えて臨んでください)

あら、むしろ私も古き良き日本は大好きです。
全くそれを否定する気もありません。
何を隠そう、私も「俺様」が好きで、引っ張ってってくれる今のダンナと結婚したんだから…。
(その「俺様」がハリボテであり、引っ張るのではなく振り回された、という話は長くなるので別で)
システムが単純でわかりやすかったよね。

人の心意気とか社会の空気とか、粛々と自分の
与えられた役割分担をこなすっていう世界がそのまま
ごっそりと今にあてはまれば全然いいんだけど…

てゆーか、私たちの世代は、かろうじてそれを、
なんとなく体感している最後ぐらいの年代じゃないかな。
だからこそ、今急速に変わってってる世界の現状とか、
子どもたちと、それを取り巻く親たちの環境が
もう、昔のとおりには戻れないっていう現実を
なかなか理解できないというか、実態を知りにくいというか。

なので、かくいう私だって、こんな仕事をする部署に入る、ほんの3年前までは、
「男女共同参画」って「男女平等のこと?かな?」
「男女が平等になれるわけないやん、動物的な性差が
あるんだから。それぞれ性差を認めて協力しないとね。」なんて、
ちょっと反発気味に面接で言ったものです。

だけど、その理解が既に誤解だった。
「男女共同参画」って言葉が誤解を与えやすくて悪いんだけど、
これは、イコール「男女平等」ではないってこと。
まして、男性も女性も性差を越えて、中性的なものを作れと言ってるわけでもなく、
その性差を否定しているわけでもなく、なんでもかんでも肩揃えてやらないと〜と
言っているわけでもない。

私たちが進む道が、(選べる道が)、個性ではなく、性別で阻害されないってことが大事。
つまり、別に専業主婦やパート主婦が全員フルタイムワーカーになれと言っているのではなく、
働きたい人が、働けるように、専業主婦をしたい人は(働くのがつらいから
逃げ道として選ぶのではなく積極的に)専業主婦として働けるように、
家庭に重点を置きたい人は、パートで働けるように、選択できる、ってこと、
男だからって、いい大学行っていい仕事見つけて、一旦仕事見つけたら
定年までそこで働き続けて女房子どもを養わなくてはならない、という呪縛から離れて、
夫婦で働きながらも子育ても一緒にできること・・・・

が、理想かな。

まあ、「理想」なので、実態はまったく、そんな風にはなれるもんでもないのはわかってる。
でも、せっかく資格を取ったのに、その資格を活かせず終わる女性のなんともったいないことか…
ちょっとパートで働いて子育ても充実させながら家計も助けたい…だけど、
仕事はないし、時給はやすくて重労働を強いられている女性のなんと多いことか…
専業主婦は、一番大変よ!その素質がないと、誰もかれもはやれない。
でも悲しいかな、その仕事を認め、価値を見出し、正しく評価する男性や周囲の人のなんと少ないことか…


女性の社会進出ばかりが目立つ「男女共同参画」の政策だけど、
男性だって、今の男どもは、昔みたいに男気がそんなになくて、
草食系とか言われてるし、プレッシャーにも弱いし、
かつ、産まれたとき既に不況の日本しか知らないから、
これから好景気になるという発想もないし、就職も大変だし、
正規の職にもなかなか就けないし、つけたとしても、安月給で
とてもじゃないけど自分以外の人生まで背負うほども自信もないし、
倹約が身にしみている「さとり世代」だから、なかなか結婚に踏み切れなくて…
そんな男性たちを奮起させたり女性と一緒に家庭を作ったり子育てしたりするための
男性のための男女共同参画推進である、という事実は、意外に知られていない。

つまりさ、男性が腑抜けになってきてるぶん、女性がもうちょい頑張らないと
困るんよね〜〜国が。

こんな「さとり世代」は、尾崎の「卒業」聴いたって、「なんでガラス壊すの?後片付け大変じゃん。」
みたいな、反抗的な気持ちさえも起こらず(by朝日新聞)、聴き分けの良いボクちゃんたちになってるのよ。
今のデタラメそうな子たちと接すると、意外にも、真面目なのに驚くことは確かに多い。


個人的には、男って結局、弱虫で臆病で言い訳ばかりですぐ逃げるから、
責任を与えて自信を与えて、上手くおだてて転がしてやる女性がいないと
リーダーシップも発揮できなくて、
女性が一旦本気出して社会に進出してったら、男性はどうなるの??
本当に腑抜けになってしまう…と心配しないでもない。

ま、個人意見は置いといて、理想の男女共同参画を目指す上で、
男女別名簿がどれほどの役割を果たしているのか、というと、
所詮、微々たるもんかもしれない。
しかし、そこで、名簿効果がいかほどなのかを問うてるわけでなく、
その学校の姿勢、というものが問われる部分なんです。

事務的に男女別がいいのはわからないでもないので、
先生が管理する書類では、そうしたらいい。
だって、エクセルで名前入力して、男女別を入れておくと、
いつでも好きな時にパッと男女別にもなれるし、
あいうえお順にもなれるし、
誕生日入力してたら産まれた順にも並び変えられる。
テストなんて、男女バラバラで座った状態から回収されるんだから、
むしろ男女一緒であいうえお順の方が、先生の点数入力も簡単じゃん。

そして、いまどきの小学校は、ほぼ、男女混合名簿。
小学校でやれて、中学校にできないことはない。

でも、名前を書き出して公に公表する場面で、男性上位名簿を掲げるのは果たしてどうなのか。
その学校が、「男女共同参画」に疎くて遅れていて、オジサン中心社会なんだな、
この学校にいたら、女性はもちろん、若い男性の先生もきっと大変だなって連想させる。
実際、担任の若手の先生(男性)も、その学校の古い体質(?)と厳し過ぎる指導に
首をかしげていた。(入学式の学活でも言ってたし、参観日でも家庭訪問でも言ってた)

男子上位の名簿が普通に入学式で貼りだされるくらいだから、
きっと、日常の普段なにげないことでも、多分、男子が先、女子が後、になってるんだろうな。
少なくとも、卒業式の証書渡す順は、男子が先になるんだろうな。
そこで3年間、それが普通だと刷り込まれた生徒たちは、無意識のうちに、
女性は後を続くもの、二番手のもの、という感覚がついてしまう。

だって実際自分がそうだったから。
とにかくどこでも男性を立てて、「長」と名のつくものは、男性がやらないと…
と思いこんでいた。

今だって、PTAの活動に出てくるのは、9割5分は女性なのに、
PTA会長は、ほぼ、99%男性が会長になってる。
私たちの世代以上の人はみんな、「長」は、男性がやるもの、って思ってる。
で、実際は、「長」だけ男をすげて、細かい活動は全部女性がやってるんだな。

いやいやいや、、、
いいじゃん、矢面に立つというめんどいこと男性がやるんだから。
目立つことやりたくないし。

というだけの問題じゃない。

それが、普通の社会で、経済界でも政界でもスポーツ界でも
とにかくなんでもかんでも男性が「長」で、男性が優位、という組織は、
「いびつ」以外の何物でもない。

女性の下着の会社でさえ、(商品開発に多くの女性が携わっていたとしても)
そこの「長」、役員と名のつくえらい人たちは、ほぼ男性に違いない。
幼稚園や保育園のこと決める文部科学省も厚生労働省も、
お偉い人はみんな男性ばっかりで、育児も家事も介護も十分やってきました、
という人が集まっているとは思い難いメンバーで、果たして、
私たちの子どもたちのことや、働く女性のことや、将来の介護のことまで、
本当に考えられるの???

そこらへんのママ友だってわかるようなトンチンカンな政策やってることだってあるじゃん。

低所得で3人も4人も子ども産んでるたくましいヤンママの方が、もっとストレートで
わかりやすくてためになる政策作ると思うよ。

そこだよ、そこ。
専業主婦になりたい人だっている、という事実を受け止めて、
それが悪いような風潮にならないように配慮しつつ、
でも働きたい女性はもっとたくさんいて、というか、
実はもっと能力を発揮して社会で輝ける人はたくさんいるのに、
それに自分が気付かないまま埋もれてしまう人もたくさんいて、
(女性は家庭で家族を支えるために奉仕するという呪縛にとらわれ過ぎて)
その人たちが十分に能力を発揮するための政策は、
男社会の中で、どうにかこうにか、強くたくましく生き抜いてきた女性だけでなく、
普通の女性が普通に働きながら、普通の暮らしをしてきた人こそ、活きた意見がでるもんだ。
肩肘張ってガムシャラに頑張らないと女性でそこそこの地位になれない、というのではなく、
普通に能力ある女性が意見を反映させられるし、活躍できる社会、
女性も働くのが普通、男性も家庭での役割をこなすのが普通の社会でないと
今のままだと、男も腑抜け、女も働きたくない、という
のら社会になってしまう。
あるいは一部の真面目な人間、責任感の強い人間にしわ寄せばかりが行って、
結局そういう人たちは、メンタル的に不調を訴えやすく、病んでゆく…。

女性の社会進出ばかりをうたうんではなく、男性の、
家事育児でも男性が必要、地域の活動、社会の活動にも、男性の参加が
増えれば、男性だって存在意義が高まり、自信もついてくるんではないか?


大阪の子どもの話については、昔、solaちゃんの担任も言ってたなー。
ぽんたほどストレートに言わなかったけど、大阪で何年か小学校の先生して、
地元の愛媛に戻ってきました、っていう先生がいて、何が違うって、
子どもの勢いと元気さが違う、と。
かなりオブラートに包んではいたけど、その言い方と、「全然違う!大変でした。」という
一言に集約されてるんだろうな。とは思っていたが、テレビでみるバカ親は、
大阪にはたくさんおるんかいな。

やけど、どれくらいの割合、バカ親がおるのかは知らんが、
そんな人たちばかりを取り上げて、健全な親たちまで一緒くたにバカ親呼ばわりされたくないし、
扱いも一緒にされたくないよな。

バカ親の起源は、バカ親に他ならない。
教育では、直せないし、一時的に治ったとしても、バカ親の下ではすぐに元に戻る。
相手にするのもアホらしい。
そいつらを矯正するために、学校が頑張っているとは思えない。
きっと、自分たちの都合のいいやり方でやってるだけだと思う。(長の)
下っ端や若手の先生には、熱意のあるいい先生もいるのに、
長の、そういうステレオタイプな人ややり方に、どんどん幻滅して冷めていって
せっかくのいい先生たちをもつぶしてしまうんじゃ…。


ぽんた、男女の違いだけでなく、結婚してようがしてなかろうが、子どもがいようがいまいが、
働いていようが働いてなかろうが、健常者であろうが障害者であろうが、それぞれの立場の人が
それぞれの意見を言い合ってお互いの生き方を尊重する、
それはみんな同意しているところなんよ。
少数派だろうが、ぽんたはぽんたの意見が発揮される、それが理想です。
(変な宗教みたくなってるけど、宗教はまったく関係ありません)

もう、長くなるから、ここらで許してやろう。
Posted by ギャロパン(またまた長文注意!!!!) at 2013年05月27日 01:36
あーーーーー、
夜ひとりで書いてたら、こんな長文になっちゃった。
熱すぎて恥ずかし。

ま、いろいろやってると、なんか偏見に満ち満ちた意見を寄せられるから、
つい、
ちがうよー!ホントはこうよ〜〜!と言いたくなっちゃうんよ。

かといって、何もしてないと、全然浸透しないまんまだし…。
むずかしぃ〜。
Posted by ギャロパン at 2013年05月28日 15:51
ギャロちゃん(^-^)/HappyBirthday(*^▽^)/★*☆♪
Posted by カァコ at 2013年05月29日 10:10
☆カァコ!!

ありがと!
こんな私の超長文の後にコメントくれるったぁ、
さすがカァコやな、と思ってたら、
意外なメッセージ♪♪

40を過ぎたら途端にやせにくくなって、この2年で5キロ増!
毎年この時期に健康診断するので、いつも気持ちを新たに、
今年こそ、やせるぞ〜〜と誓った私です(*^_^*)
Posted by ギャロパン at 2013年05月29日 21:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。